1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. ノウハウ
  4. 調査
  5. 通勤「有効活用できている」医師の過ごし方は?―医師の通勤時間アンケートvol.2
調査

通勤「有効活用できている」医師の過ごし方は?―医師の通勤時間アンケートvol.2

2020年11月11日

医師は通勤時間をどのように過ごしているのでしょうか?アンケート(※)で医師851人に、通勤時間の過ごし方や、通勤時間を有意義に過ごせているのかを聞きました。
(※)2020年8月22日~9月6日、m3.com会員の医師を対象にエムスリーキャリアが実施

「ランニング」「映画鑑賞」…通勤時間の過ごし方は多種多様

通勤時間の過ごし方を複数回答で尋ねたところ、最も多いのは「音楽やラジオを聴く」で、過半数の54.9%を占めました。通勤手段や時間にとらわれないことに加え、スマートフォンのアプリなどで音楽やラジオが聞きやすい環境が整ったことも理由にあるかもしれません。2番目に多いのは読書で15.2%、3番目はネットサーフィンで12.6%です。これらも、スマートフォンやタブレットの普及が背景にあるのでしょうか。また、睡眠という人も10.8%おり、忙しい医師の貴重な休養の時間になっていることもうかがえます。

「その他」の自由記述では、「特に何もしていない」「運転に集中している」という人が多く見られましたが、中には「ランニング」「自転車をこぐことで運動」など体を動かす時間に当てる人や、「映画鑑賞」「車内カラオケ」などで楽しんでいる人もいました。

通勤手段別に見てみましょう。

vol.1によると、医師の2人に1人が車で通勤していますが、やはり運転中とあってできることが限られるため、81.0%は音楽やラジオを聴いて過ごしています。

一方で通勤手段として次に多かった電車通勤者は、さまざまな過ごし方をしています。読書(42.7%)、ネットサーフィン(37.0%)、睡眠(31.3%)が上位に入りましたが、ほかの項目も一定数回答者がいることから、ある程度自由な過ごし方ができるといってもいいかもしれません。

世代別ではどうでしょうか。

どの世代でも、ほぼ半数の医師が音楽やラジオを聞いて過ごしています。

次点は多くの世代が読書ですが、唯一、読書よりもネットサーフィンの割合が高いのが30代です。読書の11.7%に対して、ネットサーフィンは30.0%と大きく上回っています。また、音楽やラジオを聴く割合がほかの年代と比べて少ないのも、ネットサーフィンをしている人の割合が高いことに影響しているのかもしれません。

また、20代と30代は医師としての研鑽を積む年代のためか、学びの時間にあてている人が共に20%います。

通勤時間、有効活用できていますか?

通勤時間を有効に活用できていると答えた医師は、「とても思う」「まあまあ思う」を合わせて、44.2%です。一方で「あまり思わない」「全く思わない」と答えたのは、合計25.7%。毎日一定の時間を過ごす通勤時間を、4人に1人は有効活用できていないと考えていました。

世代別に見てみましょう。

20代は、通勤時間を有効活用できていないと考える人が、53.3%と過半数を占めます。忙しい研修医生活では、なかなか通勤時間を有効に活用するまでの余裕はないのかもしれません。30代になると、有効活用できている層が50%で、できていない層(20%)を大きく上回ります。徐々に仕事に慣れてきて、メリハリをつけて過ごせるようになるのでしょうか。40代は有効活用できている層が41.1%で、30代と比較すると少なくなりますが、それ以降は年代が上がるにつれて有効活用できていると感じる層が多くなっていきます。

過ごし方別にみると、「有効活用できている」と思う層が60%を超えるのは、読書(62.8%)、学び(61.4%)のほか、意外にもゲーム(60.0%)。ゲームは、有効活用できていると思わないという人の割合が最も少ない10.0%で、満足度が高い過ごし方と言えます。

通勤時間への印象は、「とても好き」「まあまあ好き」が34.2%、「あまり好きではない」「嫌い」が28.4%で、ポジティブな印象を抱いている回答がやや上回りました。

世代別に見てみると、「とても好き」「まあまあ好き」を合わせたポジティブなイメージはどの世代も30%~40%が回答しており、最も多かったのは40代で39.3%です。

一方、「あまり好きではない」「嫌い」を合わせたネガティブなイメージは、世代によって開きがあり、最も多かったのは30代(41.7%)、少なかったのは70代以上(22.0%)でした。この30代と70代は、通勤時間を有効活用できていると回答した割合が高い世代。有効活用できているかどうかと、好き嫌いは別の問題のようです。

先生の通勤時間の過ごし方に対する満足度はいかがでしょうか。

vol.3では、医師が職場を選ぶ上で重視する、通勤関連の支援についてご紹介します。

今の働き方を変えられないか、とお考えの先生へ

まずは現職でご希望を叶えられないか模索いただくことをお勧めしていますが、もしも転職する以外になさそうであればご連絡ください。

現職では難しくとも、他の医療機関や企業などでなら実現できるケースがあります。

週4日勤務、時短、当直・オンコール免除、複数医師体制、担当業務を抑えるといったことは求人に記載されず、医療機関とのご相談次第なことも少なくありません

エムスリーキャリアにお問い合わせいただければ、先生のご希望をどのように実現できそうかお伝えいたします。

この記事の関連キーワード

  1. ノウハウ
  2. 調査
【記事特集】医師の転職カルテ
キャリアの悩みに、コンサルタントが答えました


・いつ、どうやって転職したらいいのかわからない
・新たな環境で働きたいが、不安
・育児や介護、持病との両立はできる?

【詳しくはこちらから】

この記事の関連記事

  • 調査

    医師の通勤手当で明暗?送迎やタクシー可も!

    医師は勤務先を選ぶとき、通勤時間をどれくらい重視しているのでしょうか?また、通勤に関する手当はどんなものを求めているのでしょう?医師851人が回答したアンケートから勤務先の施設別、年代別に紹介します。

  • 調査

    私の通勤、長すぎかも?医師の半数は30分未満

    先生は通勤にどれくらいの時間をかけていますか?医師851人が回答したアンケートから、通勤時間の理想と現実をご紹介します。

  • 調査

    カメラ目線、手短に発言…医師のウェブ会議トレンド

    医師にウェブ会議ツールの利用実態を聞く本シリーズ。後編では利用しているツールやシーン、利用にあたって注意していることをご紹介します。

  • 調査

    6割が満足!医師のウェブ会議事情

    コロナ禍を受けて、zoomに代表されるウェブ会議ツールの利用が増えてきました。医師の間でも急速に利用され始めていますが、どのような点が評価され、どのような課題があるのか――。医師508名の回答を得たアンケート結果から、前後編に分けて見ていきます。前編では医師の利用実態と満足度をお伝えします。

  • 調査

    患者になって実感「誰もが大病を患う可能性がある」

    m3会員を対象に、医師の病とキャリアについて聞く本シリーズ。後編では、医師357人の医師が回答したアンケート結果に基づき、働き方を変更するにあたり相談した相手、病になってからの仕事観・人生観の変化についてご紹介します。

  • 調査

    医師の本音「ありえないドラマは見たくない」

    m3会員を対象に、医療ドラマについて聞く本シリーズ。後編では、医師455人の医師が回答したアンケート(※)結果に基づき、医療ドラマが現在の職業・仕事観に影響を与えたか、どんな医療ドラマを観てみたいかについてご紹介します。

  • 調査

    通院必要で「働き方変えた」は少数。どう変えた?

    定期的な通院・検査が必要な疾患を抱えていても、働き方を変えた人は少数──。医師の病とキャリアについてm3会員を対象にしたアンケート(※)結果から、上記のことがわかりました。働き方を変えた医師はどのようなワークスタイルにシフトしたのでしょうか。中編では、その具体的な内容についてご紹介します。

  • 調査

    医師の脳裏に焼き付く医療ドラマ、その理由とは

    m3会員を対象に、医療ドラマについて聞く本シリーズ。中編では、医師455人の医師が回答したアンケート結果に基づき、印象的だった医療ドラマとそれを選んだ理由、ドラマにまつわるエピソードについてご紹介します。

  • 調査

    高血圧、喉の渇き、血尿…今思えば「病の予兆」

    日々、患者さんの病と向き合っている医師。しかしながら、医師自身が病を発症する可能性も大いにあります。今回は、m3.com会員の医師を対象に、病とキャリアについてのアンケートを行ったところ、357人の医師から回答を得ました。前編では疾患、それに伴う予兆の有無、具体的な予兆についてご紹介します。

  • 調査

    共感、賛否両論… 医師の心に残る医療ドラマとは?

    今も昔も、様々なテーマで制作・放送されてきた医療ドラマ。実際のところ、医師は“医療ドラマ”についてどのように考えているのでしょうか。今回、m3.com会員の医師を対象に、医療ドラマにまつわるアンケート(※)を行ったところ、455人の医師から回答を得ました。前編では、印象的だった医療ドラマについてご紹介します。

  • 人気記事ランキング