1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. ノウハウ
  4. 調査
  5. カメラ目線、手短に発言…医師のウェブ会議トレンド―ウェブ会議ツール利用調査(後編)
調査

カメラ目線、手短に発言…医師のウェブ会議トレンド―ウェブ会議ツール利用調査(後編)

2020年10月27日

医師にウェブ会議ツールの利用実態を聞く本シリーズ。(※)後編では利用しているツールやシーン、利用にあたって注意していることをご紹介します。
(※)2020年9月12~19日、m3.comの医師会員を対象にエムスリーキャリアが実施

Zoomが圧倒的シェア

利用経験のあるウェブ会議ツールを複数回答で尋ねたところ、1位は「Zoom」(74.2%)、2位は「Teams」(33.3%)、3位は「Skype」(27.8%)という結果になりました。

図1:利用経験のあるウェブ会議ツール(20~70代の医師508名が回答、複数回答)

利用して良かったウェブ会議ツールも、利用経験同様の結果でした。Zoomに関しては「そのツールしか使ったことがない」と答えた人もいました。

図2:利用して良かったウェブ会議ツール(20~70代の医師508名が回答、複数回答)

各ツールの利用後の感想を一部抜粋してご紹介します。

Zoom

  • 一番使いやすかった
  • 人数が多くても会議しやすい
  • スライドの共有が簡単だった
  • 録画できる
  • 普及の度合いが高い印象がある
  • 施設が法人契約をしたため制限がない

Teams

  • マイクロソフトの機能が共有しやすい
  • ややハードルが高いが、Teamsの共同編集機能は優れていると思う
  • 入室が簡単。手元の資料も共有できる。音声回線だけは電話で同時独立させているので、会話がクリア。ただし、マンツーマンのみ
  • 操作が簡単。企業での導入が多い

Skype

  • 以前から使用しているので
  • 特に不便は感じなかったため

Google Meet

  • 多人数に対応している
  • 簡単に接続出来たから

勉強会での利用が普及、今後の期待はオンライン診療

次に、ウェブ会議ツールの利用シーンは、1位が「企業からの営業活動・説明会」(34.4%)、2位が「院内会議・勉強会」(24.2%)、3位が「地域連携(勉強会)」(23.8%)となりました。「企業からの営業活動・説明会」や「地域連携(勉強会)」は、感染症対策に伴う病院への出入り制限が影響しているのかもしれません。

図3:ウェブ会議ツールの利用シーン(20~70代の医師508名が回答、複数回答)

また、今後利用したいシーンは1位が「地域連携(勉強会)」(31.9%)、2位が「院内会議・勉強会(他部署を交えたもの)」(25.6%)となりましたが、3位には「利用したくない」が24.8%でランクインしました。

オンライン診療については、今後利用したいと答えた人が20.1%おり、現在の利用している人(4.3%)と比べて5倍になっていることから、今後さらに広がり、医師の働き方も変わっていくかもしれません。

図4:ウェブ会議ツールを今後使用したいシーン(20~70代の医師508名が回答、複数回答)

ハードルは通信環境とコミュニケーション

最後に、利用にあたって困っていることと注意していることをまとめました。回答の多くはウェブ会議をつなぐための環境面の問題と、ウェブならではのコミュニケーションの問題の2つに分けられました。

ウェブ会議をつなぐための環境面の問題

【困り事】
  • Wi-Fi、アプリ、ソフトの準備が必要
  • 音声のハウリング
  • スマホだと画面が小さくてスライドは読めない。デスクトップパソコンだとカメラが付いていない
  • ITに疎いので、うまく操作できない時にその解決法がわからない
  • セキュリティーがどこまで確保されているのかわからない
【注意点】
  • 個室での利用
  • あらかじめテストをする
  • Web会議用のパソコンに加えて、資料を表示するパソコンを別に準備する
  • Zoomを使うときとTeamsを使うときなどで、回線速度などに注意している
  • クリアな音声が届けられるよう、必ずウェブ会議用のスピーカーマイクを使用している
  • 電源プランは「スリープしない」、ディスプレイは「電源を切らない」にしておく
  • Teamsを使おうとしたところ、一部の方がiOSのバージョンが古くて、動作しないことがあった。相手方のOSのバージョン等の確認と、適宜アップデートしていただくことが重要

ウェブならではのコミュニケーションの問題

【困り事】
  • 画面に室内が映り込むことがあるが、対策は簡単ではない
  • お互いの対面式と異なり、「話す」、「聞く」のタイミングが合わない
  • 同時発言がしにくいため、型通り、事前イメージ通りの進行となることが多い。良きアクシデントは皆無
  • 大勢で利用しているときに、きちんと伝わっているか不安
  • 画面に向かって集中しないといけないので、結構疲れる
【注意点】
  • 予定で行うので質問事項を予め考えておく
  • 一人では制御しにくいので数人で担当を決めている
  • 時々カメラ目線となるようにしている
  • ゆっくり話す、身振りを気にする、途中で確認する
  • ハウリングしないよう、発言時以外はミュートにしている
  • 誤解を生むような冗談を言わないようにしている
  • 短いセンテンスで発言し、終了時には「どうぞ」または「以上です」というように留意している

上記のようにウェブならではの制約を意識し、試行錯誤を続ける医師が多いようです。ウェブ会議は最初の設定が大変かもしれませんが、その後は繰り返し利用することで慣れていくはずです。本記事で紹介した内容を参考に、先生方もウェブ会議ツールを上手に活用してみてはいかがでしょうか。

今後のキャリア形成に向けて情報収集したい先生へ

医師の転職支援サービスを提供しているエムスリーキャリアでは、直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん、「数年後のキャリアチェンジを視野に入れて情報収集をしたい」という先生からのご相談も承っています。

以下のような疑問に対し、キャリア形成の一助となる情報をお伝えします。

「どのような医師が評価されやすいか知りたい」
「数年後の年齢で、どのような選択肢があるかを知りたい」
「数年後に転居する予定で、転居先にどのような求人があるか知りたい」

当然ながら、当社サービスは転職を強制するものではありません。どうぞお気軽にご相談いただけますと幸いです。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. ノウハウ
  2. 調査
【記事特集】医師の転職カルテ
キャリアの悩みに、コンサルタントが答えました


・いつ、どうやって転職したらいいのかわからない
・新たな環境で働きたいが、不安
・育児や介護、持病との両立はできる?

【詳しくはこちらから】

この記事の関連記事

  • 調査

    医師の通勤手当で明暗?送迎やタクシー可も!

    医師は勤務先を選ぶとき、通勤時間をどれくらい重視しているのでしょうか?また、通勤に関する手当はどんなものを求めているのでしょう?医師851人が回答したアンケートから勤務先の施設別、年代別に紹介します。

  • 調査

    通勤「有効活用できている」医師の過ごし方は?

    医師は通勤時間をどのように過ごしているのでしょうか?アンケートで医師851人に、通勤時間の過ごし方や、通勤時間を有意義に過ごせているのかを聞きました。

  • 調査

    私の通勤、長すぎかも?医師の半数は30分未満

    先生は通勤にどれくらいの時間をかけていますか?医師851人が回答したアンケートから、通勤時間の理想と現実をご紹介します。

  • 調査

    6割が満足!医師のウェブ会議事情

    コロナ禍を受けて、zoomに代表されるウェブ会議ツールの利用が増えてきました。医師の間でも急速に利用され始めていますが、どのような点が評価され、どのような課題があるのか――。医師508名の回答を得たアンケート結果から、前後編に分けて見ていきます。前編では医師の利用実態と満足度をお伝えします。

  • 調査

    患者になって実感「誰もが大病を患う可能性がある」

    m3会員を対象に、医師の病とキャリアについて聞く本シリーズ。後編では、医師357人の医師が回答したアンケート結果に基づき、働き方を変更するにあたり相談した相手、病になってからの仕事観・人生観の変化についてご紹介します。

  • 調査

    医師の本音「ありえないドラマは見たくない」

    m3会員を対象に、医療ドラマについて聞く本シリーズ。後編では、医師455人の医師が回答したアンケート(※)結果に基づき、医療ドラマが現在の職業・仕事観に影響を与えたか、どんな医療ドラマを観てみたいかについてご紹介します。

  • 調査

    通院必要で「働き方変えた」は少数。どう変えた?

    定期的な通院・検査が必要な疾患を抱えていても、働き方を変えた人は少数──。医師の病とキャリアについてm3会員を対象にしたアンケート(※)結果から、上記のことがわかりました。働き方を変えた医師はどのようなワークスタイルにシフトしたのでしょうか。中編では、その具体的な内容についてご紹介します。

  • 調査

    医師の脳裏に焼き付く医療ドラマ、その理由とは

    m3会員を対象に、医療ドラマについて聞く本シリーズ。中編では、医師455人の医師が回答したアンケート結果に基づき、印象的だった医療ドラマとそれを選んだ理由、ドラマにまつわるエピソードについてご紹介します。

  • 調査

    高血圧、喉の渇き、血尿…今思えば「病の予兆」

    日々、患者さんの病と向き合っている医師。しかしながら、医師自身が病を発症する可能性も大いにあります。今回は、m3.com会員の医師を対象に、病とキャリアについてのアンケートを行ったところ、357人の医師から回答を得ました。前編では疾患、それに伴う予兆の有無、具体的な予兆についてご紹介します。

  • 調査

    共感、賛否両論… 医師の心に残る医療ドラマとは?

    今も昔も、様々なテーマで制作・放送されてきた医療ドラマ。実際のところ、医師は“医療ドラマ”についてどのように考えているのでしょうか。今回、m3.com会員の医師を対象に、医療ドラマにまつわるアンケート(※)を行ったところ、455人の医師から回答を得ました。前編では、印象的だった医療ドラマについてご紹介します。

  • 人気記事ランキング