1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. ノウハウ
  4. コラム
  5. 甘え上手は仕事復帰しやすい?!―女医のつれづれ手帖(17)
コラム

甘え上手は仕事復帰しやすい?!―女医のつれづれ手帖(17)

2018年5月10日

Yu(ゆう)
産休・育休中から仕事復帰をする場合、さまざまな関門が待ち構えています。それをクリアするためには、周囲の協力が必要不可欠。今回は、仕事復帰にあたり「いかに支えてもらうか」を実現させるために、わたしが実践したことをお伝えしたいと思います。

「復帰の関門」を突破せよ!

産休・育休中の女性が仕事復帰をする場合、いろいろな条件を整えなければなりません。保育園探しに始まり、家族の協力を得ること、職場に理解をしてもらうこと…。とにかく多くの関門が待ち構えています。「職場復帰で気をつけたい3つのこと―女医のつれづれ手帖(13)」でも触れたように、わたしが育児休暇を経て、仕事復帰したのは子どもが生後3カ月のときです。

復帰時の仕事内容は、美容内科と麻酔科のスポット勤務。最初は週3日ペースで様子を見て、徐々に週4~5日に勤務時間を増やしていきました。妊娠前は麻酔科のスポット勤務を中心にやっていましたが、これから妊娠・出産・育児などライフステージが変わったときに仕事を続けることを考えると、片道1時間弱かけて満員電車に乗って通勤することは厳しいだろうと思い、比較的体力面に余裕が持てる美容内科も並行して診るようにしました。

頼れる環境のありがたさ

保育園がなかなか決まらずに、仕事復帰ができない方もたくさんいると思います。わたしの住む地域は比較的保育園の数は多い印象がありますが、待機児童も多いらしい、という話も聞いていました。子どもが産まれる前から保育園を探し始めたことは、スムーズに復帰できた理由の一つかもしれません。生後3カ月から預けることに多少不安もありましたが、保育園の先生方はとてもよく面倒を見てくださり、本人も楽しそうに通っているので、思い切って決めて正解だったと思っています。わたしは麻酔科業務の復帰もあったので、ブランクがあればあるほど手技が怖くなってしまう傾向があり、そういう意味でも仕事に戻りたくなくなる前に復帰してよかったなと思っています。

わたしが聞いた話によると、女医さんは、仕事復帰をするのが比較的早めだそうです。どの女医さんも仕事のスキルや感覚が鈍ってしまう心配や、専門医試験が控えているなど、早く復帰しなければ!という思いが強くなるのではないでしょうか。復帰前は、仕事だけではなく、「急に子どもの具合が悪くなったときはどのように対応しようか」や、「仕事が押して保育園のお迎えに間に合わないときはどうしたらいいのだろう」など、今となっては対応に慣れてきたことも、当時は不安でいっぱいでした。そういった不安材料を払拭するには、現在の日本だと、まずは家族の協力なしには実現できません。

実際に、月齢が低いうちに保育園に預けると第二の家感覚で子どもが抵抗感なく通ってくれるなどの良い面もたくさんある反面、まだ免疫が弱いせいか、保育園に通いだして半年くらいは常に感染症との闘いで、1カ月に1回(3日~1週間以上)は病欠せざるを得ないほどでした。その度に仕事を休むわけにもいかないため、絶対的に家族の協力が必要になります。我が家は、旦那がわたしよりも仕事が忙しく、調整がききにくいので、緊急時は自分の親に急遽お願いすることが多いです。幸い、実家が近いところにあるため、今のところどうにかなっています。子どもが成長するにつれ、感染症にもかからなくなってきたので、急な病欠の不安は減ってきましたね。

ダメもとの条件でも、まずは伝えること

あとは、職場の理解。例えば、保育園が見つからなくても、勤務先に託児所があると、復帰の目途が立ちやすくなります。託児所がなくても、時短勤務や勤務日数の融通を利かせてくれるだけでも復帰しやすい条件は整ってきます。わたしの勤務先・スポット勤務では、多少のペナルティがあるにせよ、急な代診の手配をしてもらえるので、いざというときは何とかしてもらえる環境です。しかし、まだまだママ女医が偏見を持たれているケースが後をたたないようだ、と耳にしています。これは、本当に残念なことです。女医自体も増えてきており、少子化も叫ばれているのですから、医療界全体がもう少し女医の結婚・出産に対してプラスに捉えてもらいたいですね。

これから仕事復帰を目指している方は、いろんなハードルがあって、育児も大変という状況に気が滅入ってしまうかもしれません。しかし、ダメもとでも上司に相談してみたり、条件に合う転職先をリクルートしてみたりすると、意外と今の自分のライフスタイルにぴったりのものが見つかる可能性はゼロではありません。現状について一人で抱え込まずに、視野を広く持って前向きに捉えてほしいと思います。

Yu
ゆう
麻酔科医・内科医

医学部卒業後、某医局で麻酔科認定医取得。 30代で国際結婚、1児の母。現在は麻酔科・内科医として働きながら、 自身の経験を活かした執筆活動も行う。

仕事とプライベートを両立しながら働きたい女性医師の方へ

結婚・出産・育児・介護などを考えると、今の勤務先は続けにくいとお悩みではありませんか。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携し、以下のような希望を叶えられる求人もお預かりしています。
●オンコール・当直・時間外勤務なし
●複数体制で急な休みが取りやすい
●院内保育園完備、保育所までの送迎あり

ご希望であれば女性のコンサルタントが担当いたしますので、お気軽にご相談ください。

この記事の関連キーワード

  1. ノウハウ
  2. コラム

この記事の関連記事

  • コラム

    コロナ禍だから振り返りたい「扶氏医戒之略」―わたしの女医ライフ

    ドクターと医学生の交流を目的とし、将来の選択肢を増やすためのイベント「Doctors’ Style」の代表を務める正木稔子先生が、「女性医師だからできない」ことではなく、「女性医師だからできる」ことについて語ります。

  • コラム

    女医を悩ます「2人目の子」のタイミング―女医の「2人目」問題 vol.2

    当然のことながら、子どもを授かるということはそう簡単なテーマではありません。2人目に限らず、「いつ子どもを出産するか」は、働く女性にとっての永遠のテーマとも言えます。難しい問題ではある一方で、「いつ出産したら、どんなリスクがあるのか」を意識しておくことで、出産・育児がスムーズになる側面もあるでしょう。2人目の出産を悩んだ女医の一人として、2人目の子どもをいつ出産すべきか、読者の皆さんと一緒に考えたいと思います。

  • コラム

    女医に立ち塞がる「2人目の子」の壁―女医の「2人目」問題 Vol.1

    私の親しい女医仲間や女医に限らずとも、仕事を持つ女友達の間では、「2人目どうする?」という話題が顔を合わせるたびに出てきます。自分の身の回りだけでもこれだけありふれているのだから、全国的にみたらかなりの割合で「2人目」について悩んだり考えたりしている女性がいるということではないでしょうか。私自身も1人の子どもを持ち、今すぐではないにしろ、近しい将来2人目も考えている当事者ですので、自分の考えや、周囲の声も織り交ぜながら、読者の皆様と一緒に「2人目問題」についての事柄を整理していければ幸いです。

  • コラム

    どう築く?産後のキャリア─女医のつれづれ手帖(22)

    子供が生まれたことで、医師としての目標と母としての理想の狭間で揺れる方も多いでしょう。復職するのか否か、働き方はどうするのかなど、悩む内容も人それぞれ。今回は、私なりの産後のキャリアプランの描き方についてお話したいと思います。

  • コラム

    不測の事態、どう対応する?職場で子育てを応援してもらうには─女医のつれづれ手帖(21)

    産休・育休明けは、生活リズムの変化や久々の職場復帰など自分自身の負担も大きくなる時期。不測の事態に対応するためにも、家庭や職場からバックアップしてもらえるよう働きかけていく必要があります。今回は、私がどのように育児と仕事の両立をしているか、周囲との関係づくりのポイントも含めお話したいと思います。

  • コラム

    実録! 1歳3カ月の子どもを持つ、女医ママのタイムスケジュール―女医のつれづれ手帖(20)

    ただでさえ多忙な医師が、仕事をしながら子育てをするのは想像がつかない―。そのように考える女性医師は少なからずいるのではないかと思います。実際に働きながら育児をしてみると、工夫次第で何とかなるものです。今回は、1歳3カ月の子どもを持つわたしが、どのようなスケジュールで過ごし、何を重視して仕事と育児に取り組んでいるかをお伝えできればと思います。

  • コラム

    「復職先に求めるもの」、整理できていますか?―女医のつれづれ手帖(19)

    Yu(ゆう)先生インタビュー。復職先に求めるもの=働きやすい環境、この一言に尽きると思います。それを具体的に洗い出し、優先順位を付け、勤務先に伝えられるかどうかが、復職後の働き方を左右するのではないでしょうか。今回は、わたしが復職先に求めたいもの、それをどのように活かして働いているかをお話ししたいと思います。

  • コラム

    女医ママの復職先、探し方のポイント―女医のつれづれ手帖(18)

    「今の勤務先で出産後も働き続けるか」「今の勤務先を辞めて、出産後は違う勤務先で働くか」―。子どもを授かった女医にとって、出産後にどう働くかは悩ましい問題ではないでしょうか。わたしはフリーランスという立場ですが、仕事と育児のバランスをとるために、産休前と復職後で働き方や勤務先を変えました。今回は、復職にあたり、わたしがどのように職場を探したかについてお話したいと思います。

  • コラム

    あえて理由は告げずに退職。悔いない転職のために、わたしが考えたこと―女医のつれづれ手帖(16)

    Yu(ゆう)先生コラム:現職との退職交渉は、医師の転職活動における最難関と言っても過言ではありません。タイミングや伝え方次第で、新しい職場へのスムーズな入職が難しくなってしまうことも少なからずあるようです。今回は、わたしがどのように退職意向を伝えたか、入職日までどう過ごしたかも併せてお話ししたいと思います。

  • コラム

    面接~入職まで、どう進む? 転職経験医師が伝えたいチェックポイント―女医のつれづれ手帖(15)

    Yu(ゆう)先生のコラム:転職候補先が決まったら、次のステップとして病院見学と面談があります。しかし、いくら勤務条件がよくても、実際に確認しなければわからないことも少なくありません。今回は、わたしの経験から学んだことをお伝えしたいと思います。

  • 人気記事ランキング