1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. 転職ガイド
  4. 求人探し
  5. 転職検討中…コンサルタントとの初面談レポ1
求人探し

転職検討中…コンサルタントとの初面談レポ1

2020年4月15日

転職支援サービスの利用が医師の間で広がる一方で、利用したことのない医師にはサービス内容をイメージしにくいかもしれません。エムスリーキャリアのサービス登録後に行われるコンサルタント面談に同席し、その様子を全3回でレポートします。第1回は、転職に迷っているというA先生の面談です。 ※医師からは許可を得て、面談内容の一部を変更しています。 ※エムスリーキャリアのコンサルタント面談は、ウェブ会議システムもご利用いただけます。

転職希望医師:A先生
都内在住。公立病院の救急科に勤務している。医師11年目を迎え、転職を検討中。既婚。子どもはいない。

担当コンサルタント:野村紗欧里さん
エムスリーキャリア株式会社で医師専門の転職サポートに携わる。キャリアコンサルタント(国家資格)、医療経営士の資格を持つ。

転職を迷っていても面談OK

野村さん:この度は、エムスリーキャリアにご登録いただき、ありがとうございます。事前にご登録いただいた内容を拝見すると、現在は公立病院にお勤めで、転職意向については、「転職の意思が固まっているわけではなく、相談する中で希望条件を絞り込んでいきたい」ということですね。 それではまず、現在、転職を希望する理由を教えていただけますか。

A先生:もう少し年収を上げたいということが一番の理由です。

野村さん:現在の年収と、希望年収を伺ってもよろしいですか。

A先生:現在の年収は、公立病院のため1,000万円ちょっとです。結婚したので、将来子どもができたときの教育費などを考えると、1,500万円くらいにしたいと思っています。

野村さん:なるほど、人生設計を考えた上での転職ですね。では、今の勤務形態について教えていただけますか。

A先生:救急のためシフト制で、月7日は日勤、7日は夜勤です。勤務時間は、日勤は午前8時15分から午後5時まで、夜勤が午後5時から午前8時15分までです。

野村さん:現在の勤務内容に、満足されていますか。

A先生:特に不満はありません。

野村さん:現在の勤務先には、退職の意思は伝えていますか。

A先生:まだ伝えていません。現在もまだ転職するかどうか迷っているので……。そんな段階で野村さんとの面談を受けて大丈夫でしたか。

野村さん:はい、もちろんです。情報を集めてから転職するかどうか決めるということですね。転職しない方がいいケースもありますので、今の職場に留まる選択肢も残しつつ、ご検討いただければと思います。 誤解されがちなのですが、コンサルタントから転職を無理に勧めることはありませんのでご安心ください。時には、「転職するかは、慎重にご検討されたほうがいい」ということも率直にお伝えしています。

A先生:そういう人もいるんですか。

野村さん:例えば大学医局に所属なさっている先生だと、関連病院には転職しにくいですよね。でも地域によっては関連病院以外に候補となる勤務先が少ないこともあります。ですから、まず「医局内で異動できないか相談しましたか」と伺っています。

A先生:それを聞いて、安心しました。もし転職する場合、いつごろから転職活動を本格的にスタートすればいいのでしょうか。

野村さん:早い先生ですと、求人応募から1週間ほどで内定が出ることもあります。ただ、「人手が足りないから1年だけ残ってほしいと上司に言われ、すぐには退職できない……」といったように勤務先から慰留される場合もあるので、1年先、2年先の転職を見据えて早めに転職活動を始める先生もいらっしゃいます。

A先生:知人からも転職時に引き止めを受けた話を聞きました。

野村さん:コンサルタントはあくまでサポート役ですから、勤務先で退職手続きを進める場合は、ご自身の「自分のために転職する」という強い意思が必要になります。ただ、初めての退職手続きは不安を抱く先生も少なくありません。ご相談いただければ、他の先生方の退職交渉事例をご紹介するなどのサポートもできます。例えば退職理由が「給与に不満がある」だとしても、上司にそこだけ伝えると波風も立つでしょう。退職する理由は一つではないかと思います。さまざまな理由の中からポジティブなものを、例えば「今後◯◯の経験も積みたい」「親の介護も見据えて地元に戻りたい」などとお伝えすることでご納得いただけるのではないかなどと、アドバイスを差し上げることはできます。

コンサルタントに期待していることは明確に伝える

野村さん:転職活動を進める上で、コンサルタントに期待していることを教えていただけますか。

A先生:まずは、求人情報を幅広く見せてほしいです。大病院や有名病院については、知人を通して情報を入手できるので、特に中小規模の病院で私のニーズに合う病院があれば、ぜひ紹介してほしいと思っています。

野村さん:承知しました。ご希望に沿う求人を中心に、幅広くご紹介させていただきます。

A先生:応募して選考に進んだ場合は条件交渉もお願いしたいです。

野村さん:もちろんです。条件交渉、契約書類のご用意までしっかりサポートさせていただきます。

エムスリーキャリアは、より多くの選択肢を提供します

先生方が転職をする理由はさまざまです。

  • 現状のキャリアや働き方へのご不安・ご不満
  • ご家庭の事情や、ご自身の体力面などの事情
  • キャリアアップ、新しいことへの挑戦
  • 夢の実現に向けた準備

など、多様なニーズに応えるために、エムスリーキャリアでは全国から1万件以上の求人を預かり、コンサルタントは常に医療界のトレンド情報を収集。より多くの選択肢を提供し、医師が納得のいく転職を実現しています。

転職すべきかどうかも含め、ご相談を承っています。

この記事の関連キーワード

  1. 転職ガイド
  2. 求人探し
【記事特集】医師の転職カルテ
キャリアの悩みに、コンサルタントが答えました


・いつ、どうやって転職したらいいのかわからない
・新たな環境で働きたいが、不安
・育児や介護、持病との両立はできる?

【詳しくはこちらから】

この記事の関連記事

  • その他

    開業医に迫る「コロナ閉院」で勤務医へ

    新型コロナによる収入減は、医師も他人事ではありません。中でも開業医は建物・設備の固定費、スタッフの人件費に多大な費用がかかるため、コロナ禍の経営難を機に閉院し、勤務医に戻るという人が出てきています。閉院という開業医最後の大仕事を全うしつつ、転職活動を進めるにはどうしたらいいのか――。今回は医師人材紹介会社を活用して、開業医から勤務医に転職した事例をご紹介します。

  • アルバイト(非常勤・スポット)

    バイト先が決まらない!採用ハードルが急上昇

    COVID-19流行以降、医師の定期非常勤市場は大きく変化しています。以前はすぐに内定が出ていた医師でも、書類選考を通過しないことも……採用される医師・されない医師の違い、買い手市場で内定を得るためのコツをお伝えします。

  • その他

    自由診療領域の転職市場、コロナ禍で変化は?

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大以降、医師人材紹介会社への登録は増加傾向にあります。求職者から多い相談内容の1つとして挙げられているのが「自由診療領域」への転職です。コロナ禍において、自由診療領域の転職市場はどのような影響を受けているのでしょうか。

  • 転職データ集

    コロナ禍で冷え込んだ医師転職市場、回復の兆しも?

    コロナ禍の混乱が始まって約半年。2020年7~9月は感染がピークアウトし、徐々に日常生活を取り戻してきました。しかし、医師の転職市場はそう元通りとはいかず、地域や診療科によって異なる様相を示しています。今回編集部では、m3.comCAREERに寄せられたデータをもとに都道府県と各科の求人倍率と想定下限年収を集計。データから転職市場の冷え込み具合を可視化しました。また、コンサルタントには最新動向も聞き、冷え込みから回復の兆しが見えてことも分かりました。

  • 求人探し

    転職を急ぐ医師がはまる落とし穴とは?―コンサルタントとの初面談レポ2

    転職支援サービスへの登録後に行われるコンサルタント面談に同席し、その様子をレポートする本シリーズ。第2回は、求人探しで失敗しないための方法についてです。

  • 求人探し

    「公開求人」と「非公開求人」の違いとは?

    転職活動をしていると良く目にするのが、「公開求人」と「非公開求人」というキーワード。今回は、それぞれの違いを解説します。

  • 求人探し

    本当に安全? 医師人材紹介会社の見極め方

    全国に300社ほどあるとみられる医師人材紹介会社(以下、紹介会社)。利用時には、「個人情報の取り扱いが気になる」「本当に無料で利用できるのか分からない」「無理に転職を勧められるのではないか」などと、不安に思う医師も多いようです。今回は、信頼できる紹介会社の選ぶための最低限のポイントについて解説します。

  • 求人探し

    医師転職支援サービスが「無料」の理由

    医師人材紹介会社は、求人の提案や面接日の調整、条件交渉といったサポートを無料で提供しています。なぜ無料でサービスが提供できるのか、その背景について解説します。

  • 求人探し

    好条件求人が生まれる理由とは

    転職では誰もが好条件の求人を探すもの。しかし、「その求人がなぜ生まれたのか」を理解しておかないと、入職後にミスマッチに見舞われることもあります。今回は、求人を見分ける上で知っておきたい、好条件求人が生まれる主な理由について解説します。

  • 求人探し

    医師求人、3つの探し方のメリット・デメリット

    医師の転職活動スタイルは、以前に比べてスタイルが多様化し、求人の情報収集にもいくつかの方法が出てきました。それぞれの求人の探し方について、メリット、デメリットを解説します。

  • 人気記事ランキング