1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. 転職ガイド
  4. アルバイト(非常勤・スポット)
  5. はじめてのスポット勤務の前に知っておきたい、2つのポイント
アルバイト(非常勤・スポット)

はじめてのスポット勤務の前に知っておきたい、2つのポイント

2018年3月2日

わたしは現在、麻酔科の非常勤医として週に5日、3病院で働いていますが、たまに勤務の数日前に、予定されていた症例が突然なくなることがあります。そんな時、時間を有効活用できるのがスポット勤務。今回は、スポット勤務初心者の方へ、案件の探し方と勤務後の注意点をお伝えします。
【執筆:大見貴秀(おおみ・たかひで)】

週5非常勤医のわたしが、スポット勤務に至ったわけ

非常勤医は常勤医と比べて、やはり労働条件の安定性に欠けます。もちろんわたしはそのリスクを飲み込んだうえで非常勤医として働いているため、文句はありません。しかし、非常勤医は基本的に日給制。一日お休みになっただけでも収入への影響はそれなりに大きいものがあります。ほんのたまにならば問題ありませんが、たまたま何回かお休みが続くと死活問題になりかねません。

そんな急なお休みに対して、労働量の調整に便利なのがスポット勤務です。スポット勤務は前々から募集を掛けている案件だけでなく、緊急で募集が掛かることも多いように感じます。そのため急なお休みの数日前から探し始めたとしても、ほとんどの場合見つかります。

当然、スポット勤務は単発で、継続的なものではありません。とは言え、一度スポット案件を受けると、過去に勤務した病院で人員不足が生じたとき、優先的に話をもらえることがあるので、いくつかの病院でスポット勤務をしておくと急なお休みにも対応しやすくなります。

勤務条件が絞れたら、「医師転職エージェント」の有効活用を

スポット勤務は緊急性が高いため、非常勤などの一日分と比べても給与水準が高くなる傾向にあります。そのため、わたしの場合は立地と担当する症例の内容で案件を探しています。しかし、常勤医、定期非常勤医の募集と異なり、スポットは各病院の採用ページなどに掲載されていることはまずありません。

したがって、スポット勤務先を独力で探すのはとても難しいのではないでしょうか。わたしの経験上、独力で探す手段は他人からの紹介くらいしかないと思います。

こんな時、やはり頼りになるのが医師転職エージェントです。特に、麻酔科医の場合は医師が充足しないと手術自体が行えないので、各病院もプライオリティを高めて探します。実際、ほとんどの病院で転職エージェントを頼っているのではないでしょうか。医師が転職エージェントに登録しておくと、急なスポット案件などをメーリングリストで連絡してもらえますし、連絡しやすい担当者に休みの予定などを事前に伝えておけば、直接連絡をもらえることもあります。

繰り返しになりますが、スポット案件は個人では見つけづらい分、転職エージェントを頼りにするのが良い案件を探すポイントだと思います。加えて、転職エージェント経由で決まった案件は、詳細情報を事前に教えてもらえるので、勤務中に変に戸惑いを感じるようなことはほとんどありませんでした。

勤務後は、税金の問題にも目を向けて

一方、スポット勤務が増え、複数の病院で働く機会が多くなると税金の問題が発生します。例えば2カ所以上の病院で勤務した場合、確定申告が必要になります。この条件に当てはまる医師は多いのではないでしょうか。

また単発のスポット案件が多くなればなるほど、確定申告で税金を追加で払う可能性が高くなるので注意しましょう。例えば1つの病院で1カ月に130万円ほど給与の支払いを受けたら、源泉徴収される所得税は50万円ほど。しかし1つの病院で1か月に10万円のみだったらほんの5千円程度です。仮に異なる13カ所の病院で働いたら1カ月130万円に対して6万5千円の源泉徴収しかされないことになります。源泉徴収される税額はその月の支給額で決定されるので、スポット案件ばかり受けていたら、確定申告時に思ったよりも追加で払わなければいけない事態が起きます。そうなる前に、しっかりと給与を使うペースを調整するようにしましょう。

大見 貴秀
おおみ たかひで
麻酔科医

フリーランスの麻酔科医。医師としての活動のほか、不動産賃貸業、法人の代表取締役として活動中。ヘルスケア情報の発信、資産形成情報の発信を目的として様々な事業展開を行っている。

スポットアルバイトをお探しの先生へ

エムスリーキャリアでは、スポットアルバイトの求人紹介も行っております。
先生のお力を必要としている医療機関は多数ございます。

研究日・休日や夜間など、先生の貴重なお時間をいただきますが、ぜひともお力をお借りできれば幸いです。

スポットアルバイトをお探しの先生は、下記よりお問合せください。

この記事の関連記事

  • 転職データ集

    持ち直した医師転職市場、2021年は競争激化?

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、2020年4~9月頃まで冷え込んでいた医師の転職市場。直近3カ月の市場動向と、コンサルタントによる今後の見通しをお伝えします。

  • その他

    「雇われ院長」のメリット・デメリット

    クリニックでは院長職や施設管理者、いわゆる「雇われ院長」を募集することがあります。クリニックで働く勤務医になりますが、病院勤務医とは異なるメリット・デメリットがあることをご存知でしょうか。今回は雇われ院長ポジションの特徴とその転職事例について詳しくご紹介します。

  • その他

    開業医に迫る「コロナ閉院」で勤務医へ

    新型コロナによる収入減は、医師も他人事ではありません。中でも開業医は建物・設備の固定費、スタッフの人件費に多大な費用がかかるため、コロナ禍の経営難を機に閉院し、勤務医に戻るという人が出てきています。閉院という開業医最後の大仕事を全うしつつ、転職活動を進めるにはどうしたらいいのか――。今回は医師人材紹介会社を活用して、開業医から勤務医に転職した事例をご紹介します。

  • アルバイト(非常勤・スポット)

    バイト先が決まらない!採用ハードルが急上昇

    COVID-19流行以降、医師の定期非常勤市場は大きく変化しています。以前はすぐに内定が出ていた医師でも、書類選考を通過しないことも……採用される医師・されない医師の違い、買い手市場で内定を得るためのコツをお伝えします。

  • その他

    自由診療領域の転職市場、コロナ禍で変化は?

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大以降、医師人材紹介会社への登録は増加傾向にあります。求職者から多い相談内容の1つとして挙げられているのが「自由診療領域」への転職です。コロナ禍において、自由診療領域の転職市場はどのような影響を受けているのでしょうか。

  • 転職データ集

    コロナ禍で冷え込んだ医師転職市場、回復の兆しも?

    コロナ禍の混乱が始まって約半年。2020年7~9月は感染がピークアウトし、徐々に日常生活を取り戻してきました。しかし、医師の転職市場はそう元通りとはいかず、地域や診療科によって異なる様相を示しています。今回編集部では、m3.comCAREERに寄せられたデータをもとに都道府県と各科の求人倍率と想定下限年収を集計。データから転職市場の冷え込み具合を可視化しました。また、コンサルタントには最新動向も聞き、冷え込みから回復の兆しが見えてことも分かりました。

  • アルバイト(非常勤・スポット)

    選び方次第で市場価値が上がる?定期非常勤の活用方法

    医師の多様な働き方を叶える「非常勤」勤務。非常勤勤務の理由として、年収アップはもちろん、キャリアやスキル向上のためと考える医師も少なくありません。今回は実際の転職事例から、より専門性を高める事例とキャリアの幅を広げる事例、2つの視点から定期非常勤活用術をお伝えします。

  • アルバイト(非常勤・スポット)

    フリーランス医師が語る、スポットアルバイト活用術

    わたしはフリーランス医師として定期非常勤で週5日、3病院で働いています。症例がなければ、その日は基本的に休みとなるので、そんな時にスポット案件を活用しています。今回は、前回よりも詳しく、わたしの実体験に基づいたスポット案件の探し方をお伝えします。

  • アルバイト(非常勤・スポット)

    できない症例は断れる? 初めての非常勤勤務の戸惑い

    非常勤勤務を初めてする際に一番戸惑うことは、自分が経験したことのない症例や方法で麻酔管理などを担当させられることだと思います。できないものはできないので断るほかないのですが、病院側への伝え方に苦労することも少なくありません。今回は、わたしの実体験をもとに、ストレスが少ない非常勤勤務を叶えるポイントをお伝えします。

  • アルバイト(非常勤・スポット)

    わたしが「非常勤掛け持ち医」に働き方を変えた理由

    医師の働き方の特徴として、ワークスタイルをある程度自由に決められることが挙げられます。わたしは現在フリーランスとして働いていますが、最初から意図していたわけではありませんでした。もともと常勤医だったわたしが、なぜ非常勤医として働こうと考えたのか。勤務先を探すにあたり、どのような点に気を付けたかについてお伝えしたいと思います。

  • 人気記事ランキング