1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. ノウハウ
  4. 調査
  5. 医局人事、出世できる医師の条件は?―医局に関するアンケート調査Vol. 3
調査

医局人事、出世できる医師の条件は?―医局に関するアンケート調査Vol. 3

2018年12月24日

12月から特に活発化していく、医局人事の発表。では実際のところ、どんな条件を満たした医師が異動や昇進、昇格の対象になっているのでしょうか。m3.comの医師会員1000人を対象に実施した調査の概要をお知らせします。

Q.所属医局で昇進、昇格(教授選など)において、独特なルールがあれば教えてください。

  • 博士号、専門医取得したもの優先。(医局所属中)
  • 各専攻分野の中での年功序列と論文の数(医局所属中)
  • 准教授になるには博士号を取得するか相当の論文が必要だった。(2010年代まで医局所属)
  • 英文フルペーパーの質と数がものをいう。(2010年代まで医局所属)
  • 学位取得、留学経験者が病院スタッフ(助教以上)になれる(医局所属中)
  • おおむね年功序列。上が空いたら下が繰り上げ。教授がかわると大きく入れ替わります。(2010年代まで医局所属)
  • 開業などで医局人事から離れる場合は1年前までに、遅くとも半年前までに医局長に連絡すること。(医局所属中)
  • 教授選に出る准教授は教授から無視される。(2000年代まで医局所属)
  • 専門医になって、関連病院の部長になったら、大学に帰れない。(2000年代まで医局所属)
  • 俗に言う、根回しが上手い人間の方が出世している。(2010年代まで医局所属)
  • 自分の大学出身者を優先するが、現教授よりも有名な准教授などは教授になれない。(2000年代まで医局所属)
  • 現在は、公募制がしかれているので独特なルールはなかったが、かつてはやはり教授に気に入られるか否かが、大きな要素を占めていた。さらには、かつての人事権が教授会ですべてきまって執行されていたころは、いかに票を集めるかがすべてだった。特に新教授を決める際には、自大学の医局からは一本化することが暗黙のルールだったので、どうしても戦いたい先生はいったん退局をしていた事例を知っている(もしくは競争相手を先に退局に追い込んで出にくくするという作戦が成功した例も見たが)。(2010年代まで医局所属)

育児や介護…ライフスタイルに配慮したルールを定める医局も

このほか、医局人事の結果が、育児や介護などといった、医師自身のライフスタイルにも大きな影響を及ぼすことも珍しくありません。今回の調査では、医局人事や日常業務の中で、家庭に配慮してのルールがあるかどうかについても質問。「配慮がある」と答えたのは24.8%という結果になっています。

Q.所属医局内で育児・介護など家庭の事情に配慮したルールはありますか?


なお、上記のデータを診療科目別に打ち出した結果は、以下の通りとなっています。

Q.所属医局内で育児・介護など家庭の事情に配慮したルールはありますか?
(診療科目別※回答者10人以上の診療科のみ)


なお、自由記述には「明文化されたルールはないものの、個別事情をあらかじめ相談しておけば配慮はしてもらえる」という趣旨のコメントも多数。育児や介護をフォローするための特別な制度が明示されていなかったとしても、予め相談しておくことで、必要な支援を受けられるようになるケースはあるようです。
以下に、所属医局内で育児・介護など家庭の事情に配慮したルールが「ある」と答えた会員の皆様から寄せられたコメントをご紹介します。

  • 15時まで、17時までなど、それぞれに合わせた勤務形態がある。子育て中の母親は当直免除(医局所属中)
  • 明文化されたものはないが、完全なトップダウンではなく相談させてもらえる。(医局所属中)
  • 医局長との相談から最終的には教授の許可がいったが、人情的な配慮はあった。(2000年代まで医局所属)
  • 該当医師の病棟を免除する、当直をなくす、出張を日帰りにする(医局所属中)
  • 育児中の女医さんでも働けるような環境を作るように要請されるし、積極的に斡旋しているらしい。(医局所属中)
  • 夫婦とも医師の場合、同じ市内勤務とする(2000年代まで医局所属)
  • 妊活や婚活、育児を考えている女性で仕事上の配慮をして欲しい、という要望のある人は、それ専用の枠組みでの人事になるようです。(医局所属中)
  • 当直を減免する一方で、週末(土曜)の日中勤務を負担して頂くなど。(2010年代まで医局所属)
  • 留学を家庭の都合で中止していただきました。(医局所属中)
  • 介護はこれまで聞いたことはないが、出産・育児に際してはある程度の配慮がなされていた。しかし、あるセクション担当になるのを嫌がった女医さんが陰口をささやかれていたことや、堂々と育休を取得した男性医師が(普段から遅刻やらすっぽかしが多かったのもあるが)だいぶ逆風を受けていたのも事実である。(2010年代まで医局所属)

次回は、今回のアンケート調査でm3.com会員の皆様から寄せられた、休暇や懇親会のルールについてご紹介します。

【調査の概要】
調査期間:2018年6月12日~2018年6月18日
対象者:m3.com医師会員
回答者数:1000人
回答者属性:医局在籍中の医師471人、過去に医局在籍していた医師529人

今後のキャリア形成に向けて情報収集したい先生へ

医師の転職支援サービスを提供しているエムスリーキャリアでは、直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん、「数年後のキャリアチェンジを視野に入れて情報収集をしたい」という先生からのご相談も承っています。

以下のような疑問に対し、キャリア形成の一助となる情報をお伝えします。

「どのような医師が評価されやすいか知りたい」
「数年後の年齢で、どのような選択肢があるかを知りたい」
「数年後に転居する予定で、転居先にどのような求人があるか知りたい」

当然ながら、当社サービスは転職を強制するものではありません。どうぞお気軽にご相談いただけますと幸いです。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. ノウハウ
  2. 調査

この記事の関連記事

  • 調査

    医師の4割が都道府県またぐ転居に前向き

    医師は、ホワイトカラーに比べると勤務地の候補が多く、住む地域も選びやすい職種です。医師455人から回答を得たアンケートから、他都道府県への転居に対する意識と、勤務先として人気の都道府県を紹介します。

  • 調査

    地方に住みたい!医師が都会を離れる理由

    COVID-19流行をきっかけに、ホワイトカラーではテレワークの普及に伴い、社会全体で地方移住への関心が高まりつつあります。それでは、医師の地方志向はどうでしょうか。医師455人から回答を得たアンケートから、医師の地方転居や移住への興味、検討する上での条件を探ります。

  • 調査

    医師7割弱「補助ある」…研鑽=労働には賛否

    「医師の働き方改革」では、自己研鑽が労働時間に含まれるか否かなどが議論されてきました。2019年7月には厚生労働省から、上司の指示の有無によって労働時間に含まれるかどうかを判断する旨の通知が出ましたが、現場の医師たちはどう受け止めているのでしょうか。

  • 調査

    50歳過ぎても医師が研鑽を続ける理由

    キャリア形成や子育てがひと段落し、第二の人生も考え始める50代以降。いつ医師を引退するかは個人差があり、年齢を重ねても自己研鑽を続ける人は多くいます。今回は自己研鑽をテーマにしたアンケートから50~70代の医師421名の回答を抜き出し、ベテラン医師の自己研鑽の実態をお伝えします。

  • 調査

    人生100年時代に備える!40代に必要な学び

    知識・経験ともに臨床スキルが高まり、チームマネジメントや若手の教育を担う40代。働き盛りにあたる40代の中堅医師は、どのような自己研鑽を行っているのでしょうか。自己研鑽をテーマにしたアンケートから40代医師114名の回答を基に、実態をお伝えします。

  • 調査

    週10時間が当たり前?若手医師の研鑽事情

    一人前の医師になるため、さまざまなことを学び、吸収していく20~30代。医師人生の中でも、最も集中的な自己研鑽が求められる世代と言えそうですが、その実態はどうでしょうか。

  • 調査

    参加必須 芸を披露…医局の親睦会あるある

    いよいよやってくる忘年会のシーズン。宴会芸や幹事経験をした先生も多いのではないでしょうか。医師1000人にご自身の医局について聞いたアンケートをまとめた本シリーズ。最終回は、忘年会をはじめとする医局での親睦会のルールについてご紹介します。

  • 調査

    うちの医局だけ?休暇取得の独自ルール

    m3.comの医師会員1000人に、医局に対する考えを聞く本シリーズ。第4回目となる今回は、休暇のルールや医局外の人に驚かれた慣習についてご紹介します。

  • 調査

    医局人事確定のピーク 地域によって差

    医師のキャリアにも大きな影響を与えうる、関連病院への異動や教授選。各地の大学医局ではどのようなルールで、こうした医局人事を運用・決定しているのでしょうか。医局に所属した経験を持つ医師1000人に聞いたアンケートを紹介します。

  • 調査

    医師に聞く医局事情 メリットとデメリット

    医師としてのキャリアに大きな影響を与える、大学医局の存在。m3.comの医師会員の皆さまは大学医局のあり方をどのようにとらえているのでしょうか。Doctors LIFESTYLEが1000人を対象に実施した調査の概要をお知らせします。

  • 人気記事ランキング

    この記事を見た方におすすめの求人

    常勤求人をもっと見る