1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. 転職ガイド
  4. 履歴書・応募・面接
  5. 高収入、勤務地…難しい条件交渉が叶った転職事例―医師の転職カルテvol.18(後編)
履歴書・応募・面接

高収入、勤務地…難しい条件交渉が叶った転職事例―医師の転職カルテvol.18(後編)

2020年3月31日

高収入を得たい、当直は免除してほしい、時短でなければ働けない……それぞれの事情により、難しい条件で転職活動に臨む医師がいます。通常以上に医療機関側との交渉が必要になりますが、実際に希望を叶えた医師はいます。なぜ、それができたのでしょうか。後編では、人材紹介会社のコンサルタントがサポートした事例を紹介します。

“交渉含み”の転職は、紹介会社の利用が効率的

医師の転職には、いくつかのルートがあります。例えば、医療機関の求人に医師が直接応募する方法。医師側から入職を希望する格好になり、また医師本人が交渉を行わなければならないことから、求人票以上の高収入や時短勤務などは叶いにくい場合があるようです。では、知人のつてで転職するルートはどうでしょうか。あらかじめ条件のすりあわせが万全であればいいのかもしれませんが、しばしば「知人の手前、給与などの交渉ができなかった」「入職してみると、当初話していた内容と実際の条件が異なっていた」という声が医師人材紹介会社に寄せられています。難しい条件の転職を叶えるには、医療機関と交渉するスキルが必要です。

医師人材紹介会社のコンサルタントは、多数の医師の転職をサポートしており、交渉の経験が豊富です。医療機関が納得するポイントや、多様な働き方の選択肢を把握しているため、効率よく交渉を進めることができます。どのように医師の希望を叶えているのか、実際のケースを元に解説しましょう。

希望エリアに条件の合う病院がない場合の交渉事例

Case1 外来+人間ドックのみの働き方で、病棟管理を回避

30代男性、一般内科医。急性期病院で勤務していましたが、十分に休日が取れないため転職に踏み切りました。家族とすごす時間を確保するため、週4日勤務を希望。もともと外来メインで働いていたことから、病棟管理がないクリニックに転職したいと考えていました。しかし、希望するエリアに入職可能なクリニックはありませんでした。 そこで医師人材紹介会社のコンサルタントは、「外来+人間ドック」という働き方を提案。医師が承諾したため、人間ドックのポジションが空いていた病院と交渉しました。もともと病棟管理も含む求人でしたが、「この医師が外来と人間ドックを担うことで、他の医師が病棟を回しやすくなるのでは?」とコンサルタントが交渉。病院が納得し、うまくマッチングしました。

Case2 専門性を生かしながら時短勤務を実現

30代女性、皮膚科医。大学病院で勤務していましたが、出産を機に転職を検討。実家近くに転居し、仕事と子育てを両立することを希望しました。転職の条件は、通勤が30分以内、かつ16時までの時短勤務が可能なことです。しかし、希望エリアに皮膚科医を募集する病院は見つかりませんでした。クリニックの求人はあるものの、16時に退勤となると午後の診療をほとんどこなせないため、交渉は難航しました。 コンサルタントは高齢者を中心とする病院にも、褥瘡の処置など皮膚科のニーズがあることを考え、慢性期病院と交渉しました。子育てのための時短であること、仕事への意欲は高いことを説明すると、病院側は「やる気のある先生を応援したい」と前向きに検討。希望通りの入職が決定しました。

病院が納得する働き方ができれば高収入も可能

Case3 年収2300万円が上限の病院に、年収3000万円で入職

50代後半男性、外科系の医師。長年、急性期病院で外科系の部長を務めていました。その領域では著名な医師で、手技を教わりたい若手医師が遠方からも来るほどでした。当時の年収は3000万円で、その金額を維持できるのであれば転職してもいいと思っていました。 ちょうどその頃、外科系の部長を募集している病院がありましたが、同院の規程は年収2300万円が上限で、その医師の条件には合致しません。それでも、外科系の部長を任せられる医師はあまり転職市場に現れないこと、どうしてもその診療科を強化したいことから、院内の規程を調整。特例として、年収3000万円での入職が決定しました。

Case4 非常勤が多い麻酔科に常勤で入職。年収2800万円の破格待遇

40代前半男性、麻酔科医。常勤と非常勤を掛け持ち、年収3000万円を得ていました。そろそろ複数の非常勤を持つことが負担に感じるようになり、転職を検討。常勤だけで同等の年収を維持したいと考えました。 しかし、条件に合う求人は出ていません。コンサルタントは病院に直接かけ合い、「週5日勤務+オンコール対応あり」を提案すると、通常以上に高額な年収2800万円でマッチングしました。合意に至った背景には、その医師が麻酔科医としてスキルも経験も十分だったこと。加えて、その病院は常勤医が少なく、非常勤医を大勢入れて麻酔科を回していた状況がありました。病院側は、「非常勤医の分まで働いてもらえれば、常勤医に高額報酬を払ってもいい」と判断したのです。

「必須条件」と「妥協ポイント」を明らかにする

難しい条件の転職を検討している医師のなかには「希望通りの求人がない」と思っている方もいることでしょう。しかし、求人がないからといって、諦める必要はありません。コンサルタントは次のように語ります。 「求人票に書かれた勤務条件は、医療機関の規定にすぎないことがあります。コンサルタントが問い合わせてみると、柔軟に対応してもらえる例は少なくありません。むしろ、求人票通りの待遇で入職することは少ないとも言えます。また、“年収1000万~2000万円”などと幅が広い求人の場合は、どういう勤務内容であれば上限まで出るのかをコンサルタントが確認します」

交渉をうまく進めるコツは、必須条件と妥協ポイントを明らかにすることだと言います。 「難しい条件をいくつも求めると、医療機関側が受け入れられない可能性は高まります。まずはご自身がその条件を希望する理由を明確にし、そのために妥協できる点はないかを検討するといいでしょう。例えば、高収入を求める場合、子どもの教育費や開業予定など理由があると思いますが、『その代わりにオンコールを引き受ける』などと医療機関に提案するのです。可能な範囲で、プライベートで大切にしたいことや、将来のビジョンなどもコンサルタントに話していただけると、交渉が進みやすくなります」

転職をお考えの先生へ

もしも先生が転職をお考えでしたら、エムスリーキャリアにお任せください。
先生が、最善の意思決定をできるようサポートしています。

転職活動はさまざまな事務作業が伴い、情報収集や、面接等のスケジュール調整、条件交渉などを個人で担うと負担が重くなります。これらはすべて、エムスリーキャリアのコンサルタントにお任せいただけます。

また、条件交渉では、先生から直接は言いにくいことをコンサルタントが代わりに伝えるため、精神的な負担も少なく済むかと思います。

転職をご検討中でしたら、ぜひご連絡ください。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

【記事特集】医師の転職カルテ
キャリアの悩みに、コンサルタントが答えました


・いつ、どうやって転職したらいいのかわからない
・新たな環境で働きたいが、不安
・育児や介護、持病との両立はできる?

【詳しくはこちらから】

この記事の関連記事

  • その他

    開業医に迫る「コロナ閉院」で勤務医へ

    新型コロナによる収入減は、医師も他人事ではありません。中でも開業医は建物・設備の固定費、スタッフの人件費に多大な費用がかかるため、コロナ禍の経営難を機に閉院し、勤務医に戻るという人が出てきています。閉院という開業医最後の大仕事を全うしつつ、転職活動を進めるにはどうしたらいいのか――。今回は医師人材紹介会社を活用して、開業医から勤務医に転職した事例をご紹介します。

  • アルバイト(非常勤・スポット)

    バイト先が決まらない!採用ハードルが急上昇

    COVID-19流行以降、医師の定期非常勤市場は大きく変化しています。以前はすぐに内定が出ていた医師でも、書類選考を通過しないことも……採用される医師・されない医師の違い、買い手市場で内定を得るためのコツをお伝えします。

  • その他

    自由診療領域の転職市場、コロナ禍で変化は?

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大以降、医師人材紹介会社への登録は増加傾向にあります。求職者から多い相談内容の1つとして挙げられているのが「自由診療領域」への転職です。コロナ禍において、自由診療領域の転職市場はどのような影響を受けているのでしょうか。

  • 履歴書・応募・面接

    スキマ時間でオンライン面接 内定の決め手は?

    医師の採用面接において、オンライン面談・面接を取り入れる医療機関が少しずつ出てきています。中には、オンライン面接を経て内定を得た医師も。忙しい医師にとって、場所を選ばずに対応できるオンライン面談・面接は、大きなメリットがあります。

  • 履歴書・応募・面接

    転職時の条件交渉、希望を叶えるポイントは?―医師の転職カルテvol.18(前編)

    転職サイトを眺めていても、自分の条件に合う求人票が見つからない……。医師人材紹介会社には、時折このような相談が寄せられます。しかし、実際には難しい条件でも転職を実現できたケースは少なくありません。医師人材紹介会社のコンサルタントが医療機関と条件交渉をすることで、求人票とは違った待遇が認められる場合があるのです。交渉の余地がある条件とは、どんなものなのか。また、どのようにして医療機関と交渉するのか。経験豊富なコンサルタントに聞きました。

  • 履歴書・応募・面接

    医師も不採用に?面接官は医師のここを見ている―医師面接のいろは【前編】

    「医師の転職は圧倒的な売り手市場。書類さえ通れば不採用になることは少ない」「面接は顔見せのようなもの」というイメージは、一昔前のもの。人気病院への転職や、好待遇での転職となると、面接の結果次第で不採用通知を受けるケースも珍しくありません。今回は、面接時に注目されやすいポイントについて、前後編に分けて取り上げます。

  • 履歴書・応募・面接

    医師が面接で気を付けるべきキラークエスチョン―医師の転職面接のいろは【後編】

    前編に引き続き、医師が転職面接時に注目されやすいポイントについて取り上げます。後編では、主に質問に焦点を当て、失敗しがちな受け答えなどを具体的にご紹介するほか、面接先との相性を探るために心掛けたいことを取り上げます。

  • 履歴書・応募・面接

    「漫然と見学」はNG 医師の転職、病院見学のチェックリスト

    医師や医学生が病院の内部や診療の様子を見学し、就職するか否かを検討する「病院見学」。求人票を見ただけ、評判を伝え聞いただけではわからない現場の雰囲気や他のスタッフの様子など実情を知ることで、入職後のミスマッチを減らす効果があります。

  • 履歴書・応募・面接

    転職で医師としての強みを伝えきるための「職務経歴書の書き方」

    履歴書と併せて提出を求められることがある職務経歴書。その名の通り、職務経歴について詳しく説明する文書です。今回は、職務経歴書に盛り込むべき項目、書き方のポイントを紹介します。

  • 履歴書・応募・面接

    医師が転職で心がけておきたい「履歴書の書き方」

    求職者の基本情報を端的にまとめた公的文書である、履歴書。転職では、面接で持参したり、郵送したりして医療機関に提出します。第一印象を大きく左右する書類だけに、誤解を与えないよう最低限のルールを守ることが肝心です。今回は、履歴書記載時の細かなルールやポイントを解説します。

  • 人気記事ランキング