1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. 転職ガイド
  4. 履歴書・応募・面接
  5. 転職時の条件交渉、希望を叶えるポイントは?―医師の転職カルテvol.18(前編)
履歴書・応募・面接

転職時の条件交渉、希望を叶えるポイントは?―医師の転職カルテvol.18(前編)

2020年3月31日

転職サイトを眺めていても、自分の条件に合う求人票が見つからない……。医師人材紹介会社には、時折このような相談が寄せられます。しかし、実際には難しい条件でも転職を実現できたケースは少なくありません。医師人材紹介会社のコンサルタントが医療機関と条件交渉をすることで、求人票とは違った待遇が認められる場合があるのです。交渉の余地がある条件とは、どんなものなのか。また、どのようにして医療機関と交渉するのか。経験豊富なコンサルタントに聞きました。

「これは無理だろう」と思う条件が叶う理由

例えば次のような転職の条件は、なかなか叶いにくいと思っていないでしょうか。

  1. 求人票に記載された金額以上の年収がほしい
  2. 当直やオンコールを免除してほしい
  3. 勤務日数が週3日などと少なくても、常勤として雇用してほしい
  4. 単身赴任になるため、引越費用や帰省時の交通費を医療機関側に負担してほしい
  5. 専門的な手技を維持するため、新たに医療機器を導入してほしい
  6. 健康上の事情に配慮してほしい(スロープの設置、専属クラークの配属など)
  7. 入職時期がどうしても1~2年くらい先になってしまう

しかし、実際にはこうした条件も医療機関が受け入れる場合があります。なぜでしょうか。 「医師の採用は医療機関にとってウェイトが大きい(重要度が高い)からにほかなりません。医療機関側が望む医師像とマッチングすれば、ある程度、柔軟に検討してもらえることは少なくないのです。コンサルタントとの交渉次第で、採用に前向きになる医療機関もあります」(コンサルタント)。

交渉しやすい医療機関は2パターン

コンサルタントによると、条件交渉の余地がある医療機関は2パターンに分けられるそうです。一つは、医師の採用に困っている医療機関です。 「自院の規定を変更してまで医師を迎えたいということは、それだけ採用が難航しているということです。逆にいうと、医師からの人気が高く、採用に困っていない医療機関は交渉が難しい傾向があります」 もう一つ、個別のニーズを持っている医療機関も、交渉がうまく進みやすいそうです。 「例えば、新たに診療科を立ち上げたい、特定の診療科の体制を強化したいといった医療機関があるとします。そうした重要なポジションを任せられる医師がいつもタイミングよく応募してくるとは限りません。医療機関のニーズと、医師のスキルや経歴がうまく合致した場合は、難しい条件でも検討してもらえるケースがあります」

また、医療機関の規模や経営母体などによっても、交渉のしやすさは変わってきます。 「小規模なクリニックは個人事業に近いため、理事長や院長の一存で求人の条件を変更してもらえる場合があります。それに対し、大きなグループ病院は組織としてのガバナンスが強く効いているため、交渉しにくいといえます。医療機関の規模が大きいほど、就業規則や他の医師とのバランスを考慮する必要があるためです。また、中小規模であっても公立病院は勤務条件がある程度一律に決まっており、融通が利きにくい傾向があります」

診療科や地域によっても交渉しやすさが変わる

ここからは、医師が求める条件ごとに、医療機関側の対応を見ていきます。

勤務時間や休日

時短勤務にしたい、週末は必ず休みたいといった条件は、「院内の人員調整でカバーできるか」によって、交渉の成否が分かれます。 「訪問診療は、他の医師と訪問件数を分担しやすいため、比較的、柔軟な勤務時間が認められます。病棟管理だけの勤務も、看護師などがカバーできる部分があるので、時短で働きやすいかもしれません。一方、透析管理など休日対応が多い診療科は、週末を休みたい希望は通りにくいといえます。小児科は、夕方に親と一緒に来る患者が多いため、時短勤務ができないことがあります」

引越費用や帰省時の交通費

転職に付随するこれらの費用を医療機関が全額負担するケースは、全国的に見えると多くはありません。しかし、地域によっては柔軟に対応してもらえるようです。 「医師不足が顕著な地域は、そうした経費を払ってでも医師を招聘したいという医療機関があります。また、東海地方のある県は、もともと遠方の大学から医師を受け入れてきた文化があり、高い交通費を出す傾向があります。交渉次第では、帰省費用なども医療機関に負担してもらえるかもしれません」

難しい交渉は、自分からの譲歩も必要

医療機器の導入

大型の医療機器は時に億単位の費用がかかります。しかし、医療機関側にとって導入を決めるポイントは金額よりも採算性。その機器の使用頻度や患者増の見込みを勘案して、十分に採算が取れると判断できれば、導入してもらえる可能性があります。ただし、条件がつくことも。 「医師が入職するので高額な医療機器を導入したのに、思いがけず退職してしまうケースもないではありません。医療機関によっては、入職後ある程度の期間が経ってから機器を購入します」

当直やオンコールの免除

医師数が限られている地域では、厳しい傾向があります。ただ、どうしても当直やオンコールに対応できない場合は、何らかの譲歩をすることで希望が叶う可能性があります。 「例えば、昼間のうちにカルテを丁寧に書いたり、週2回は遅番を引き受けたりして、他の医師に負担が行きすぎないようにするのです。他の医師とのバランスが崩れない働き方であれば、医療機関としても検討する気になるようです」

転職をお考えの先生へ

もしも先生が転職をお考えでしたら、エムスリーキャリアにお任せください。
先生が、最善の意思決定をできるようサポートしています。

転職活動はさまざまな事務作業が伴い、情報収集や、面接等のスケジュール調整、条件交渉などを個人で担うと負担が重くなります。これらはすべて、エムスリーキャリアのコンサルタントにお任せいただけます。

また、条件交渉では、先生から直接は言いにくいことをコンサルタントが代わりに伝えるため、精神的な負担も少なく済むかと思います。

転職をご検討中でしたら、ぜひご連絡ください。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連記事

  • その他

    自由診療領域の転職市場、コロナ禍で変化は?

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大以降、医師人材紹介会社への登録は増加傾向にあります。求職者から多い相談内容の1つとして挙げられているのが「自由診療領域」への転職です。コロナ禍において、自由診療領域の転職市場はどのような影響を受けているのでしょうか。

  • 転職データ集

    コロナ禍で冷え込んだ医師転職市場、回復の兆しも?

    コロナ禍の混乱が始まって約半年。2020年7~9月は感染がピークアウトし、徐々に日常生活を取り戻してきました。しかし、医師の転職市場はそう元通りとはいかず、地域や診療科によって異なる様相を示しています。今回編集部では、m3.comCAREERに寄せられたデータをもとに都道府県と各科の求人倍率と想定下限年収を集計。データから転職市場の冷え込み具合を可視化しました。また、コンサルタントには最新動向も聞き、冷え込みから回復の兆しが見えてことも分かりました。

  • 企業(産業医・MD・社医)

    コロナ禍で信頼される産業医になるには

    新型コロナウイルス感染症の影響により、オフィス環境ではオンライン化が急速に進み、産業保健業務にも一部変化が起こっています。訪問制限をはじめ、さまざまな制約がある中で、産業医の価値を発揮するのはどうしたらいいのでしょうか。中小企業を中心にサポートをしているOHサポート株式会社代表で産業医の今井鉄平先生に聞きました。(取材日:2020年8月19日)

  • 履歴書・応募・面接

    スキマ時間でオンライン面接 内定の決め手は?

    医師の採用面接において、オンライン面談・面接を取り入れる医療機関が少しずつ出てきています。中には、オンライン面接を経て内定を得た医師も。忙しい医師にとって、場所を選ばずに対応できるオンライン面談・面接は、大きなメリットがあります。

  • 履歴書・応募・面接

    高収入、勤務地…難しい条件交渉が叶った転職事例―医師の転職カルテvol.18(後編)

    高収入を得たい、当直は免除してほしい、時短でなければ働けない……それぞれの事情により、難しい条件で転職活動に臨む医師がいます。通常以上に医療機関側との交渉が必要になりますが、実際に希望を叶えた医師はいます。なぜ、それができたのでしょうか。後編では、人材紹介会社のコンサルタントがサポートした事例を紹介します。

  • 履歴書・応募・面接

    医師も不採用に?面接官は医師のここを見ている―医師面接のいろは【前編】

    「医師の転職は圧倒的な売り手市場。書類さえ通れば不採用になることは少ない」「面接は顔見せのようなもの」というイメージは、一昔前のもの。人気病院への転職や、好待遇での転職となると、面接の結果次第で不採用通知を受けるケースも珍しくありません。今回は、面接時に注目されやすいポイントについて、前後編に分けて取り上げます。

  • 履歴書・応募・面接

    医師が面接で気を付けるべきキラークエスチョン―医師の転職面接のいろは【後編】

    前編に引き続き、医師が転職面接時に注目されやすいポイントについて取り上げます。後編では、主に質問に焦点を当て、失敗しがちな受け答えなどを具体的にご紹介するほか、面接先との相性を探るために心掛けたいことを取り上げます。

  • 履歴書・応募・面接

    「漫然と見学」はNG 医師の転職、病院見学のチェックリスト

    医師や医学生が病院の内部や診療の様子を見学し、就職するか否かを検討する「病院見学」。求人票を見ただけ、評判を伝え聞いただけではわからない現場の雰囲気や他のスタッフの様子など実情を知ることで、入職後のミスマッチを減らす効果があります。

  • 履歴書・応募・面接

    転職で医師としての強みを伝えきるための「職務経歴書の書き方」

    履歴書と併せて提出を求められることがある職務経歴書。その名の通り、職務経歴について詳しく説明する文書です。今回は、職務経歴書に盛り込むべき項目、書き方のポイントを紹介します。

  • 履歴書・応募・面接

    医師が転職で心がけておきたい「履歴書の書き方」

    求職者の基本情報を端的にまとめた公的文書である、履歴書。転職では、面接で持参したり、郵送したりして医療機関に提出します。第一印象を大きく左右する書類だけに、誤解を与えないよう最低限のルールを守ることが肝心です。今回は、履歴書記載時の細かなルールやポイントを解説します。

  • 人気記事ランキング