1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. 転職ガイド
  4. 履歴書・応募・面接
  5. スキマ時間でオンライン面接 内定の決め手は? ―医師の転職カルテvol.20
履歴書・応募・面接

スキマ時間でオンライン面接 内定の決め手は? ―医師の転職カルテvol.20

2020年7月31日

医師の採用面接において、オンライン面談・面接を取り入れる医療機関が少しずつ出てきています。中には、オンライン面接を経て内定を得た医師も。忙しい医師にとって、場所を選ばずに対応できるオンライン面談・面接は、大きなメリットがあります。今回はオンライン面接の事例、オンライン面接を経験した医師や医療機関の声をご紹介します。

4月以降、オンライン面談・面接の相談がしやすくなっている

医師の転職活動は、一般的に次の流れで進んでいきます。

①  情報収集

②  応募

③  面接

④  入職前交渉

⑤  退職前交渉

参考記事:医師の転職活動期間、目安としてどのくらいかかる?

転職活動を進めるにあたり、意外と骨が折れるのが応募~面接のプロセスです。医師自身が休みを取りにくい、休みが取れたとしても医療機関とスケジュールが合わない……というように、思うように日程調整が進まないことが往々にしてあります。しかし、COVID-19流行の影響で、オンライン面談・面接を取り入れる医療機関が少しずつ出てきているため、その相談がしやすくなっているようです。

オンライン面談・面接のメリットはいくつかありますが、最大のメリットは面談・面接のために移動する必要がなく、場所を選ばずに行える点ではないでしょうか。2020年3~6月のオンライン面談・面接に対する医療機関、医師の考えについて、医師人材紹介会社のコンサルタントは次のように語ります。

「医療機関からは、2020年3月時点だと『オンラインで面談・面接するとは……?』と戸惑う反応が多かったのですが、緊急事態宣言が発令された4月以降は選択肢の1つにとらえ、話が進むことが増えたように感じます。 ただ、どの医療機関でも同じとは言えず、オンライン化の対応は二極化している印象を受けますね。小回りがきく小規模病院やクリニックは前向きに対応しています。ガバナンスが厳しい大規模な医療機関は消極的な傾向が見られましたが、少しずつ導入されています。

医師については、オンライン面談・面接をご提案すると『この状況ならオンラインの方がいいですね』と受け入れる先生が増えつつあります。逆に先生から『オンラインで対応していただくことは可能でしょうか』と相談をいただくこともあります。

双方に通じることですが、おそらく、オンライン会議システム、オンライン飲み会などが一般化していたこともあり、オンライン上で面談・面接するハードルが下がってきたのではないかと思われます」

参考記事:新型コロナ、医師転職への影響は?転職活動の進め方をコンサルタントが解説(後編)

事例:勤務後~当直までのスキマ時間を使って面接

次に、オンライン面接の実施後、内定を得た事例をご紹介します。

内科系専門医を取得予定の30代前半の女性医師。今年、一般企業に勤める方と入籍予定。現在は大学医局に所属しており、当直が月10~15回と多忙。先輩の女性医師が妊娠した際に、時短勤務を希望していたが医局に取り合ってもらえず、最終的にケンカ別れをしてしまったのを目の当たりにしていた。将来的に子どもが欲しいこともあり、結婚を機に、家庭に重きを置いた働き方にシフトしようと思い、転職活動を開始した。

転職で実現したいことはQOLの向上。未経験だが健診業務にあたりたいという希望を持っていた。数年後を見据えて、産休・育休制度が整っていること、院内保育があることも重視していた。

コンサルタントは医師の希望を聞いたときに、「専門医を取得しようとしていて臨床に熱心なのに、健診業務にシフトするのは本意でないのでは……?」と感じた。医師のキャリアの選択肢を狭めずにおける求人はないだろうかと思い、求人をいくつかピックアップした。そのうちの1つが、内科外来専従の求人を出していた総合病院だった。総合病院であれば、医師が専門医を取得した後、専門科目の外来でも経験を積める可能性があるとも考えていた。院内託児所もあり、産休取得・復帰の実績もあるところだった。 医療機関側に匿名で医師を紹介したところ、「ぜひ面接に来てください」と話が進んだ。しかし、医師が多忙で平日休みもなかなか取れないことから、オンライン面接を提案。医療機関からの了承も得られたので、医師の退勤~当直までのスキマ時間に、勤務先の個室でスマートフォンにイヤフォンを使って実施することになった。

面接は、オンライン会議システムを利用。全員が揃ってから、医師が「今日はよろしくお願いします」とご挨拶をしてスタート。医師も、医療機関も、オンライン面接は初めてだったため、「時代の流れを感じますね」と雑談から始まり、和やかな雰囲気で面接が進んでいった。 医師は事前に質問したいことをピックアップしていたため、やり取りがスムーズだった。面接担当者として女性の内科部長が同席し、「子育てを考えると不安よね」と医師の気持ちに寄り添う言葉をかけていた。入職したら求めたいこと、想定される働き方、基本的に部長自身が面倒を見て、他にどのような先生がカバーしてくれるか、など具体的な話をしてくれた。

面接後、双方から「オンラインでも思った以上に人柄や雰囲気がわかる」との感想が漏れた。内科部長の人柄が好印象だったこともあり、医師からは院内託児所の見学を希望する前向きな反応。医療機関からは、医師の挨拶、受け答え、言葉使いなどから一般常識や人間性などがわかったと同じく好印象を抱いていた。医療機関の「スキルよりも人間性を重視したい。それがクリアできれば内定を出したい」という意向もあり、面接後に内定が出た。

まずは面談でオンライン経験を

医師の採用面接で少しずつ「オンライン化」が進みつつある現状を、コンサルタントは次のように語ります。

「実は私も、最初はオンライン化に懐疑的でした。実際に会うことで、信頼感が得られるし、相手の空気感もわかると思っていたんです。けれども、オンラインでの面談や面接を経験してみて、思った以上に情報量を得られることがわかりました。例えば、人柄やマナーについては、面談・面接を定刻通りに始められるか、言葉遣いは丁寧か。興味・関心の高さは、画面越しにメモをとっているか、事前に聞きたいことをまとめて臨んでいるか……といった面から把握することができます。

講習会や勉強会はオンライン上で開催されることが増えてきていて、そのメリットを実感している方もいらっしゃるでしょう。とはいえ、いきなり面接をオンラインでするのは戸惑いも大きいと思います。まずは面談でオンラインを経験してみてはいかがでしょうか。一度体験することで、オンライン面接への不安や抵抗感も薄れるのではないかと思います。オンラインでのやりとりが選択肢に入ることで、これまで以上に話を聞く機会が増え、転職活動にも広がりがでるのではないでしょうか」

転職をお考えの先生へ

もしも先生が転職をお考えでしたら、エムスリーキャリアにお任せください。
先生が、最善の意思決定をできるようサポートしています。

転職活動はさまざまな事務作業が伴い、情報収集や、面接等のスケジュール調整、条件交渉などを個人で担うと負担が重くなります。これらはすべて、エムスリーキャリアのコンサルタントにお任せいただけます。

また、条件交渉では、先生から直接は言いにくいことをコンサルタントが代わりに伝えるため、精神的な負担も少なく済むかと思います。

転職をご検討中でしたら、ぜひご連絡ください。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連記事

  • 企業(産業医・MD・社医)

    コロナ禍で信頼される産業医になるには

    新型コロナウイルス感染症の影響により、オフィス環境ではオンライン化が急速に進み、産業保健業務にも一部変化が起こっています。訪問制限をはじめ、さまざまな制約がある中で、産業医の価値を発揮するのはどうしたらいいのでしょうか。中小企業を中心にサポートをしているOHサポート株式会社代表で産業医の今井鉄平先生に聞きました。(取材日:2020年8月19日)

  • 企業(産業医・MD・社医)

    産業医は、経営者の参謀役になれ

    新型コロナウイルス感染症により、仕事や生活インフラのオンライン化が進み、産業保健業務にも一部影響が及んでいます。今回はコロナ禍の労働環境を整理しながらwithコロナ時代の産業医に求められるスキルやマインドを、中小企業を中心にサポートするOHサポート株式会社代表で産業医の今井鉄平先生に聞きました。(取材日:2020年8月19日)

  • 年収アップ

    年収アップの転職、30代・40代・50代でどう変わる?

    医師の転職理由のひとつに挙げられる「年収」。年収アップできた医師の転職には、どのような特徴があるのでしょうか。今回は人材紹介会社を利用した転職事例から、年収アップのポイントを年齢別に紐解きます。

  • 履歴書・応募・面接

    高収入、勤務地…難しい条件交渉が叶った転職事例―医師の転職カルテvol.18(後編)

    高収入を得たい、当直は免除してほしい、時短でなければ働けない……それぞれの事情により、難しい条件で転職活動に臨む医師がいます。通常以上に医療機関側との交渉が必要になりますが、実際に希望を叶えた医師はいます。なぜ、それができたのでしょうか。後編では、人材紹介会社のコンサルタントがサポートした事例を紹介します。

  • 履歴書・応募・面接

    転職時の条件交渉、希望を叶えるポイントは?―医師の転職カルテvol.18(前編)

    転職サイトを眺めていても、自分の条件に合う求人票が見つからない……。医師人材紹介会社には、時折このような相談が寄せられます。しかし、実際には難しい条件でも転職を実現できたケースは少なくありません。医師人材紹介会社のコンサルタントが医療機関と条件交渉をすることで、求人票とは違った待遇が認められる場合があるのです。交渉の余地がある条件とは、どんなものなのか。また、どのようにして医療機関と交渉するのか。経験豊富なコンサルタントに聞きました。

  • 履歴書・応募・面接

    医師も不採用に?面接官は医師のここを見ている―医師面接のいろは【前編】

    「医師の転職は圧倒的な売り手市場。書類さえ通れば不採用になることは少ない」「面接は顔見せのようなもの」というイメージは、一昔前のもの。人気病院への転職や、好待遇での転職となると、面接の結果次第で不採用通知を受けるケースも珍しくありません。今回は、面接時に注目されやすいポイントについて、前後編に分けて取り上げます。

  • 履歴書・応募・面接

    医師が面接で気を付けるべきキラークエスチョン―医師の転職面接のいろは【後編】

    前編に引き続き、医師が転職面接時に注目されやすいポイントについて取り上げます。後編では、主に質問に焦点を当て、失敗しがちな受け答えなどを具体的にご紹介するほか、面接先との相性を探るために心掛けたいことを取り上げます。

  • 履歴書・応募・面接

    「漫然と見学」はNG 医師の転職、病院見学のチェックリスト

    医師や医学生が病院の内部や診療の様子を見学し、就職するか否かを検討する「病院見学」。求人票を見ただけ、評判を伝え聞いただけではわからない現場の雰囲気や他のスタッフの様子など実情を知ることで、入職後のミスマッチを減らす効果があります。

  • 履歴書・応募・面接

    転職で医師としての強みを伝えきるための「職務経歴書の書き方」

    履歴書と併せて提出を求められることがある職務経歴書。その名の通り、職務経歴について詳しく説明する文書です。今回は、職務経歴書に盛り込むべき項目、書き方のポイントを紹介します。

  • 履歴書・応募・面接

    医師が転職で心がけておきたい「履歴書の書き方」

    求職者の基本情報を端的にまとめた公的文書である、履歴書。転職では、面接で持参したり、郵送したりして医療機関に提出します。第一印象を大きく左右する書類だけに、誤解を与えないよう最低限のルールを守ることが肝心です。今回は、履歴書記載時の細かなルールやポイントを解説します。

  • 人気記事ランキング