1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. 転職ガイド
  4. 履歴書・応募・面接
  5. 転職で医師としての強みを伝えきるための「職務経歴書の書き方」
履歴書・応募・面接

転職で医師としての強みを伝えきるための「職務経歴書の書き方」

2017年11月30日

履歴書と併せて提出を求められることがある職務経歴書。その名の通り、職務経歴について詳しく説明する文書です。すべての医療機関で求められるわけではありませんが、これまで従事してきた職務内容、習得した知識やスキル、果たしてきた役割など、履歴書には書ききれなかった「強み」をより具体的にアピールすることができるため、書類選考通過の大きな判断材料になりえます。今回は、職務経歴書に盛り込むべき項目、書き方のポイントを紹介します。

作成前に押さえるべきポイント

履歴書のように、決められたフォーマットはありません。だからこそ、レイアウト、文字の大きさや強弱など、「見やすさ」に気を配って作成することが重要。字間・行間を詰めすぎず、余白をつくるよう意識しましょう。手書きよりも編集・修正がしやすく、採用担当者も読みやすいため、パソコンで作成することを推奨します。文字の大きさは10.5~12ポイント、2ページ以内にまとめましょう。

【1】標題

何の文書か明記するために、「職務経歴書」という標題を最上部中央に記載します。説明の文章と差別化を図るためにも、文字のポイント数を大きくしたり、太字にしたり、見やすさを意識しましょう。

【2】日付

日付は原則として、文書郵送の場合は投函日、持参の場合は持参日になります。年号は西暦でも元号でも構いませんが、履歴書と統一させる必要があります。

【3】職務要約

これまでの職歴、習得したスキルを200~300字で簡潔にまとめます。在職中の場合は、現職での業務内容にも触れましょう。

【4】職務経歴詳細

「勤務期間」「勤務先の医療機関・法人名」「担当科目」「職位」「担当症例・疾患」などを記載します。担当症例・疾患は、どのくらい担当してきたかわかるように、数字も明記しましょう。事実に基づく客観的な判断材料になるため、採用担当者もこれまでのキャリアがイメージしやすくなります。

また、記載内容・項目ともに多くなってしまった場合は、図表を用いるなどして情報を整理しましょう。冒頭に数字を振ったり、大文字、太文字、下線を用いたり、■や●などの装飾を付けたり、<  >【  】などで囲むなど、見せ方を工夫しましょう。

【5】保有資格

取得年月順に箇条書きで記載します。医師免許・医籍番号はもちろん、専門医・指導医資格などもあれば記入します。履歴書に書ききれなかった免許・資格があれば、職務経歴書で補足しましょう。

【6】所属学会

資格同様、取得した順に箇条書きします。役職があれば、併せて記載しましょう。

【7】主な研究内容、論文等

研究内容、論文発表は文字量が多く、職務経歴書を読みにくくすることが懸念されます。多くて書ききれない場合は、別紙に記載しましょう。

【8】自己PR

職務要約・経歴詳細で書ききれなかったこと、担当プロジェクトなど業務を通じて活躍したことを300文字程度でまとめましょう。また、医療に対する考え方や姿勢を盛り込むことで、「人柄」「治療方針」などが伝わりやすくなります。複数の医療機関を受ける際は、できる限り使い回すことを避け、その医療機関ならではの内容を記載して、説得力を高めましょう。

最終確認はしっかりと

職務経歴書を書くことで、これまでのキャリアはもちろん、自身の長所や価値に気付き、整理することができます。とはいえ、自分で書いたものの良し悪しはなかなか判断しにくいもの。情報整理されたレイアウトか、読みやすいか、誤字や脱字はないか、提出前に家族や友人に添削してもらいましょう。

面接は、履歴書や職務経歴書の記載内容に基づいて質問されるケースが大半。記載内容を忘れてしまったり、矛盾するような応答をしたりしないよう、完成した書類はコピーしておきましょう。面接前に内容確認できるほか、他の医療機関へ応募・提出する際にも参考になります。

職務経歴書提出前に確認すべき項目

  • 経験した業務内容を漏れなく記載したか。
  • 業務内容や成果に誇張している部分はないか。
  • 職務要約、自己PR欄が長すぎていないか。
  • 書式・レイアウトは見やすいか。
  • 資格取得年月に間違いはないか。
  • 誤字、脱字はないか。
  • 面接準備のために、職務経歴書のコピーは取ったか。

エムスリーキャリアは、より多くの選択肢を提供します

先生方が転職をする理由はさまざまです。

  • 現状のキャリアや働き方へのご不安・ご不満
  • ご家庭の事情や、ご自身の体力面などの事情
  • キャリアアップ、新しいことへの挑戦
  • 夢の実現に向けた準備

など、多様なニーズに応えるために、エムスリーキャリアでは全国から1万件以上の求人を預かり、コンサルタントは常に医療界のトレンド情報を収集。より多くの選択肢を提供し、医師が納得のいく転職を実現しています。

転職すべきかどうかも含め、ご相談を承っています。

この記事の関連キーワード

  1. 転職ガイド
  2. 履歴書・応募・面接
【記事特集】医師の転職カルテ
キャリアの悩みに、コンサルタントが答えました


・いつ、どうやって転職したらいいのかわからない
・新たな環境で働きたいが、不安
・育児や介護、持病との両立はできる?

【詳しくはこちらから】

この記事の関連記事

  • その他

    開業医に迫る「コロナ閉院」で勤務医へ

    新型コロナによる収入減は、医師も他人事ではありません。中でも開業医は建物・設備の固定費、スタッフの人件費に多大な費用がかかるため、コロナ禍の経営難を機に閉院し、勤務医に戻るという人が出てきています。閉院という開業医最後の大仕事を全うしつつ、転職活動を進めるにはどうしたらいいのか――。今回は医師人材紹介会社を活用して、開業医から勤務医に転職した事例をご紹介します。

  • アルバイト(非常勤・スポット)

    バイト先が決まらない!採用ハードルが急上昇

    COVID-19流行以降、医師の定期非常勤市場は大きく変化しています。以前はすぐに内定が出ていた医師でも、書類選考を通過しないことも……採用される医師・されない医師の違い、買い手市場で内定を得るためのコツをお伝えします。

  • その他

    自由診療領域の転職市場、コロナ禍で変化は?

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大以降、医師人材紹介会社への登録は増加傾向にあります。求職者から多い相談内容の1つとして挙げられているのが「自由診療領域」への転職です。コロナ禍において、自由診療領域の転職市場はどのような影響を受けているのでしょうか。

  • 履歴書・応募・面接

    スキマ時間でオンライン面接 内定の決め手は?

    医師の採用面接において、オンライン面談・面接を取り入れる医療機関が少しずつ出てきています。中には、オンライン面接を経て内定を得た医師も。忙しい医師にとって、場所を選ばずに対応できるオンライン面談・面接は、大きなメリットがあります。

  • 履歴書・応募・面接

    高収入、勤務地…難しい条件交渉が叶った転職事例―医師の転職カルテvol.18(後編)

    高収入を得たい、当直は免除してほしい、時短でなければ働けない……それぞれの事情により、難しい条件で転職活動に臨む医師がいます。通常以上に医療機関側との交渉が必要になりますが、実際に希望を叶えた医師はいます。なぜ、それができたのでしょうか。後編では、人材紹介会社のコンサルタントがサポートした事例を紹介します。

  • 履歴書・応募・面接

    転職時の条件交渉、希望を叶えるポイントは?―医師の転職カルテvol.18(前編)

    転職サイトを眺めていても、自分の条件に合う求人票が見つからない……。医師人材紹介会社には、時折このような相談が寄せられます。しかし、実際には難しい条件でも転職を実現できたケースは少なくありません。医師人材紹介会社のコンサルタントが医療機関と条件交渉をすることで、求人票とは違った待遇が認められる場合があるのです。交渉の余地がある条件とは、どんなものなのか。また、どのようにして医療機関と交渉するのか。経験豊富なコンサルタントに聞きました。

  • 履歴書・応募・面接

    医師も不採用に?面接官は医師のここを見ている―医師面接のいろは【前編】

    「医師の転職は圧倒的な売り手市場。書類さえ通れば不採用になることは少ない」「面接は顔見せのようなもの」というイメージは、一昔前のもの。人気病院への転職や、好待遇での転職となると、面接の結果次第で不採用通知を受けるケースも珍しくありません。今回は、面接時に注目されやすいポイントについて、前後編に分けて取り上げます。

  • 履歴書・応募・面接

    医師が面接で気を付けるべきキラークエスチョン―医師の転職面接のいろは【後編】

    前編に引き続き、医師が転職面接時に注目されやすいポイントについて取り上げます。後編では、主に質問に焦点を当て、失敗しがちな受け答えなどを具体的にご紹介するほか、面接先との相性を探るために心掛けたいことを取り上げます。

  • 履歴書・応募・面接

    「漫然と見学」はNG 医師の転職、病院見学のチェックリスト

    医師や医学生が病院の内部や診療の様子を見学し、就職するか否かを検討する「病院見学」。求人票を見ただけ、評判を伝え聞いただけではわからない現場の雰囲気や他のスタッフの様子など実情を知ることで、入職後のミスマッチを減らす効果があります。

  • 履歴書・応募・面接

    医師が転職で心がけておきたい「履歴書の書き方」

    求職者の基本情報を端的にまとめた公的文書である、履歴書。転職では、面接で持参したり、郵送したりして医療機関に提出します。第一印象を大きく左右する書類だけに、誤解を与えないよう最低限のルールを守ることが肝心です。今回は、履歴書記載時の細かなルールやポイントを解説します。

  • 人気記事ランキング