1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. 転職ガイド
  4. 求人探し
  5. 「公開求人」と「非公開求人」の違いとは?
求人探し

「公開求人」と「非公開求人」の違いとは?

2018年12月5日

転職活動をしていると良く目にするのが、「公開求人」と「非公開求人」というキーワード。今回は、それぞれの違いを解説します。

自分で探し出す「公開求人」

%e3%81%af%e3%81%a6%e3%81%aa04公開求人とは、医療機関名や募集内容、待遇などがオープンになっている求人のこと。医療機関のホームページや転職サイトなどで探し出せるので、情報収集は簡単ですし、応募する場合、紹介会社を介さずに医療機関とやり取りをするので、自己アピールや交渉力に自信のある医師は、好条件を引き出せる可能性があるでしょう。

一方、公開求人を軸に情報収集をする際に注意しなければならないのは、情報量の多さ。日々、新たな公開求人が各地で生まれていますし、医療機関によって求人の情報量にもバラつきがあるので、取捨選択が難しくなりがちな点については注意が必要です。

そのほか自己応募の場合、忙しい業務の合間を縫って面接の日程調整や、条件交渉なども自力で行わなければならず、手間が大きいという声も。また、問い合わせ時には自らの名前を明かすことが前提となるため、内密に転職活動を進めたい場合には、公開求人への問い合わせも慎重になった方がよい場合もあります。

紹介会社に問い合わせる「非公開求人」

一方、非公開求人とは、医療機関がさまざまな事情から医療機関名や雇用条件を一般公開していない求人で、多くの場合、紹介会社が情報を保有しています。
医療機関側が求人を公開しない理由はさまざまで、たとえば「医師の退職に伴う急募のため求人を出している暇がない」「募集の背景が新センター立ち上げなど医療機関の経営状態に関することなので、明かしたくない」「好条件のため現職の医師に求人の存在を知られたくない」などが挙げられます。これらの背景もあって、非公開求人には、役職付きや高年俸といった好条件の案件が多いのも特徴です。

非公開求人の情報収集は、紹介会社に相談するところから始まります。希望条件やこれまでの経歴を踏まえて、マッチする案件があれば、コンサルタントが非公開求人を見つくろってくれるため、転職にかかる労力はわずかで済むのもメリットと言えます。たとえ完全にマッチする求人がなかったとしても、専門性の高い紹介会社であれば、医師の専門性を理解し、医療機関に採用のメリットを働きかけて求人をつくりだしてくれることもあるので、とりあえず相談してみるというのも手です。

ただし、紹介会社を利用する際に注意しておきたいのは、紹介会社によって保有する求人数や、コンサルタントの質にバラつきが大きいこと。複数社に登録してみて、相性の合うところを見極めてもよいでしょう。

【医師の常勤求人一覧はこちら】
東京都
北海道
愛知県
大阪府
福岡県

エムスリーキャリアで転職した医師の約90%が「非公開求人」を利用!

全国の医療機関と太いパイプのあるエムスリーキャリアは、非公開求人による紹介が強みの一つ。

医療界の動向に精通したコンサルタントが医療機関と交渉し、医師の希望に合った非公開求人を作り出します。

M3キャリアで転職した医師の約90%は、非公開求人でマッチングしています。「病院内に研究機関をつくりたい」「チームで転籍したい」などといった難しい条件を実現した実績もあります。

この記事の関連キーワード

  1. 転職ガイド
  2. 求人探し

この記事の関連記事

  • 企業(産業医・MD・社医)

    コロナ禍で信頼される産業医になるには

    新型コロナウイルス感染症の影響により、オフィス環境ではオンライン化が急速に進み、産業保健業務にも一部変化が起こっています。訪問制限をはじめ、さまざまな制約がある中で、産業医の価値を発揮するのはどうしたらいいのでしょうか。中小企業を中心にサポートをしているOHサポート株式会社代表で産業医の今井鉄平先生に聞きました。(取材日:2020年8月19日)

  • 企業(産業医・MD・社医)

    産業医は、経営者の参謀役になれ

    新型コロナウイルス感染症により、仕事や生活インフラのオンライン化が進み、産業保健業務にも一部影響が及んでいます。今回はコロナ禍の労働環境を整理しながらwithコロナ時代の産業医に求められるスキルやマインドを、中小企業を中心にサポートするOHサポート株式会社代表で産業医の今井鉄平先生に聞きました。(取材日:2020年8月19日)

  • 年収アップ

    年収アップの転職、30代・40代・50代でどう変わる?

    医師の転職理由のひとつに挙げられる「年収」。年収アップできた医師の転職には、どのような特徴があるのでしょうか。今回は人材紹介会社を利用した転職事例から、年収アップのポイントを年齢別に紐解きます。

  • 履歴書・応募・面接

    スキマ時間でオンライン面接 内定の決め手は?

    医師の採用面接において、オンライン面談・面接を取り入れる医療機関が少しずつ出てきています。中には、オンライン面接を経て内定を得た医師も。忙しい医師にとって、場所を選ばずに対応できるオンライン面談・面接は、大きなメリットがあります。

  • 求人探し

    転職を急ぐ医師がはまる落とし穴とは?―コンサルタントとの初面談レポ2

    転職支援サービスへの登録後に行われるコンサルタント面談に同席し、その様子をレポートする本シリーズ。第2回は、求人探しで失敗しないための方法についてです。

  • 求人探し

    転職検討中…コンサルタントとの初面談レポ1

    転職支援サービスの利用が医師の間で広がる一方で、利用したことのない医師にはサービス内容をイメージしにくいかもしれません。エムスリーキャリアのサービス登録後に行われるコンサルタント面談に同席し、その様子を全3回でレポートします。

  • 求人探し

    本当に安全? 医師人材紹介会社の見極め方

    全国に300社ほどあるとみられる医師人材紹介会社(以下、紹介会社)。利用時には、「個人情報の取り扱いが気になる」「本当に無料で利用できるのか分からない」「無理に転職を勧められるのではないか」などと、不安に思う医師も多いようです。今回は、信頼できる紹介会社の選ぶための最低限のポイントについて解説します。

  • 求人探し

    医師転職支援サービスが「無料」の理由

    医師人材紹介会社は、求人の提案や面接日の調整、条件交渉といったサポートを無料で提供しています。なぜ無料でサービスが提供できるのか、その背景について解説します。

  • 求人探し

    好条件求人が生まれる理由とは

    転職では誰もが好条件の求人を探すもの。しかし、「その求人がなぜ生まれたのか」を理解しておかないと、入職後にミスマッチに見舞われることもあります。今回は、求人を見分ける上で知っておきたい、好条件求人が生まれる主な理由について解説します。

  • 求人探し

    医師求人、3つの探し方のメリット・デメリット

    医師の転職活動スタイルは、以前に比べてスタイルが多様化し、求人の情報収集にもいくつかの方法が出てきました。それぞれの求人の探し方について、メリット、デメリットを解説します。

  • 人気記事ランキング