1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. 転職ガイド
  4. 年収アップ
  5. インセンティブ手当とは?医師の歩合給のポイント
年収アップ

インセンティブ手当とは?医師の歩合給のポイント

2017年12月1日
インセンティブ手当とは?医師の歩合給のポイント

インセンティブ手当とは、外来のコマ数や手術数など、実績に応じて医師の収入を変動させる歩合制の給与体系のこと。クリニックや外科系科目など、出来高で売上が上がる診療形態を取っている医療機関を中心に、導入が進んでいる。

インセンティブ手当のメリットとデメリットとは

インセンティブ手当を取り入れることで医療機関側にとっては、売り上げに応じて給与を支給できるため効率化的であるほか、医師にとっては実績に応じて給与が支払われる分モチベーションが高まりやすい、透明性が高いというメリットがある。

一方、外来コマ数や手術数をこなすほど給与が増える分、過重医療を招くのではといった懸念もあり、導入には慎重論も。過剰医療に至る懸念も考慮して、患者へのアンケートなども取り入れることで医療の質とのバランスを取る医療機関もあるので、転職時は法人の方針なども把握し、自身の診療ポリシーとの兼ね合いも考えながら入職可否を検討したい。

インセンティブ手当を導入しやすい医療機関とは

前述の通り、インセンティブ手当を導入し易いのは、外来コマ数によって売上が変動するクリニックや、出来高点数が稼げる外科系科目。外来患者数、手術数、診療報酬点数など、どの指標と連動させてインセンティブ手当を支給するかは科目や医療機関によってさまざまだが、自身の診療方針とも照らし合わせて、納得感のある給与体系の医療機関を探し出せれば、モチベーションを保ちながら、高収入を得ることも可能と言える。

インセンティブ手当に対する医師の意見

エムスリーキャリア編集部が医師にアンケート調査を行ったところ、インセンティブ手当に対する医師の認識は以下の通り。

なお、調査概要は以下の通り。
・調査方法:m3.com会員の医師にWEBアンケートを実施
・回答期間:2015年5月23日―27日 回答:2238人(内訳:内科系1159人、外科系850人、その他229人)

出来高制を「導入すべき」または「どちらかと言えば導入すべき」と回答したのは全体の48.5%。「働く医者と働かない医者が同じ給料ではやってられない」(40代、産婦人科)、「モチベーションの一つになると考えるから」(30代、整形外科)などの声が挙がっている。

一方、「導入すべきではない」または「どちらかと言えば導入すべきではない」と答えたのは、21.5%。「患者数などで出来高制を導入されると1人に時間がかかる患者を避ける傾向が出るのではないか?」(50代、耳鼻咽喉科)、「利益を念頭におきながらの診療は、臨床現場の各場面において(手術適応等)判断を歪める可能性が大きいと考える」(30代、形成外科)などのコメントが寄せられている。

科目別に回答の内訳をみると、特に外科系では56.7%と過半数が出来高制賛成派で、特に救急科(66.7%)、整形外科(62.2%)、産婦人科(59.8%)、一般外科(57.8%)が高い結果に。一方、内科系における賛成派の割合は43.3%と、外科系に比べれば低いものの、反対派(25.3%)を大きく上回る結果となっている。

従来の価値観に とらわれない働き方をしたい先生へ

先生の「やりたい」を叶えるためには、従来の働き方のままでは難しいとお悩みではありませんか。

  • 医師業と、自分のやりたいことを兼業したい
  • 病院・クリニック以外で医師免許を生かして働きたい

もし上記のようなお考えをお持ちでしたら、エムスリーキャリアのコンサルタントにご相談ください。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. 転職ガイド
  2. 年収アップ
【記事特集】医師の転職カルテ
キャリアの悩みに、コンサルタントが答えました


・いつ、どうやって転職したらいいのかわからない
・新たな環境で働きたいが、不安
・育児や介護、持病との両立はできる?

【詳しくはこちらから】

この記事の関連記事

  • その他

    開業医に迫る「コロナ閉院」で勤務医へ

    新型コロナによる収入減は、医師も他人事ではありません。中でも開業医は建物・設備の固定費、スタッフの人件費に多大な費用がかかるため、コロナ禍の経営難を機に閉院し、勤務医に戻るという人が出てきています。閉院という開業医最後の大仕事を全うしつつ、転職活動を進めるにはどうしたらいいのか――。今回は医師人材紹介会社を活用して、開業医から勤務医に転職した事例をご紹介します。

  • アルバイト(非常勤・スポット)

    バイト先が決まらない!採用ハードルが急上昇

    COVID-19流行以降、医師の定期非常勤市場は大きく変化しています。以前はすぐに内定が出ていた医師でも、書類選考を通過しないことも……採用される医師・されない医師の違い、買い手市場で内定を得るためのコツをお伝えします。

  • その他

    自由診療領域の転職市場、コロナ禍で変化は?

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大以降、医師人材紹介会社への登録は増加傾向にあります。求職者から多い相談内容の1つとして挙げられているのが「自由診療領域」への転職です。コロナ禍において、自由診療領域の転職市場はどのような影響を受けているのでしょうか。

  • 転職データ集

    コロナ禍で冷え込んだ医師転職市場、回復の兆しも?

    コロナ禍の混乱が始まって約半年。2020年7~9月は感染がピークアウトし、徐々に日常生活を取り戻してきました。しかし、医師の転職市場はそう元通りとはいかず、地域や診療科によって異なる様相を示しています。今回編集部では、m3.comCAREERに寄せられたデータをもとに都道府県と各科の求人倍率と想定下限年収を集計。データから転職市場の冷え込み具合を可視化しました。また、コンサルタントには最新動向も聞き、冷え込みから回復の兆しが見えてことも分かりました。

  • 企業(産業医・MD・社医)

    コロナ禍で信頼される産業医になるには

    新型コロナウイルス感染症の影響により、オフィス環境ではオンライン化が急速に進み、産業保健業務にも一部変化が起こっています。訪問制限をはじめ、さまざまな制約がある中で、産業医の価値を発揮するのはどうしたらいいのでしょうか。中小企業を中心にサポートをしているOHサポート株式会社代表で産業医の今井鉄平先生に聞きました。(取材日:2020年8月19日)

  • 企業(産業医・MD・社医)

    産業医は、経営者の参謀役になれ

    新型コロナウイルス感染症により、仕事や生活インフラのオンライン化が進み、産業保健業務にも一部影響が及んでいます。今回はコロナ禍の労働環境を整理しながらwithコロナ時代の産業医に求められるスキルやマインドを、中小企業を中心にサポートするOHサポート株式会社代表で産業医の今井鉄平先生に聞きました。(取材日:2020年8月19日)

  • 年収アップ

    年収アップの転職、30代・40代・50代でどう変わる?

    医師の転職理由のひとつに挙げられる「年収」。年収アップできた医師の転職には、どのような特徴があるのでしょうか。今回は人材紹介会社を利用した転職事例から、年収アップのポイントを年齢別に紐解きます。

  • 年収アップ

    定期非常勤アルバイトで収入を高めるためのポイントとは?

    医師にとって、安定的な収入源となる定期非常勤のアルバイト。今回は、収入増加策という視点から、効果的な求人の探し方を解説します。

  • 年収アップ

    医師が転職で収入を増やすポイントとは?

    医師が年収を増やすためには、昇給・昇格に値する実績を積む、思い切って転職するなどの方法があります。転職をする場合、事前に知っておきたいのが、転職先で確実に年収を増やせる見込みがあるかということ。今回は、転職を視野に入れて年収を増やせる方法を考察します。

  • 年収アップ

    医師がスポットアルバイトで効率的に収入を高めるポイントとは?

    常勤先を持ちながらもスポットアルバイトで臨時収入を得られるのは、医師という職業の大きな特徴。今回は、効率的なスポットアルバイト活用術について、考察します。

  • 人気記事ランキング