1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. 転職ガイド
  4. 年収アップ
  5. インセンティブ手当とは?医師の歩合給のポイント
年収アップ

インセンティブ手当とは?医師の歩合給のポイント

2017年12月1日
インセンティブ手当とは?医師の歩合給のポイント

インセンティブ手当とは、外来のコマ数や手術数など、実績に応じて医師の収入を変動させる歩合制の給与体系のこと。クリニックや外科系科目など、出来高で売上が上がる診療形態を取っている医療機関を中心に、導入が進んでいる。

インセンティブ手当のメリットとデメリットとは

インセンティブ手当を取り入れることで医療機関側にとっては、売り上げに応じて給与を支給できるため効率化的であるほか、医師にとっては実績に応じて給与が支払われる分モチベーションが高まりやすい、透明性が高いというメリットがある。

一方、外来コマ数や手術数をこなすほど給与が増える分、過重医療を招くのではといった懸念もあり、導入には慎重論も。過剰医療に至る懸念も考慮して、患者へのアンケートなども取り入れることで医療の質とのバランスを取る医療機関もあるので、転職時は法人の方針なども把握し、自身の診療ポリシーとの兼ね合いも考えながら入職可否を検討したい。

インセンティブ手当を導入しやすい医療機関とは

前述の通り、インセンティブ手当を導入し易いのは、外来コマ数によって売上が変動するクリニックや、出来高点数が稼げる外科系科目。外来患者数、手術数、診療報酬点数など、どの指標と連動させてインセンティブ手当を支給するかは科目や医療機関によってさまざまだが、自身の診療方針とも照らし合わせて、納得感のある給与体系の医療機関を探し出せれば、モチベーションを保ちながら、高収入を得ることも可能と言える。

インセンティブ手当に対する医師の意見

エムスリーキャリア編集部が医師にアンケート調査を行ったところ、インセンティブ手当に対する医師の認識は以下の通り。

なお、調査概要は以下の通り。
・調査方法:m3.com会員の医師にWEBアンケートを実施
・回答期間:2015年5月23日―27日 回答:2238人(内訳:内科系1159人、外科系850人、その他229人)

出来高制を「導入すべき」または「どちらかと言えば導入すべき」と回答したのは全体の48.5%。「働く医者と働かない医者が同じ給料ではやってられない」(40代、産婦人科)、「モチベーションの一つになると考えるから」(30代、整形外科)などの声が挙がっている。

一方、「導入すべきではない」または「どちらかと言えば導入すべきではない」と答えたのは、21.5%。「患者数などで出来高制を導入されると1人に時間がかかる患者を避ける傾向が出るのではないか?」(50代、耳鼻咽喉科)、「利益を念頭におきながらの診療は、臨床現場の各場面において(手術適応等)判断を歪める可能性が大きいと考える」(30代、形成外科)などのコメントが寄せられている。

科目別に回答の内訳をみると、特に外科系では56.7%と過半数が出来高制賛成派で、特に救急科(66.7%)、整形外科(62.2%)、産婦人科(59.8%)、一般外科(57.8%)が高い結果に。一方、内科系における賛成派の割合は43.3%と、外科系に比べれば低いものの、反対派(25.3%)を大きく上回る結果となっている。

従来の価値観に とらわれない働き方をしたい先生へ

先生の「やりたい」を叶えるためには、従来の働き方のままでは難しいとお悩みではありませんか。

  • 医師業と、自分のやりたいことを兼業したい
  • 病院・クリニック以外で医師免許を生かして働きたい

もし上記のようなお考えをお持ちでしたら、エムスリーキャリアのコンサルタントにご相談ください。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. 転職ガイド
  2. 年収アップ

この記事の関連記事

  • その他

    新型コロナ、医師転職への影響は?転職活動の進め方をコンサルタントが解説(後編)

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大は、医師の転職市場にどのような影響を及ぼしているのでしょうか。後編では、医師の転職活動でも取り入れられてきている「オンライン面談・面接」の事例、実際にオンラインで対応する場合のポイントを解説します。

  • その他

    新型コロナ、医師転職への影響は?転職活動の進め方をコンサルタントが解説(前編)

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大により、医師の転職市場はどのような影響を受けているのでしょうか。この時期、転職活動を開始するか悩んでいる医師へ、医師専門のコンサルタントが転職活動の進め方をアドバイスします。

  • 企業(産業医・MD・社医)

    withコロナ時代の産業医に、必要な心構えとは―Dr尾林の産業医ガイド(7)

    新型コロナウイルス感染症が猛威を振るっています。みなさんが所属されている産業医先においても、少なくない企業でリモートワークが導入されていることでしょう。導入当初はコロナ時代に適した作業環境である、との楽観的な見方が大勢を占めていましたが、長期化の様相を呈し始めた昨今では、変化が見られます。withコロナ時代において、われわれ産業医が留意すべきポイントについてまとめました。

  • 転職データ集

    40・50代医師の転職、満足度を左右するのは?

    豊富な臨床スキル・経験を有し、医師としてキャリアの絶頂期を迎える40~50代。一方で、体力低下や子どもの進学、介護といったライフイベントをふまえて今後の働き方を見つめ直すターニングポイントでもあるようです。転職時にはどのような点を重視しているのかアンケート調査の結果をもとに見ていきます。

  • その他

    「採用内定を辞退したい…」どうする?―コンサルタントとの初面談レポ3

    医師専門のキャリアコンサルタントと、転職を希望する医師の初回面談に密着したシリーズの3回目は、面談“後”に着目。エムスリーキャリアのキャリアコンサルタント・野村紗欧里さんにインタビューし、医療機関との面接やその後でどのようなサポートが行われているのか伺いました。

  • 転職の準備

    転職を急ぐ医師がはまる落とし穴とは?―コンサルタントとの初面談レポ2

    転職支援サービスへの登録後に行われるコンサルタント面談に同席し、その様子をレポートする本シリーズ。第2回は、求人探しで失敗しないための方法についてです。

  • 転職の準備

    転職検討中…コンサルタントとの初面談レポ1

    転職支援サービスの利用が医師の間で広がる一方で、利用したことのない医師にはサービス内容をイメージしにくいかもしれません。エムスリーキャリアのサービス登録後に行われるコンサルタント面談に同席し、その様子を全3回でレポートします。

  • 年収アップ

    定期非常勤アルバイトで収入を高めるためのポイントとは?

    医師にとって、安定的な収入源となる定期非常勤のアルバイト。今回は、収入増加策という視点から、効果的な求人の探し方を解説します。

  • 年収アップ

    医師が転職で収入を増やすポイントとは?

    医師が年収を増やすためには、昇給・昇格に値する実績を積む、思い切って転職するなどの方法があります。転職をする場合、事前に知っておきたいのが、転職先で確実に年収を増やせる見込みがあるかということ。今回は、転職を視野に入れて年収を増やせる方法を考察します。

  • 年収アップ

    医師がスポットアルバイトで効率的に収入を高めるポイントとは?

    常勤先を持ちながらもスポットアルバイトで臨時収入を得られるのは、医師という職業の大きな特徴。今回は、効率的なスポットアルバイト活用術について、考察します。

  • 人気記事ランキング