1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. 転職ガイド
  4. 年収アップ
  5. 医師が転職で収入を増やすポイントとは?
年収アップ

医師が転職で収入を増やすポイントとは?

2018年12月1日

医師が年収を増やすためには、昇給・昇格に値する実績を積む、思い切って転職するなどの方法があります。転職をする場合、事前に知っておきたいのが、転職先で確実に年収を増やせる見込みがあるかということ。今回は、転職を視野に入れて年収アップを目指す方法を考察します。

医師の高年収ボーダーライン「年収1800万円」を実現させる3つの方法

医師05一般的に、医師の給与水準は経験年数に従って上昇します。診療科目やエリア、病院種別によりバラつきはあるものの、卒後しばらくは一定の幅で上昇し、10 年目あたりで1000万~1500万円。15 年目あたりからは役職を持ち始めることで1500万~ 1800万円に至る、というのが一つの目安です。

厳密な定義はありませんが、医師の中で“高収入”と判断されるのは、所得税率が変わる「1800万円以上」であることが多いようです。実際に年収1800万円以上を実現しているのは、役職を持っていたり、診療科においてエース級の活躍をしていたりするなど、限られた一部の医師と言えますが、転職市場の動向を見ると、高収入が出やすい医療機関には傾向があるのも事実。中には、次の3つの傾向を押さえ、転職を通じて高収入を実現している医師もいます。


(1)民間病院に転職する

  • 雇用条件が比較的柔軟なため、条件交渉がしやすく、高年収がかないやすい
  • 前職の現収入をもとに入職後の給与を設定するところも多く、年収アップが図りやすい

特に、小規模の医療機関は収益を人件費にまわしやすいため、年収をあげやすいとされています。手術やリハビリによる出来高点数が稼げる外科系科目では、インセンティブ給など、弾力性のある給与を提示しやすい傾向にあります。外来患者数、手術数、診療報酬点数など、どの指標と連動させてインセンティブ給を支給するかは科目や医療機関によってさまざまですが、自身の診療方針とも照らし合わせて、納得感のある給与体系の医療機関を探し出せれば、モチベーションを保ちながら、高収入を得ることができます。また、夏から秋にかけては、転職活動をしている医師が少ないため、条件交渉もしやすいそうです。


(2)医師不足の地域は雇用条件も柔軟な傾向

  • 医師の定着を図るために、年収面以外の希望条件もかなえやすい
  • 交通の便があまり良くない場合、送迎やタクシー代を支給してくれるケースもある
  • 単身赴任の場合、福利厚生が充実しているところもある
  • (住宅補助がある、自宅に帰るための交通費を負担するなど)

医師不足地域には、勤務医を確保するために、年収はもちろん、それ以外の勤務体系についても高条件で募集している求人が多く存在します。特に地方の場合、一律の就業規則で医師の待遇を整備していることの多い都市部に比べ、1 人ひとりの医師の希望をかなえることで、医師の定着を図る法人も多いのが特徴です。上記のような福利厚生のほか、学会加入費・交通費の扱いなどによっても、金銭的余裕は変わってくるため、入職前には綿密に条件を詰めておきたいところです。


(3)医療業界のニーズが高い領域に取り組む

  • 診療報酬で優遇措置が取られている領域は、相場以上の年収が出る可能性もある

2025年に向かって医療機能分化が推し進められる現在、診療報酬で優遇措置が取られているような領域は、求人も増加傾向にあります。一時期よりも沈静化しているものの、在宅医療等の領域では特にこの傾向が強く見られました。

もちろん、診療報酬等での優遇措置も一過性のものである可能性はあるため、収入だけではなく、長期的なキャリアプランを見据えて挑戦することが大切ですが、診療報酬改定の動向を見ながら、今後ニーズが高まる分野にも診療の幅を広げることで、年収増につなげることも可能と言えるでしょう。

定期非常勤先を見直す、スポットアルバイトを活用するという方法も

このほか、常勤先を変えると言う判断が難しいという場合も、安定な収入が得られる定期非常勤先を見つけたり、人手不足となる年末年始や大型連休を狙ってスポットアルバイトをしたりすれば、当然収入は増やせます。
しかし、無理は禁物です。労働時間が増えてしまうので、本来の常勤業務や身体に支障のない範囲で、自分なりに“収入をつくる”方法を確保しましょう。

「自分の価値」を評価してくれる環境をいかに見つけるか

このように、常勤医が年収を増やすにはいくつかの方法がありますが、共通して言えるのは、「確実に自分を求めている医療機関で働くことができれば、高収入につながる」ということ。エリア、スキル、時間帯など、自分自身が医療提供することで何かしら付加価値がつくのであれば、結果として年収アップにつながるはずです。なぜ年収を増やしたいのか、そのためにはどのような働き方をすべきか。まずはそこから考えてみてはいかがでしょうか。


【医師の常勤求人一覧はこちら】

東京都北海道愛知県大阪府福岡県

収入アップが必要な先生へ

収入アップが必要なご事情も踏まえ、転職すべきかどうかや、どのような求人があるかをご案内できます。

特に、以下のようなご事情を抱えていらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。

「奨学金等を早く返済したい」
「子どものために収入を確保しておきたい」
「頑張っている分をもっと評価してほしい」
「将来の夢のために資金が必要」

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. 転職ガイド
  2. 年収アップ

この記事の関連記事

  • その他

    新型コロナ、医師転職への影響は?転職活動の進め方をコンサルタントが解説(後編)

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大は、医師の転職市場にどのような影響を及ぼしているのでしょうか。後編では、医師の転職活動でも取り入れられてきている「オンライン面談・面接」の事例、実際にオンラインで対応する場合のポイントを解説します。

  • その他

    新型コロナ、医師転職への影響は?転職活動の進め方をコンサルタントが解説(前編)

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大により、医師の転職市場はどのような影響を受けているのでしょうか。この時期、転職活動を開始するか悩んでいる医師へ、医師専門のコンサルタントが転職活動の進め方をアドバイスします。

  • 企業(産業医・MD・社医)

    withコロナ時代の産業医に、必要な心構えとは―Dr尾林の産業医ガイド(7)

    新型コロナウイルス感染症が猛威を振るっています。みなさんが所属されている産業医先においても、少なくない企業でリモートワークが導入されていることでしょう。導入当初はコロナ時代に適した作業環境である、との楽観的な見方が大勢を占めていましたが、長期化の様相を呈し始めた昨今では、変化が見られます。withコロナ時代において、われわれ産業医が留意すべきポイントについてまとめました。

  • 転職データ集

    40・50代医師の転職、満足度を左右するのは?

    豊富な臨床スキル・経験を有し、医師としてキャリアの絶頂期を迎える40~50代。一方で、体力低下や子どもの進学、介護といったライフイベントをふまえて今後の働き方を見つめ直すターニングポイントでもあるようです。転職時にはどのような点を重視しているのかアンケート調査の結果をもとに見ていきます。

  • その他

    「採用内定を辞退したい…」どうする?―コンサルタントとの初面談レポ3

    医師専門のキャリアコンサルタントと、転職を希望する医師の初回面談に密着したシリーズの3回目は、面談“後”に着目。エムスリーキャリアのキャリアコンサルタント・野村紗欧里さんにインタビューし、医療機関との面接やその後でどのようなサポートが行われているのか伺いました。

  • 転職の準備

    転職を急ぐ医師がはまる落とし穴とは?―コンサルタントとの初面談レポ2

    転職支援サービスへの登録後に行われるコンサルタント面談に同席し、その様子をレポートする本シリーズ。第2回は、求人探しで失敗しないための方法についてです。

  • 転職の準備

    転職検討中…コンサルタントとの初面談レポ1

    転職支援サービスの利用が医師の間で広がる一方で、利用したことのない医師にはサービス内容をイメージしにくいかもしれません。エムスリーキャリアのサービス登録後に行われるコンサルタント面談に同席し、その様子を全3回でレポートします。

  • 年収アップ

    定期非常勤アルバイトで収入を高めるためのポイントとは?

    医師にとって、安定的な収入源となる定期非常勤のアルバイト。今回は、収入増加策という視点から、効果的な求人の探し方を解説します。

  • 年収アップ

    医師がスポットアルバイトで効率的に収入を高めるポイントとは?

    常勤先を持ちながらもスポットアルバイトで臨時収入を得られるのは、医師という職業の大きな特徴。今回は、効率的なスポットアルバイト活用術について、考察します。

  • 年収アップ

    インセンティブ手当とは?医師の歩合給のポイント

    クリニックや外科系科目など、出来高で売上が上がる診療形態を取っている医療機関を中心に、導入が進んでいるインセンティブ手当。賛否は?

  • 人気記事ランキング