1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. 病院経営・開業
  4. 経営・採用
  5. マネジメント力、不満が多いのはあの職場!―上長のマネジメント力評価アンケートvol.3
経営・採用

マネジメント力、不満が多いのはあの職場!―上長のマネジメント力評価アンケートvol.3

2021年4月22日

医師たちは、上長のマネジメント力をどのように評価しているのでしょうか。m3.com会員1519人に実施したアンケート調査結果を、年代や職場など属性別に紹介します。
※文中のデータは四捨五入したものです

マネジメントに最も不満を抱いている年代は

年代別に見てみると、「大いに満足している」「まあまあ満足している」の合計は、20代が69.1%で最も多く、続いて、30代が63.2%、60代以上が60.7%となっています。40代も54.2%と半数以上が満足していますが、唯一50代が46.8%と半数を割りました。
50代は、「かなり不満である」「やや不満である」の合計も17.0%と最も多いことから、50代は上長のマネジメント力に満足せず、不満を抱いている年代だということがわかります。自身もマネジメントをする機会が多い年代だからこそ、上長のマネジメントに不満を抱きやすいのかもしれません。

※数値は小数点第2位を四捨五入しているため、合計が100%にならない場合があります

また、診療科別では、循環器科、糖尿病科、内分泌科の順に満足度が高く、「大いに満足している」「まあまあ満足している」の合計はそれぞれ77.8%、69.0%、66.7%。逆に「かなり不満である」「やや不満である」の割合が多かったのは循環器内科、脳・神経科、眼科の順で、それぞれ22.7%、22.5%、18.9%です。

※数値は小数点第2位を四捨五入しているため、合計が100%にならない場合があります

病床規模が小さくなるほど、不満度が高まる?

職位別ではどうでしょう。上長からのマネジメントの機会が減る理事、院長クラスを除き、「満足」「不満」の割合に大きな差はありません。医員、医長、部長の各クラスで満足している層はそれぞれ56.9%、57.1%、54.3%と、過半数を占めました。不満がある層もそれぞれ15.3%、16.5%、18.0%と同程度の割合ではあるものの、職位が上がるにつれ不満を持つ割合がやや増えていくようです。

※数値は小数点第2位を四捨五入しているため、合計が100%にならない場合があります

職場タイプ別では、病院、クリニックは規模に関わらず、「満足」と回答した割合が過半数を占め、半数を割ったのは施設(老健、介護医療院等)の40.9%のみ。施設は医師数が1人の施設が多いことが影響しているのでしょうか。
一方で、「不満」の割合が最も高いのは病院(200床未満)に勤務する医師で19.9%、5人に1人が不満を持っています。病床規模が大きくなるにつれ、マネジメントの体制が整っていくのか、病院(201~399床)17.8%、病院(400床以上)13.0%と不満を持つ割合は少なくなります。

※数値は小数点第2位を四捨五入しているため、合計が100%にならない場合があります

先生の職場では、スタッフたちが上長のマネジメント力に満足していると感じますか。同診療科や同タイプの職場の傾向と、比較してみてはいかがでしょうか。

【調査概要】
期間:2021/1/28
対象医師:m3.com登録医師1519人
・年代内訳(20代=68、30代=250、40代=343、50代=481、60代以上=377)
・診療科内訳(内科一般=357、血液科=26、麻酔科=64、消化器内科=75、循環器内科=75、循環器科=9、循環器外科=17、消化器外科=38、耳鼻咽喉科=43、小児科=90、精神科=105、外科=98、放射線科=39、整形外科=84、産婦人科=39、呼吸器科=37、腎臓科=23、泌尿器科=36、皮膚科=30、脳・神経科=80、糖尿病科=29、内分泌科=6、眼科=37、その他=82)
・職位内訳(理事クラス=101、院長クラス(正副含む)=329、部長クラス=(正副含む)=383、医長クラス=261、医員クラス=445)
・職場タイプ内訳(病院:400床以上=484、病院:201~399床=320、病院:200床未満=320、クリニック=316、施設:老健、介護医療院等=22、その他=16)

【医師採用・無料オンラインセミナー】

医師採用をテーマにした、無料オンラインセミナーを定期開催しております。

「covid-19の影響で採用が進まない」「医師紹介会社を利用しているのに、なかなか面接に至らない」など、医師採用でのお悩みはございませんか。

医師採用を支援するエムスリーキャリアのコンサルタントが、最新の採用市場の動向や採用活動の進め方について実践的な内容をわかりやすくお伝えいたします。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、安全にご参加いただけるよう、Zoomアプリを利用してWebにて配信いたします。

この記事の関連キーワード

  1. 病院経営・開業
  2. 経営・採用

この記事の関連記事

  • 経営・採用

    医師が評価「うちの上司は〇〇ができない!」

    医師は上長に、どのようなマネジメント行動を求めているのでしょう。m3.com会員1519人が回答したアンケート調査をもとにランキング形式でまとめました。それぞれのマネジメント行動について、自身の上司が「実行できているか」「できていないか」の評価についても紹介します。

  • 経営・採用

    「全責任は部下に…」上司の衝撃マネジメント

    上長のマネジメント力をテーマに、m3.com会員1519人に実施したアンケート調査から、医師たちがマネジメントで不満を抱いたエピソードを紹介します。

  • 経営・採用

    コロナ対応も…上司からの感動マネジメント

    編集部では、m3.com会員に上長のマネジメント力についてのアンケート調査を実施しました。1519人の回答から、医師たちがマネジメントで感銘を受けたエピソードを紹介します。

  • 経営・採用

    安定志向と上昇志向どちらの医師と働きたい?

    m3.com会員医師1605人が回答した「究極の選択アンケート」。今回のテーマは志向性です。安定志向の医師と、上昇志向の医師なら、どちらと働きたいですか?

  • 経営・採用

    医師と他職種、どちらからの信頼を重視する?

    m3.com会員医師1605人が回答した「究極の選択アンケート」。今回は「医師からは信頼されるが、コメディカルからは嫌われる医師」と「コメディカルからは信頼されるが、医師からは嫌われる医師」の比較です。

  • 経営・採用

    体力ない若手vs体力ある70代 共に働くなら?

    m3.com会員医師1605人が回答した「究極の選択アンケート」から、“医師が欲しがる医師像”を探ります。今回のテーマは、一般的に中途入職で不利になりがちな高年齢。「〇〇に強い70代医師」と「〇〇に弱い30~40代医師」を比較してみました。

  • 経営・採用

    同僚医師へスキル以上に求めたい3つのこと

    「AとBの医師、どちらかを採用しなければならないとしたら、どちらを選びますか――?」。この「究極の選択アンケート」に医師1605人が回答しました。一緒に働きたい医師の資質として「スキルが高い」よりも評価が高かった3つのポイントをご紹介します。

  • 経営・採用

    高スキルVS協調性抜群 同僚にしたい医師は?

    AとBの医師、どちらかを採用しなければならないとしたら、どちらを選びますか――?この「究極の選択アンケート」に答えたのは、m3.com会員の医師1605人。「スキルは抜群だが、コミュニケーション力が乏しい医師」と「コミュニケーション力は抜群だが、スキルは乏しい医師」を比較したとき、どちらが選ばれる医師なのでしょうか。

  • 経営・採用

    医師定着への4ステップと、入職後3カ月間の対策ポイント

    近年、医療機関で注目を集めている「医師の定着支援」。入職した医師に対し、職場への定着をサポートすることで、高いパフォーマンスの発揮や、早期退職防止につながります。医療機関の医師定着を支援しているエムスリーキャリア・山本千尋氏によると、医師が定着するためには、入職前からの定期的な支援が必要です。

  • 経営・採用

    早期離職を防ぐには、入職“前”の〇〇が重要!

    「せっかく採用した医師が、もう辞めてしまう」「面接時に期待していたほどのパフォーマンスを発揮してもらえない」――。医師の採用について、こんな悩みを抱える医療機関は少なくないでしょう。医療機関の医師定着を支援するエムスリーキャリア・山本千尋氏は、「新任の医師が職場に早く溶け込み活躍するには、入職“前”からの対策が不可欠」と話します。

  • 人気記事ランキング