1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. 病院経営・開業
  4. 経営・採用
  5. 「全責任は部下に…」上司の衝撃マネジメント―上長のマネジメント力評価アンケートvol.2
経営・採用

「全責任は部下に…」上司の衝撃マネジメント―上長のマネジメント力評価アンケートvol.2

2021年4月15日

上長のマネジメント力をテーマに、m3.com会員1519人に実施したアンケート調査から、医師たちがマネジメントで不満を抱いたエピソードを紹介します。

医師の7人に1人が上長のマネジメントに不満

アンケート調査結果によると、上長のマネジメント力について「かなり不満である」医師は7.1%、「やや不満である」医師は6.8%となり、計14.0%、つまり7人に1人がマネジメントに不満を抱いていることがわかります。

上長のマネジメントについて不満を抱いたことがある医師たちから、さまざまなエピソードが集まりました。
※表記は一部編集している場合があります

「部下の手柄は自分のもの」「何も決められない」不満続々…

「上長なのに責任を取らない」という姿勢には、複数の不満が寄せられています。また、何も決められない」「他の科に強く言えない」という上長へは頼りなさを感じているようです。

責任感がない

  • すべての責任を部下のせいにし、部下の手柄をすべて自分のものにする(外科・30代)
  • 前の上司は自身の揉め事の時でさえ、絶対に出てきてくれませんでした(脳・神経科・50代)
  • 自分はとにかく責任をとらず「みんなで考えよう」と言う(小児科・50代)

リーダーシップ・決断力がない

  • 科を統率できていない(外科・50代)
  • 他科との調整が必要な場面において、声の大きな他科の人に対してあまり強く言えない(小児科・40代)
  • 何も決められない。当科に不利な提案であっても、拒否できない(内科一般・40代)

相談・報告がない、周囲の意見を聞かない

  • 希望を出してもなかなか通らない、上からの決定はギリギリで来る(外科・50代)
  • ほとんど、どの診療科についても、部長の意向をほとんど聞くことがなく、院長独自で決定がなされる(放射線科・40代)
  • いろんな会議や会合の日程を自分の診療科の都合で決める。採用にあたって相談なし(内科一般・60代以上)
  • 人の話を聞かない。会議の内容を記録に残さない(消化器内科・40代)
  • 報連相がひとつもできず一人で慌てている(麻酔科・30代)

「朝言ったことが、夕方には変わっている」

一度伝えられたことが覆るなど、方針が変わりやすい上長も少なくなさそうです。ほかにも「上司が休まないので、自分も休みを取りにくい」など、部下の労務管理の不十分さを指摘する声もありました。一方で、上長自身が勝手に休みをとることに不満を抱いている人もいます。

方針や意見が変わる

  • 方針がころころ変わる(循環器外科・50代)
  • 会議で決まったことを後から覆す(外科・50代)
  • 朝言ったことが、夕方には変わっている。優柔不断。問題を先送りにしてその問題が雪だるまのように大きくなっていることがしばしば。そのしりぬぐいをさせられる(消化器外科・50代)

経営・運営

  • 経営に関する感覚がまったくない(泌尿器科・60代以上)
  • 方針の何もかもが、金銭(増収)に結びついていること(内科一般・60代以上)
  • ビジョンなし(脳・神経科・40代)
  • 病院運営には無頓着で、看護部長の言いなり(泌尿器科・50代)
  • 会議で発言しない。自分の意見を持たない(消化器外科・50代)
  • 時に情に左右され、判断が遅れることがある(小児科・60代以上)
  • 売り上げや患者の評判を気にしすぎる。無駄な投資が多い(整形外科・50代)

労務管理が不十分

  • 上司が休まないので、休みを取りにくい。副業が認められているが、患者を任せていくことにいい顔をしない(血液科・40代)
  • 個人オーナー病院なので上長は理事長であるが、年休をとりにくいのが不満。昨年は3日間のみ。入職後の5年ほどは希望すればほぼ取得できたが、最近4年間は年休をリクエストすると露骨に嫌な表情を示すので取れない(精神科・50代)

休みがち

  • 勝手に休みを取る(整形外科・20代)
  • 院外講習の講師などで、不在になることが多い(糖尿病・60代以上)
  • 飼い犬の世話で仕事を休んだ(消化器内科・60代以上)

まるでパワハラ?指示通りにしても怒られる

理不尽に怒るなどパワハラのような態度に対する不満も挙がりました。

理不尽な態度

  • 機嫌によって態度は変わるし、自分で言ったことを忘れるのか指示通りやっても怒ることがある(眼科・30代)
  • 理不尽に怒ることがある(循環器内科・30代)
  • 基本的に語気が荒く伝わりにくい(麻酔科・40代)

仕事を引き受けない

  • 仕事の9割を小生にやらせる(麻酔科・50代)
  • コロナ診療は命令するだけで、自ら先頭に立ったりはしない。どこの施設もそうかもしれないが(循環器内科・50代)

人事

  • 理不尽なリストラ(小児科・50代)
  • 妻も医師(同じ大学の別医局)で、未就学児を2人抱えているにも関わらず、単身赴任を命ぜられそうになった(脳・神経科・30代)
  • 人事評価が不公平(脳・神経科・60代以上)

放任

  • 自分が詳しくないことは具体的に指示を出さない(その他・40代)
  • 任せきりすぎる(脳・神経科・60代以上)
  • 放任主義的(脳・神経科・50代)

上司に対する不満は、そのときは反論できずにぐっとこらえてたとしても、なかなか忘れられないもの…。皆さんの職場には、こんな上司はいないでしょうか?

【調査概要】
期間:2021/1/28
対象医師:m3.com登録医師1519人

【医師採用・無料オンラインセミナー】

医師採用をテーマにした、無料オンラインセミナーを定期開催しております。

「covid-19の影響で採用が進まない」「医師紹介会社を利用しているのに、なかなか面接に至らない」など、医師採用でのお悩みはございませんか。

医師採用を支援するエムスリーキャリアのコンサルタントが、最新の採用市場の動向や採用活動の進め方について実践的な内容をわかりやすくお伝えいたします。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、安全にご参加いただけるよう、Zoomアプリを利用してWebにて配信いたします。

この記事の関連キーワード

  1. 病院経営・開業
  2. 経営・採用

この記事の関連記事

  • 経営・採用

    医師が評価「うちの上司は〇〇ができない!」

    医師は上長に、どのようなマネジメント行動を求めているのでしょう。m3.com会員1519人が回答したアンケート調査をもとにランキング形式でまとめました。それぞれのマネジメント行動について、自身の上司が「実行できているか」「できていないか」の評価についても紹介します。

  • 経営・採用

    マネジメント力、不満が多いのはあの職場!

    医師たちは、上長のマネジメント力をどのように評価しているのでしょうか。m3.com会員1519人に実施したアンケート調査結果を、年代や職場など属性別に紹介します。

  • 経営・採用

    コロナ対応も…上司からの感動マネジメント

    編集部では、m3.com会員に上長のマネジメント力についてのアンケート調査を実施しました。1519人の回答から、医師たちがマネジメントで感銘を受けたエピソードを紹介します。

  • 経営・採用

    安定志向と上昇志向どちらの医師と働きたい?

    m3.com会員医師1605人が回答した「究極の選択アンケート」。今回のテーマは志向性です。安定志向の医師と、上昇志向の医師なら、どちらと働きたいですか?

  • 経営・採用

    医師と他職種、どちらからの信頼を重視する?

    m3.com会員医師1605人が回答した「究極の選択アンケート」。今回は「医師からは信頼されるが、コメディカルからは嫌われる医師」と「コメディカルからは信頼されるが、医師からは嫌われる医師」の比較です。

  • 経営・採用

    体力ない若手vs体力ある70代 共に働くなら?

    m3.com会員医師1605人が回答した「究極の選択アンケート」から、“医師が欲しがる医師像”を探ります。今回のテーマは、一般的に中途入職で不利になりがちな高年齢。「〇〇に強い70代医師」と「〇〇に弱い30~40代医師」を比較してみました。

  • 経営・採用

    同僚医師へスキル以上に求めたい3つのこと

    「AとBの医師、どちらかを採用しなければならないとしたら、どちらを選びますか――?」。この「究極の選択アンケート」に医師1605人が回答しました。一緒に働きたい医師の資質として「スキルが高い」よりも評価が高かった3つのポイントをご紹介します。

  • 経営・採用

    高スキルVS協調性抜群 同僚にしたい医師は?

    AとBの医師、どちらかを採用しなければならないとしたら、どちらを選びますか――?この「究極の選択アンケート」に答えたのは、m3.com会員の医師1605人。「スキルは抜群だが、コミュニケーション力が乏しい医師」と「コミュニケーション力は抜群だが、スキルは乏しい医師」を比較したとき、どちらが選ばれる医師なのでしょうか。

  • 経営・採用

    医師定着への4ステップと、入職後3カ月間の対策ポイント

    近年、医療機関で注目を集めている「医師の定着支援」。入職した医師に対し、職場への定着をサポートすることで、高いパフォーマンスの発揮や、早期退職防止につながります。医療機関の医師定着を支援しているエムスリーキャリア・山本千尋氏によると、医師が定着するためには、入職前からの定期的な支援が必要です。

  • 経営・採用

    早期離職を防ぐには、入職“前”の〇〇が重要!

    「せっかく採用した医師が、もう辞めてしまう」「面接時に期待していたほどのパフォーマンスを発揮してもらえない」――。医師の採用について、こんな悩みを抱える医療機関は少なくないでしょう。医療機関の医師定着を支援するエムスリーキャリア・山本千尋氏は、「新任の医師が職場に早く溶け込み活躍するには、入職“前”からの対策が不可欠」と話します。

  • 人気記事ランキング