1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. 転職ガイド
  4. 企業(産業医・MD・社医)
  5. 現場の産業医に実態を聞く【新日鐵住金】Vol.1―産業医キャリアを振り返って
企業(産業医・MD・社医)

現場の産業医に実態を聞く【新日鐵住金】Vol.1―産業医キャリアを振り返って

2014年2月12日

vol_1

社会情勢の変化や制度改正によって、働き方に大きな影響を受ける産業医。今回は、新日鐵住金株式会社・君津製鐵所の専属産業医で、産業医科大学出身者らで組織する産業医学推進研究会の会長や日本産業衛生学会産業医部会副部会長も務める宮本俊明先生に、これまでのキャリアについて振り返りながら、産業医を取り巻くこれまでの動向と、これからの課題を解説してもらいました。

産業医の資格制度もなかった“道なき道を行く”時代

―産業医科大学をご卒業後、当時の新日鐵の君津製鐵所に入社されたと伺いました。

製造所の産業医を見学して興味を持ったのがきっかけで、産業医科大学を卒業した1990年に当時の新日鐵に入社し、千葉労災病院で3年間の臨床研修を受けた後に君津製鐵所で産業医として働き始めました。

ただ、当時はまだ産業医資格も制度化されておらず、医師なら誰でも産業医になれた時代です。産業医経験を積んだ医師も少なかったので、産業医科大学であっても、産業医の専門性を教えるためのカリキュラムは今ほど整っていなかったように思います。

わたし自身、実際に産業医業務に従事するようになってからも、道なき道を行くような感覚で、「そもそも産業保健とは何か」「目の前の事象にどう対応すべきか」を先輩医師と議論したり、産業医科大学の同窓生に事例を聞いたりしながら、積み重ねていかなければなりませんでした。

「産業医」という言葉の認知度も低い状況でしたが、そうした環境が変わり、産業医の知名度が急激に上がったきっかけになったのが、1996年に行われた産業医の専門性の確保施策でした。

「産業医の意見に専門性と強制力を」

労使から独立した立場で、会社に対して意見できる医師として、産業医が専門資格化されたことはとても画期的な出来事でした。
働く人の健康診断や指導は、医師であれば誰でもできると思います。しかし、産業医はそれに加えて「こういう健康状態の人に、こんな働き方をさせてはいけない」という判断と理由を、企業に説明しなければいけません。その説明内容には、専門的な根拠とそれに従わせる強制力を持たせたかった。そのために行われた業務独占の専門資格化でした。

ただ、資格化されたあとも、産業医の存在意義が社会に浸透するには一定の期間を要しました。地域の医療機関の医師が、「この患者は職場復帰できる」と判断したのに、産業医が職場の周辺状況改善が未達成なことなどを理由に「待った」をかけたことで、主治医とトラブルになるような場面は、今より多かったように思います。
産業医という役割への理解促進を図り、地域の医療機関との連携体制を構築するためには、学会で産業医の関与が労働者の健康に及ぼす影響を地道に発表したり、地域の医療機関をまわって産業医の立場を説明したりすることも必要でした。

事業者の教育は産業医の仕事か

―産業医が資格化され、専門性と強制力が担保された一方で、その果たす役割についての浸透も進められてきたと。一方で、今日の産業保健の課題はどういうところにあると思いますか。

vol_2特に医師会の産業医有資格者の間でよく話題になるのは、「企業や事業者への教育は誰がすべきか」という問題ですね。
社員の健康管理にどこまで本腰を入れるかは、その企業の判断に依りますが、残念ながら、すべての企業が社員の健康保持のために高い意識を持っているわけではありません。

産業医を理解していない・活用できていない企業があり、社員の健康が脅かされてしまうとすれば、企業に健康対策の意義を誰かが教える必要が生じます。今は選任された産業医が地道に指導するしかないのですが、それは果たして産業医の仕事なのだろうかということです。かといって労働基準監督署の数名の監督官が、管内の膨大な数の企業をすべて点検するというのも、現実的ではないように思います。

特に、問題視されやすいのは中小企業の健康対策ですね。100人に1人の割合で起こる健康障害のリスクがあったとしても、小規模な企業だと、1人起こるか起こらないかのレアケースになりますから、現実味がないので具体的な対策につながりづらい。日本全体で見れば、大企業よりも、中小企業で働いている人の方が総和としては圧倒的に多いにもかかわらずです。
大企業であれば、産業医を配置する法的義務があるので、健康対策への一定の働き掛けは起こり得ますが、従業員50人未満の企業には、そもそもこうした配置義務もありません。医療機関の医師の目線で言うと、「目の前の患者に就業制限が必要」と判断しても、その患者の勤務先に連携の取れる産業医がいるのかどうか。中小企業の場合は患者に聞いてみても、よくわからないことがあるようです。

産業保健の分野ではさまざまな法整備も進められ、意欲的な先行事例も集まってきていますが、一方で、取り残されてしまっている部分への対応も、今後は行っていかなければならないと思います。

産業医としてのキャリアをご検討中の先生へ

エムスリーキャリアでは産業医専門の部署も設けて、産業医サービスを提供しています。

「産業医の実務経験がない」
「常勤で産業医をやりながら臨床の外勤をしたい」
「キャリアチェンジをしたいが、企業で働くイメージが持てない」

など、産業医として働くことに、不安や悩みをお持ちの先生もいらっしゃるかもしれません。

エムスリーキャリアには、企業への転職に精通したコンサルタントも在籍しています。企業で働くことのメリットやデメリットをしっかりお伝えし、先生がより良いキャリアを選択できるよう、多面的にサポートいたします。

【記事特集】医師の転職カルテ
キャリアの悩みに、コンサルタントが答えました


・いつ、どうやって転職したらいいのかわからない
・新たな環境で働きたいが、不安
・育児や介護、持病との両立はできる?

【詳しくはこちらから】

この記事の関連記事

  • 企業(産業医・MD・社医)

    コロナ禍で信頼される産業医になるには

    新型コロナウイルス感染症の影響により、オフィス環境ではオンライン化が急速に進み、産業保健業務にも一部変化が起こっています。訪問制限をはじめ、さまざまな制約がある中で、産業医の価値を発揮するのはどうしたらいいのでしょうか。中小企業を中心にサポートをしているOHサポート株式会社代表で産業医の今井鉄平先生に聞きました。(取材日:2020年8月19日)

  • 企業(産業医・MD・社医)

    産業医は、経営者の参謀役になれ

    新型コロナウイルス感染症により、仕事や生活インフラのオンライン化が進み、産業保健業務にも一部影響が及んでいます。今回はコロナ禍の労働環境を整理しながらwithコロナ時代の産業医に求められるスキルやマインドを、中小企業を中心にサポートするOHサポート株式会社代表で産業医の今井鉄平先生に聞きました。(取材日:2020年8月19日)

  • 企業(産業医・MD・社医)

    withコロナ時代の産業医に、必要な心構えとは―Dr尾林の産業医ガイド(7)

    新型コロナウイルス感染症が猛威を振るっています。みなさんが所属されている産業医先においても、少なくない企業でリモートワークが導入されていることでしょう。導入当初はコロナ時代に適した作業環境である、との楽観的な見方が大勢を占めていましたが、長期化の様相を呈し始めた昨今では、変化が見られます。withコロナ時代において、われわれ産業医が留意すべきポイントについてまとめました。

  • 企業(産業医・MD・社医)

    “名ばかり産業医”に終止符を―Dr尾林の産業医ガイド(6)

    これまでに、現在、そして、今後求められていくだろう産業医の姿について、わたしなりの経験と知見を含めてつづってきました。「そんなアプローチもあるのか」と共感いただいた方もいれば、「そこまで手間暇を掛けてするものだろうか」と疑問しか残らなかった方もいるかと思います。わたしがこの連載を通じてお伝えしたかったことは、「対価をいただいてする仕事だからこそ、皆から感謝され、それが自身のさらなるモチベーションにつながればいい」という一言に他なりません。試行錯誤して提示したヒントも多かった半面、ややスパイシーなメッセージも少なくなかったと感じています。おこがましくも、共感いただけた方にはなかなかに示唆に富んだ

  • 企業(産業医・MD・社医)

    ストレスチェック、その活用方法とは?―Dr尾林の産業医ガイド(5)

    「労働安全衛生法」が改正され、従業員が 50 人以上いる企業では、2015年12月から毎年1回、ストレスチェックを全ての従業員に対して実施することが義務付けられました(契約期間が1年未満の従業員、労働時間が通常の従業員の所定労働時間の4分の3未満の短時間労働者は、義務の対象外)。今回は、ストレスチェックをどのように開始し、その実施内容をどのように活かすべきかを前向きに考えてみましょう。

  • 企業(産業医・MD・社医)

    「この人はメンタル不調」SOSサインを積極的に掴む、3つの条件―Dr尾林の産業医ガイド(4)

    メンタル問題への対応で目指すべきはもちろん一次予防。ただ、現実的には三次予防の対応を行い、二次予防に目を光らすだけで、現場は手一杯なことでしょう。一次予防を諦めましょうと言うつもりは、もちろんありません。しかし、三次予防や二次予防を行うにあたり、工夫の余地がまだまだあるのも事実です。今回は、一次予防を目指すためにも、三次予防と二次予防に焦点を当て、わたし自身の経験からそのヒントをお話したいと思います。

  • 企業(産業医・MD・社医)

    その「仕事がつらい」は成長痛か、うつ病か―Dr尾林の産業医ガイド(3)

    「産業医という働き方には興味があるが、メンタルヘルスの問題に対応できるかは不安」――。そんな風にお悩みの先生は多いのではないでしょうか。今回は産業保健の現場にて、メンタル問題が生じ、面談業務を行う場面を想定した際の具体的な対応について、わたしの経験から得た診断スキームを示したいと思います。

  • 企業(産業医・MD・社医)

    「産業医といえば衛生委員会?」その誤解を解消します―Dr尾林の産業医ガイド(2)

    「衛生委員会に出席して、職場巡視して、最近だとメンタルの問題に対応するのが産業医の仕事でしょ?」――そんな風にお思いの先生方は多いかもしれません。これに対する答えは「正しいけれども、正しくない」です。特に衛生委員会のあり方については、まだまだ誤解がある印象を受けます。個々の業務の目的を理解し、しっかりと取り組むほどやりがいを感じられるのが産業医業務です。今回は、衛生委員会について触れてみたいと思います。

  • 企業(産業医・MD・社医)

    「産業医は楽で儲かる」は本当か? 現役産業医がお答えします―Dr尾林の産業医ガイド(1)

    わたしが産業医になって感じたのは、医師も企業も、産業医に対する理解・期待値が低いということ。臨床業務がないため、「資格さえ持っていれば、誰でもできる」と思われがちです。確かに、資格があれば産業医と名乗れます。しかし、現場から本当に求められている業務を実践できている産業医は、どのくらいいるでしょうか。今回は産業医の詳しい業務内容、わたしが思う産業医業務のやりがいについてお話していきたいと思います。

  • 企業(産業医・MD・社医)

    現場の産業医に実態を聞く【新日鐵住金】Vol.2―産業医のやりがい、難しさは?

    産業医のやりがい、難しさは?新日鐵住金株式会社・専属産業医の宮本俊明先生に聞きました。

  • 人気記事ランキング