1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. 転職Q&A
  4. その他
  5. 新型コロナウイルス流行下での医師の転職活動についてよくある質問
その他

新型コロナウイルス流行下での医師の転職活動についてよくある質問

2020年5月19日

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行下での医師の転職活動について、エムスリーキャリアが先生方からよくお受けする質問に、医師専門コンサルタントがお答えします。

Q. 新型コロナの流行は、医師の転職活動にどのような影響を及ぼしていますか?

A. 勤務先の環境の変化や不安感などを理由に、弊社の転職支援サービスに登録される先生は増えています。また、医師へのアンケート調査(※)によると、転職意向への影響は一定程度に収まっています。
転職意向がある595人のうち、コロナ流行後も転職時期が「変わらない」人は53.4%にのぼり、「早めようと考えた」人は13.8%、「延期を考えた」人は26.1%、「中止しようと考えた」人は6.7%いました。

一方で、医療機関は、感染拡大防止のために採用面接や病院見学を控えることが多い状況です。そのため、転職活動が長期化しやすい傾向にあります。
ただ、採用に積極的な医療機関の中には、ウェブ会議システムを活用したオンライン採用面接・面談をする施設も増えています。面接を控えている場合でも、依頼すればオンラインでの面接や面談を実施してもらえるケースがありますので、気になる施設があれば依頼してみた方がいいでしょう。
※2020年4月20日、医師を対象にエムスリーキャリアが実施したアンケート

Q. 医師の採用ニーズ(求人)はあるのでしょうか?

A. 常勤医師を採用したいニーズは、大きく変わっていません。医療機関アンケート調査(※)では、採用活動をしている担当者のうち87.8%が常勤医師の採用予定人数を「変わらない」と答えていますし、「増加した」という回答も6.6%ありました。採用ニーズはあるため、面接や病院見学ができる状況になれば、医療機関の採用活動が一気に動き出すと推測されます。
※エムスリーキャリアが2020年4月15日、医療機関の採用担当者を対象に実施(322人回答)

Q. 転職を検討し始めました。現在できる転職活動はあるのでしょうか?

A. もし、先生のお気持ちが「転職に関心があるが、まだ迷っている」という段階でしたら、医療機関の採用活動が活発化する前に、まずはご自身の転職へのお考えを整理し、本格的な転職活動に向けた準備を進めておくことをお勧めします。

例えば、転職市場の情報を集め、ご自身が働く上で重視することを整理したり、転職することのメリット・デメリットを考えたりすることなどが挙げられます。医療機関の採用活動が再度活発になったときに、ご自身の転職へのお気持ちや希望条件などが整理できていれば、転職活動をスムーズに始めやすくなると思います。

Q. 退職を決めているため、すぐに転職活動をしたいです。どうすればいいでしょうか?

A.  退職の意思が固い、入職したい時期が決まっているという先生へは、今からでも、求人のピックアップや医療機関へのアプローチを始めることをお勧めします。
新型コロナウイルス感染症の収束後は、しばらく停滞していた医療機関の採用活動が急速に活発になることが予想されます。そのため、内定獲得の競争率も急速に上がると思われます。内定を得るまでの期間が長期化している傾向もあるため、転職を決めているのであれば、早期に情報収集をして、転職活動を始めることが内定を得るためのカギとなります。

医療機関によっては、ウェブ会議システムを活用したオンライン面接をしているところもありますし、採用面接の実施は延期していても、求職中の医師とオンラインでの事前面談を進めているところもあります。事前面談をしておくことで、医療機関としてはすでに先生とお話をした上で本選考へ進めることになりますので、採用面接ができるようになった後、内定を出すまでのスピードが速くなることも期待できます。

また、先生方からの要望があれば、コンサルタントが医療機関に対して、採用活動の方法について交渉することもできますので、ぜひご相談ください。

Q. コロナが収まるまで、様子を見たほうがいいのではないですか?

A. 現在の市場としては、先生方や医療機関のお考えが、”afterコロナ”ではなく”withコロナ”に徐々に変化しており、転職・採用活動に動き出しています。

コロナの収束がいつになるか見通しが立たず、アメリカでは「1年近くは続く可能性があるのではないか」との見解もでています。 このままコロナの状況が大きく変わらないのであれば、これまで転職活動を控えられていた医師が、収束を待たずに一気に動き出し、充足となる医療機関が多くなる事も予想されるため、早いタイミングでの転職活動をお勧めします。

Q. オンライン面接がうまくできるのか、また、オンライン面接で医療機関のことが十分にわかるのか不安です。

A. 実際にオンライン面接をした先生方からは、「オンラインでも、対面とほぼ変わらずしっかり話ができた」「面接官の人柄や雰囲気が把握できた」という声をいただいております。一方で、「話すタイミングが難しい」「操作に不慣れなため緊張した」という面もあるようです。転職支援サービスを利用する場合は、担当コンサルタントとの面談で使ってみるなどして、操作方法に慣れておくことをお勧めします。また、オンライン面接の場合も、コンサルタントの同席を医療機関に交渉できますのでご安心ください。

初めてオンライン面接をした医療機関からも「医師の人柄や雰囲気が伝わってきた」などのポジティブな感想をいただいております。当初は1次面接をオンライン、2次面接は実際に会って行う予定だった医療機関が、オンライン面接を終えた時点で「経歴も意欲も申し分ない上、お人柄の良さが十分伝わってきた」と内定を提示した事例もあります。

Q. オンライン面接を受ける際の注意点はありますか?

A. まずはオンライン面接に使うツールを事前に確認し、操作しておきましょう。「本番になって使ってみたら作動しない」ということがないように、マイクやカメラチェックも行います。また、オンラインでも面接には変わりはありませんので、襟付きのシャツやジャケットを着用し、身だしなみを整えて臨みましょう。

カメラやディスプレイの性能によっては、相手に表情が伝わりにくいことがあるかもしれません。そのため、表情やリアクションは大きめにとることをお勧めします。また、直接の面接にも言えることですが、一方的に話し過ぎないように、相手の表情や反応を見ながら会話することを心がけましょう。

新型コロナウイルス関連記事

新型コロナ、医師転職への影響は?転職活動の進め方をコンサルタントが解説(前編)
新型コロナ、医師転職への影響は?転職活動の進め方をコンサルタントが解説(後編)

転職をお考えの先生へ

もしも先生が転職をお考えでしたら、エムスリーキャリアにお任せください。
先生が、最善の意思決定をできるようサポートしています。

転職活動はさまざまな事務作業が伴い、情報収集や、面接等のスケジュール調整、条件交渉などを個人で担うと負担が重くなります。これらはすべて、エムスリーキャリアのコンサルタントにお任せいただけます。

また、条件交渉では、先生から直接は言いにくいことをコンサルタントが代わりに伝えるため、精神的な負担も少なく済むかと思います。

転職をご検討中でしたら、ぜひご連絡ください。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. 転職Q&A
  2. その他

この記事の関連記事

  • 転職活動

    入職したいどれくらい前に転職活動始めるべき?

    初めて転職活動をする医師のためのQ&A。Q. 転職したい時期が決まっています。どれくらい前から転職活動を始めればいいのでしょうか。

  • 転職活動

    転職を迷い中。転職支援サービス利用していい?

    初めて転職活動をする医師のためのQ&A。Q.転職するかどうかまだ迷いがあります。転職支援サービスを利用したら、転職せざるを得なくなるのでしょうか。

  • 転職活動

    転職活動を職場に知られたくない!医師専門転職コンサルタントはどう助言する?

    「転職活動を勤務先に知られたくない……」と考える求職者は多いでしょう。実際に知られるケースは多くないものの、1割が不本意な形で知られてしまっている実態が、エムスリーキャリアの実施した医師アンケートで分かりました。 転職活動を職場に知られないようにするには、どのように対策すればいいか、医師転職専門のコンサルタントによるアドバイスを紹介します。

  • 転職活動

    医師人材紹介会社のよくある疑問Q&A

    医師が転職活動をするにあたり、求人探しの選択肢として「人材紹介会社(転職支援サービス)の利用」が挙げられます。しかしながら、利用したことのない医師にとっては情報も少なく、さまざまな疑問が浮かぶようです。今回は、人材紹介会社の転職サービス利用について多く寄せられる質問について、医師転職支援サービスを提供している、エムスリーキャリアのコンサルタントが回答・解説します。

  • 転職活動

    知人から転職の誘いを受けたら?知人紹介のギモン一問一答

    大学時代の教授や先輩、同期、元同僚などに誘われて転職する「知人紹介」は、医師のポピュラーな転職手段となっています。しかし、ルールなどがあるわけではなく、疑問が湧く場面も少なくありません。「誘われたけど、知人紹介って実際どうなの?」と考えている方向けに、一問一答形式でまとめました。

  • 転職活動

    知人紹介と人材紹介はどう違う?転職手段を比較する

    医師の転職手段のひとつでもある「知人紹介」。大学や職場の先輩・同期・同僚など、知り合い同士だからこそ話をスムーズに進められる反面、勤務条件の交渉などがしにくいなど、デメリットがあるのも事実。今回はさまざまな転職手段の中から、他者の仲介をはさむという共通項がある「知人紹介」と「人材紹介」を4つの観点で比較しました。

  • 転居を伴う転職

    転居を伴う転職で、医師が家族に配慮したいこと―医師の転職カルテvol.1

    医局人事で数年ごとの転勤が通例になっていたり、症例数を積むために遠方の医療機関に転職したりと、医師は転居の多い職業です。しかし、転居は医師自身だけでなく、家族にも大きな影響を与えます。円満にことが進むために配慮したいポイントを、医師紹介会社のコンサルタントが解説します。

  • 常勤・非常勤

    常勤か非常勤か 持つべき判断軸は?

    常勤医か、常勤先を持たない非常勤医として働くか―。ライフイベントなどをきっかけに、これまでの働き方を見直す医師は少なくありません。常勤と非常勤勤務、それぞれのメリット・デメリットを交えながら、実際にワークスタイルを変えた事例をご紹介します。

  • 転職活動

    「専門医資格を持っていないこと」は転職でどう評価される?

    新専門医制度の本格開始などもあり、医師の専門医に対する認識も変わりつつあります。新制度下においても「専門医の取得は義務ではない」とされている一方、専門医の維持にもコストや労力がかかる以上、転職市場において専門医の有無がどの程度重要視されるのかは、気になるポイントではないでしょうか。今回は、転職時に専門医資格がどの程度合否や待遇に影響を及ぼすのかという視点から、現在の傾向を考察します。

  • その他

    社会医療法人とは?通常の医療法人との違い、医師の転職・勤務先としての魅力を解説

    社会医療法人とは、「公益性の高い医療」の担い手として2007年の第5次医療法で定められた医療法人の類型の一つ。2017年10月1日時点で、日本全国288法人が社会医療法人として正式認可されている。事業内容の公益性に加え、医療計画上での支援を受けられることから経営体制への信頼感も高く、社会医療法人での勤務を望む医師は多い。

  • 人気記事ランキング