1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. 転職Q&A
  4. その他
  5. 社会医療法人とは?通常の医療法人との違い、医師の転職・勤務先としての魅力を解説
その他

社会医療法人とは?通常の医療法人との違い、医師の転職・勤務先としての魅力を解説

2017年11月28日
社会医療法人とは?医師の転職先・職場としての魅力を考える

社会医療法人とは、「公益性の高い医療」の担い手として2007年の第5次医療法で定められた医療法人の類型の一つ。2017年10月1日時点で、日本全国288法人が社会医療法人として正式認可されている。事業内容の公益性に加え、医療計画上での支援を受けられることから経営体制への信頼感も高く、社会医療法人での勤務を望む医師は多い。

社会医療法人の設立背景―自治体病院に代わって公益性の高い医療を

前提として、全国各地の医療提供体制を維持するためには、たとえ採算が合わなくても取り組まなくてはならない「公益性の高い医療」が存在する。社会医療法人を一口に言えば、自治体病院が取り組むようなこれらの「公益性の高い医療」の担い手として、お墨付きを得た民間の医療法人と言える。

【「公益性の高い医療」として位置づけられているもの】

  • 休日診療、夜間診療等の救急医療
  • 周産期医療を含む小児救急医療
  • へき地医療・離島医療
  • 重症難病患者への継続的な医療
  • 感染症患者への医療
  • 筋萎縮性側索硬化症(ALS)など継続的な在宅医療を必要とする患者への医療や、当該患者の療養環境を向上する活動
  • 災害医療
  • 精神救急医療
  • 心神喪失等で重大な加害行為を犯した者への医療および観察等に関する法律にもとづく指定医療機関が実施する医療
  • 患者の早期社会復帰につながる医療連携
  • 先進的な医療安全や疾病予防に取り組んでおり、患者や地域の医療機関に対し無償で相談助言・普及啓発する活動
  • 質の高い医療従事者の確保・育成に関する活動
  • 高度な医療技術を利用した研究開発を実施しており、その研究結果情報を患者や地域の医療機関に無償で提供する活動
  • 治療との有機的連携による治験(活動)など

従来、上記のような「公益性の高い医療」の担い手は各地の自治体病院だったが、赤字体質が指摘されて久しい自治体病院だけで上記のような医療の提供を存続させることが難しくなってきている。こうした中、自治体病院に代わって公益性の高い医療を担う法人として位置づけられているのが「社会医療法人」だ。国は、医療から介護、福祉に至る広範な医療を提供している医療法人を「社会医療法人」と認定して「公益性の高い医療」にも取り組んでもらうことで、地域医療存続を狙っている。

社会医療法人の特権とは?

社会医療法人として認定されるためには組織としての中立性を保つために、経営体制への要件(同一親族内での役員選出への制限など)や、公益性の高い医療に取り組むための医療提供体制の構築が求められるなど、かなりハードルの高い要件が設けられている。ただしその分、自治体病院に回されていた公費を投入されたり、税制上の優遇措置を受けられるようになったりするなど、メリットは大きい。また、ケアハウスや知的障害者施設など児童入所施設の設置・運営や身体障害者療護施設など障害者入所施設の設置・運営といった第1種社会福祉事業に加え、通常の医療法人では取り組めない「収益業務」(下記参照)にも取り組めるようになるなど、通常の医療法人では着手しづらい領域への進出も認められている。

厚生労働大臣の定める社会医療法人が行うことができる収益業務
第二条 収益業務の種類は、日本標準産業分類(平成十四年総務省告示第百三十九号)に定めるもののうち、次の各号に掲げるものとする。
一 農業
二 林業
三 漁業
四 製造業
五 情報通信業
六 運輸業
七 卸売・小売業
八 不動産業(「建物売買業、土地売買業」を除く。)
九 飲食店、宿泊業
十 医療、福祉(病院、診療所又は介護老人保健施設に係るもの及び医療法第四十二条
各号に掲げるものを除く。)
十一 教育、学習支援業
十二 複合サービス事業
十三 サービス業

社会医療法人が転職・勤務先として医師から人気を集めるわけ

先述の通り、社会医療法人には公益性の高い医療の提供が望まれている分、それを補うための数々の優遇措置が取られている。このことが、「公益性の高い医療を展開しており、かつ経営的にも安定している」というイメージにつながっており、転職先・勤務先としての社会医療法人の人気を高めている。

社会医療法人で働く医師の活躍事例

「乳がんへき地」をなくす!専門病院が思う、へき地・離島医療のあり方―相良 吉昭氏(社会医療法人博愛会相良病院)

国内初の特定領域がん診療連携拠点病院となった、鹿児島県の相良病院。県内の乳がん治療の8割を行うという圧倒的な治療実績を持っている。理事長を務める相良吉昭氏は、乳がん専門病院として、県内のへき地や離島に医師を派遣して「乳腺科特別診療外来」を開設。特定領域の専門医だからこそできる、地域医療への関わり方を探っている。

今後のキャリア形成に向けて情報収集したい先生へ

医師の転職支援サービスを提供しているエムスリーキャリアでは、直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん、「数年後のキャリアチェンジを視野に入れて情報収集をしたい」という先生からのご相談も承っています。

以下のような疑問に対し、キャリア形成の一助となる情報をお伝えします。

「どのような医師が評価されやすいか知りたい」
「数年後の年齢で、どのような選択肢があるかを知りたい」
「数年後に転居する予定で、転居先にどのような求人があるか知りたい」

当然ながら、当社サービスは転職を強制するものではありません。どうぞお気軽にご相談いただけますと幸いです。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. 転職Q&A
  2. その他

この記事の関連記事

  • その他

    新型コロナウイルス流行下での医師の転職活動についてよくある質問

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行下での医師の転職活動について、エムスリーキャリアが先生方からよくお受けする質問に、医師専門コンサルタントがお答えします。

  • 転職活動

    転職活動を職場に知られたくない!医師専門転職コンサルタントはどう助言する?

    「転職活動を勤務先に知られたくない……」と考える求職者は多いでしょう。実際に知られるケースは多くないものの、1割が不本意な形で知られてしまっている実態が、エムスリーキャリアの実施した医師アンケートで分かりました。 転職活動を職場に知られないようにするには、どのように対策すればいいか、医師転職専門のコンサルタントによるアドバイスを紹介します。

  • 転職活動

    医師人材紹介会社のよくある疑問Q&A

    医師が転職活動をするにあたり、求人探しの選択肢として「人材紹介会社(転職支援サービス)の利用」が挙げられます。しかしながら、利用したことのない医師にとっては情報も少なく、さまざまな疑問が浮かぶようです。今回は、人材紹介会社の転職サービス利用について多く寄せられる質問について、医師転職支援サービスを提供している、エムスリーキャリアのコンサルタントが回答・解説します。

  • 転職活動

    知人から転職の誘いを受けたら?知人紹介のギモン一問一答

    大学時代の教授や先輩、同期、元同僚などに誘われて転職する「知人紹介」は、医師のポピュラーな転職手段となっています。しかし、ルールなどがあるわけではなく、疑問が湧く場面も少なくありません。「誘われたけど、知人紹介って実際どうなの?」と考えている方向けに、一問一答形式でまとめました。

  • 転職活動

    知人紹介と人材紹介はどう違う?転職手段を比較する

    医師の転職手段のひとつでもある「知人紹介」。大学や職場の先輩・同期・同僚など、知り合い同士だからこそ話をスムーズに進められる反面、勤務条件の交渉などがしにくいなど、デメリットがあるのも事実。今回はさまざまな転職手段の中から、他者の仲介をはさむという共通項がある「知人紹介」と「人材紹介」を4つの観点で比較しました。

  • 常勤・非常勤

    常勤か非常勤か 持つべき判断軸は?

    常勤医か、常勤先を持たない非常勤医として働くか―。ライフイベントなどをきっかけに、これまでの働き方を見直す医師は少なくありません。常勤と非常勤勤務、それぞれのメリット・デメリットを交えながら、実際にワークスタイルを変えた事例をご紹介します。

  • 転職活動

    「専門医資格を持っていないこと」は転職でどう評価される?

    新専門医制度の本格開始などもあり、医師の専門医に対する認識も変わりつつあります。新制度下においても「専門医の取得は義務ではない」とされている一方、専門医の維持にもコストや労力がかかる以上、転職市場において専門医の有無がどの程度重要視されるのかは、気になるポイントではないでしょうか。今回は、転職時に専門医資格がどの程度合否や待遇に影響を及ぼすのかという視点から、現在の傾向を考察します。

  • 常勤・非常勤

    常勤医師と非常勤医師の違いとは?「32時間ルール」を読み解く

    32時間ルールとは、週の労働時間が32 時間未満の場合は非常勤医師としてカウントする方針のこと(厚生労働省医政局長通知「医療法第 25条第 1項の規定に基づく立入検査要綱」)。非常勤勤務となることで社会保険に加入しづらくなったり、自身で確定申告をしなければならなくなったりするため、それを敬遠して32時間以上働く(=常勤になる)ことを選ぶ医師もいる。

  • 地方で働く

    地方勤務希望の医師から人気が高いエリアは?

    医師人材紹介会社のコンサルタントに聞いた、医師から人気が高い地域とその理由について解説します。

  • 地方で働く

    医師が地方勤務を希望する理由とは?

    医師の中には、都市部を離れ、地方での勤務を選ぶ方もいます。彼らはどんな思いで地方へ渡り、どのようにキャリアを切り拓いていくのでしょうか。

  • 人気記事ランキング