1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. 転職Q&A
  4. 転職活動
  5. 医師人材紹介会社のよくある疑問Q&A
転職活動

医師人材紹介会社のよくある疑問Q&A

2019年5月30日

医師が転職活動をするにあたり、求人探しの選択肢として「人材紹介会社(転職支援サービス)の利用」が挙げられます。しかしながら、利用したことのない医師にとっては情報も少なく、さまざまな疑問が浮かぶようです。今回は、人材紹介会社の転職サービス利用について多く寄せられる質問について、医師転職支援サービスを提供している、エムスリーキャリアのコンサルタントが回答・解説します。

医師人材紹介会社に多く寄せられるQ&A

Q:「医師転職支援サービス」とは、具体的にどのようなサービスなのでしょうか。

A:医師専門の転職支援サービスです。医師のキャリアに精通した専門コンサルタントが、先生のご希望にあった求人をご提案しています。求人探し、求人へのご応募、面接の日程調整、条件交渉などの煩雑な手続きは、全てコンサルタントが代行いたします。


Q:利用にあたり、費用はかかるのでしょうか。

A:ご登録も、求人のご紹介も、全て無料です。転職に至らなかった場合も費用が発生することはございません。


Q:転職希望時期が1年以上先でも、登録できるのでしょうか。

A:登録可能です。退職交渉や引継ぎにかかる期間、お子さまの進学にあわせて、先を見据えた転職活動を行う先生方も多くいらっしゃいます。今すぐのご転職をご希望の先生はもちろん、1年以上先を見据えたご転職をお考えの先生も、ぜひお気軽にご連絡ください。


Q:同業他社のサービスに登録していても、利用できるのでしょうか。

A:利用可能です。転職活動をされている先生方の中には、情報収集を兼ねて複数の人材紹介会社にご登録されている先生もいらっしゃいます。


Q:「医師転職支援サービス」の具体的な流れについて教えてください。

A:簡単に説明すると、以下のような流れで進みます。

STEP1 Webから転職支援サービスにお申し込み
STEP2 コンサルタントに現在の状況や希望条件を共有
STEP3 提案された求人の吟味、面接日時の調整
STEP4 面接(常勤紹介の場合はコンサルタントが同行、同席)
STEP5 就業決定、勤務開始

先生にヒアリングさせていただいた内容をもとに、コンサルタントが求人をお探しします。その中から、先生がご興味を持たれた医療機関などへの見学・面接に同行。これらのスケジュール調整や、先生のご希望条件の調整は全てコンサルタントが代行いたします。また、見学・面接に進んだとしても選考やご入職は必須ではなく、辞退することも可能です。


Q:現在の勤務先には転職活動を知られたくありません。内密に活動できますか。

A:可能です。面接が確定するまでは、先生の個人情報を伏せて医療機関などに打診しております。医療機関などにお渡しするエントリーシートでは、先生のお名前やご勤務先、その他の個人特定できる情報を伏せております。また、ご登録いただいた個人情報については、エムスリーキャリアの個人情報保護方針に則り、厳重に管理いたしますのでご安心ください。


Q:コンサルタントから紹介された求人には、必ず応募しなければならないのでしょうか。

A:そのようなことはございません。先生のご関心に沿ってお選びください。その際、ご興味の有無と理由をコンサルタントにお知らせいただけますと、求人提案の精度が上がります。ご興味をお持ちの求人については、コンサルタントが応募の手続きを進めてまいります。


Q:面接に行った場合、面接先の医療機関に必ず入職しなければならないのでしょうか。

A:先生ご自身のお気持ちが重要であり、コンサルタントが入職を強要することはございません。入職またはお見送りのご意思が決まりましたら、コンサルタントにお伝えください。もしもご判断に迷われる場合は、お気軽にコンサルタントにご相談ください。そうしたご相談を経て、現職に残るという選択をされた先生もいらっしゃいます。あくまでも先生にとってプラスの転職となるかどうかという視点でお話を伺いますのでご安心ください。


Q:各種条件交渉はできますか。

A:可能です。担当コンサルタントが先生のご希望を伺い、医療機関と交渉して希望条件に近付けられるように努めます。業務内容、当直やオンコール対応の頻度、年収、勤務日数、時短勤務の実現、入職時期など、先生のご希望にあわせて交渉いたします。


Q:転職をするかまだ迷っています。情報収集を目的に登録してもいいでしょうか。

A:ぜひご登録ください。先生が希望される情報を伺い、コンサルタントが情報提供いたします。医師の転職市場、求人情報、同じ専門科の転職事例などを参考に、転職活動に踏み切る先生もいらっしゃいます。

今後のキャリア形成に向けて情報収集したい先生へ

医師の転職支援サービスを提供しているエムスリーキャリアでは、直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん、「数年後のキャリアチェンジを視野に入れて情報収集をしたい」という先生からのご相談も承っています。

以下のような疑問に対し、キャリア形成の一助となる情報をお伝えします。

「どのような医師が評価されやすいか知りたい」
「数年後の年齢で、どのような選択肢があるかを知りたい」
「数年後に転居する予定で、転居先にどのような求人があるか知りたい」

当然ながら、当社サービスは転職を強制するものではありません。どうぞお気軽にご相談いただけますと幸いです。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. 転職Q&A
  2. 転職活動

この記事の関連記事

  • 転職活動

    忙しくて、転職活動の時間がない。どうする?

    初めて転職活動をする医師のためのQ&A。Q. 転職したいと考えていますが、業務が忙しく、求人を選んだり、面接に行ったりする時間がなかなか取れそうにありません。どうすればいいでしょうか。

  • 転職活動

    医局人事以外に、どんな転職方法がある?

    初めて転職活動をする医師のためのQ&A。Q. 医師が転職するためには、一般的にどんな方法があるのでしょうか?

  • 転職活動

    入職したいどれくらい前に転職活動始めるべき?

    初めて転職活動をする医師のためのQ&A。Q. 転職したい時期が決まっています。どれくらい前から転職活動を始めればいいのでしょうか。

  • 転職活動

    転職を迷い中。転職支援サービス利用していい?

    初めて転職活動をする医師のためのQ&A。Q.転職するかどうかまだ迷いがあります。転職支援サービスを利用したら、転職せざるを得なくなるのでしょうか。

  • その他

    新型コロナウイルス流行下での医師の転職活動についてよくある質問

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行下での医師の転職活動について、エムスリーキャリアが先生方からよくお受けする質問に、医師専門コンサルタントがお答えします。

  • 転職活動

    転職活動を職場に知られたくない!医師専門転職コンサルタントはどう助言する?

    「転職活動を勤務先に知られたくない……」と考える求職者は多いでしょう。実際に知られるケースは多くないものの、1割が不本意な形で知られてしまっている実態が、エムスリーキャリアの実施した医師アンケートで分かりました。 転職活動を職場に知られないようにするには、どのように対策すればいいか、医師転職専門のコンサルタントによるアドバイスを紹介します。

  • 転職活動

    知人から転職の誘いを受けたら?知人紹介のギモン一問一答

    大学時代の教授や先輩、同期、元同僚などに誘われて転職する「知人紹介」は、医師のポピュラーな転職手段となっています。しかし、ルールなどがあるわけではなく、疑問が湧く場面も少なくありません。「誘われたけど、知人紹介って実際どうなの?」と考えている方向けに、一問一答形式でまとめました。

  • 転職活動

    知人紹介と人材紹介はどう違う?転職手段を比較する

    医師の転職手段のひとつでもある「知人紹介」。大学や職場の先輩・同期・同僚など、知り合い同士だからこそ話をスムーズに進められる反面、勤務条件の交渉などがしにくいなど、デメリットがあるのも事実。今回はさまざまな転職手段の中から、他者の仲介をはさむという共通項がある「知人紹介」と「人材紹介」を4つの観点で比較しました。

  • 転居を伴う転職

    転居を伴う転職で、医師が家族に配慮したいこと―医師の転職カルテvol.1

    医局人事で数年ごとの転勤が通例になっていたり、症例数を積むために遠方の医療機関に転職したりと、医師は転居の多い職業です。しかし、転居は医師自身だけでなく、家族にも大きな影響を与えます。円満にことが進むために配慮したいポイントを、医師紹介会社のコンサルタントが解説します。

  • 転職活動

    「専門医資格を持っていないこと」は転職でどう評価される?

    新専門医制度の本格開始などもあり、医師の専門医に対する認識も変わりつつあります。新制度下においても「専門医の取得は義務ではない」とされている一方、専門医の維持にもコストや労力がかかる以上、転職市場において専門医の有無がどの程度重要視されるのかは、気になるポイントではないでしょうか。今回は、転職時に専門医資格がどの程度合否や待遇に影響を及ぼすのかという視点から、現在の傾向を考察します。

  • 人気記事ランキング