1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. 転職Q&A
  4. 転職活動
  5. 「専門医資格を持っていないこと」は転職でどう評価される?
転職活動

「専門医資格を持っていないこと」は転職でどう評価される?

2017年12月5日

新専門医制度の本格開始などもあり、医師の専門医に対する認識も変わりつつあります。新制度下においても「専門医の取得は義務ではない」とされている一方、専門医の維持にもコストや労力がかかる以上、転職市場において専門医の有無がどの程度重要視されるのかは、気になるポイントではないでしょうか。今回は、転職時に専門医資格がどの程度合否や待遇に影響を及ぼすのかという視点から、現在の傾向を考察します。

新専門医制度下でも9割が専門医研修へ

日本専門医機構は2017年11月、初期研修2年目医師の9割に当たる7989人が2018年度後期研修に希望登録をしたと発表(真価問われる専門医改革「新専門医制度、1次登録は7989人、卒後2年目医師の約9割」)。新専門医制度下においても、多くの医師が学会認定のカリキュラムに沿って研さんを積んでいくことが明らかになりました。
一般的に専門医を取得するメリットは大きく、「キャリアアップ上の指針が明確になる」「医師としてのスキルのバロメーターになる」など、第三者が医師の経験や実力をはかる判断基準とされるケースも。医療機関にとっても、専門医や指導医が多数在籍していることで若手医師の招聘に役立ちますし、集患にも寄与する可能性があるため、専門医を持つ医師が在籍していることは一つの魅力となり得ます。

専門医資格の有無で年収は変わる?

一方、現在の医療制度では、学会認定の専門医の取得有無で診療報酬上の差を設けてはおらず、麻酔科標榜医や精神保健指定医など、取得有無によって行える医療行為が変わってくるような国家資格を除き、「この専門医を持っているから年収が高まる」という明らかな傾向は見られません。
こうした事態に対し、日本外科学会が2016年4月に実施した若手医師向けアンケートにおいても、47.3%の勤務医が「専門医資格の有無で診療報酬に差をつけるべき」と回答(どうなる?「日本の未来の医療」『専門医で「診療報酬に差」、勤務医の約半数が支持◆Vol.8』)。「差を付けるべきだが、判断基準に困る」「専門医資格及び経験年数の両方」など、「資格だけ」を認めることは早計としながらも、医師のスキルを判断する一つのバロメーターとして、専門医資格を位置付けようという主張も起こっています。

外科系では、専門医資格取得有無で面接に影響も?

ただ、転職市場の様子を見ると、専門医資格を持っていることで面接がスムーズに進む場面も多く存在します。例えば、外科系の科目や、循環器内科・消化器内科など手技がある科目では、専門医取得の過程で経験症例を重ねることが技術力向上の証になるというように、臨床スキルを担保する指標として専門医資格を位置づける例が多くなっています。

ただし前述の通り、資格を持っているからと言って年収が大きく上がるという例はまれ。あくまで、技術の担保の指標として専門医資格が位置づけられていることがいえます。

一方、専門医資格がそこまで重視されない科目としては、一般内科など、多様なコモンディジーズを取り扱い、臨機応変さや総合的な臨床能力が求められる科目。ここ最近の傾向として、外来や訪問診療がメインとなる医療機関では患者から「次もこの先生に診てもらいたい」と思われることが再診率につながるため、医学知識以上に医師の“人柄”を重視するところが増えています。このほか介護系施設などでも、臨床スキル以上にほかのスタッフや患者さんとうまくやっていけるかどうかを重要視するため、人柄が強く問われる傾向にあります。

専門医資格を取得する目的を明確に

専門医資格を取得・維持することによって、医師として今後取り組みたい医療、将来の理想像が追いやすくなるのであれば、資格取得を目指すべきでしょう。一方、先述したように、専門医の維持にはコストや労力がかかるのも事実。必ずしも専門医資格を取得しなくても自身が望むキャリアアップを成し遂げられそうなのであれば、取得をしないのも一つの手です。いずれにせよ、専門医資格を取得・維持する過程でどのようにキャリアアップにつなげていくのか、取得しない場合でもキャリアビジョンをしっかり描けているかが重要と言えます。

エムスリーキャリアは、より多くの選択肢を提供します

先生方が転職をする理由はさまざまです。

  • 現状のキャリアや働き方へのご不安・ご不満
  • ご家庭の事情や、ご自身の体力面などの事情
  • キャリアアップ、新しいことへの挑戦
  • 夢の実現に向けた準備

など、多様なニーズに応えるために、エムスリーキャリアでは全国から1万件以上の求人を預かり、コンサルタントは常に医療界のトレンド情報を収集。より多くの選択肢を提供し、医師が納得のいく転職を実現しています。

転職すべきかどうかも含め、ご相談を承っています。

この記事の関連キーワード

  1. 転職Q&A
  2. 転職活動

この記事の関連記事

  • その他

    新型コロナウイルス流行下での医師の転職活動についてよくある質問

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行下での医師の転職活動について、エムスリーキャリアが先生方からよくお受けする質問に、医師専門コンサルタントがお答えします。

  • 転職活動

    転職活動を職場に知られたくない!医師専門転職コンサルタントはどう助言する?

    「転職活動を勤務先に知られたくない……」と考える求職者は多いでしょう。実際に知られるケースは多くないものの、1割が不本意な形で知られてしまっている実態が、エムスリーキャリアの実施した医師アンケートで分かりました。 転職活動を職場に知られないようにするには、どのように対策すればいいか、医師転職専門のコンサルタントによるアドバイスを紹介します。

  • 転職活動

    医師人材紹介会社のよくある疑問Q&A

    医師が転職活動をするにあたり、求人探しの選択肢として「人材紹介会社(転職支援サービス)の利用」が挙げられます。しかしながら、利用したことのない医師にとっては情報も少なく、さまざまな疑問が浮かぶようです。今回は、人材紹介会社の転職サービス利用について多く寄せられる質問について、医師転職支援サービスを提供している、エムスリーキャリアのコンサルタントが回答・解説します。

  • 転職活動

    知人から転職の誘いを受けたら?知人紹介のギモン一問一答

    大学時代の教授や先輩、同期、元同僚などに誘われて転職する「知人紹介」は、医師のポピュラーな転職手段となっています。しかし、ルールなどがあるわけではなく、疑問が湧く場面も少なくありません。「誘われたけど、知人紹介って実際どうなの?」と考えている方向けに、一問一答形式でまとめました。

  • 転職活動

    知人紹介と人材紹介はどう違う?転職手段を比較する

    医師の転職手段のひとつでもある「知人紹介」。大学や職場の先輩・同期・同僚など、知り合い同士だからこそ話をスムーズに進められる反面、勤務条件の交渉などがしにくいなど、デメリットがあるのも事実。今回はさまざまな転職手段の中から、他者の仲介をはさむという共通項がある「知人紹介」と「人材紹介」を4つの観点で比較しました。

  • 常勤・非常勤

    常勤か非常勤か 持つべき判断軸は?

    常勤医か、常勤先を持たない非常勤医として働くか―。ライフイベントなどをきっかけに、これまでの働き方を見直す医師は少なくありません。常勤と非常勤勤務、それぞれのメリット・デメリットを交えながら、実際にワークスタイルを変えた事例をご紹介します。

  • その他

    社会医療法人とは?通常の医療法人との違い、医師の転職・勤務先としての魅力を解説

    社会医療法人とは、「公益性の高い医療」の担い手として2007年の第5次医療法で定められた医療法人の類型の一つ。2017年10月1日時点で、日本全国288法人が社会医療法人として正式認可されている。事業内容の公益性に加え、医療計画上での支援を受けられることから経営体制への信頼感も高く、社会医療法人での勤務を望む医師は多い。

  • 常勤・非常勤

    常勤医師と非常勤医師の違いとは?「32時間ルール」を読み解く

    32時間ルールとは、週の労働時間が32 時間未満の場合は非常勤医師としてカウントする方針のこと(厚生労働省医政局長通知「医療法第 25条第 1項の規定に基づく立入検査要綱」)。非常勤勤務となることで社会保険に加入しづらくなったり、自身で確定申告をしなければならなくなったりするため、それを敬遠して32時間以上働く(=常勤になる)ことを選ぶ医師もいる。

  • 地方で働く

    地方勤務希望の医師から人気が高いエリアは?

    医師人材紹介会社のコンサルタントに聞いた、医師から人気が高い地域とその理由について解説します。

  • 地方で働く

    医師が地方勤務を希望する理由とは?

    医師の中には、都市部を離れ、地方での勤務を選ぶ方もいます。彼らはどんな思いで地方へ渡り、どのようにキャリアを切り拓いていくのでしょうか。

  • 人気記事ランキング