1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. 病院経営・開業
  4. 経営・採用
  5. 「病院の成績表」財務諸表をどう読むか
経営・採用

「病院の成績表」財務諸表をどう読むか

2020年12月3日

2025年に向けてめまぐるしく変化する環境に適した病院経営を行う上で、財務諸表を読めることが病院経営者や事務部門には必須のスキルとなっています。今回は、エムスリーキャリアが開催したセミナー「今さら聞けない財務諸表の読み方PL編」を編集して紙上公開します。セミナー講師は、医療機関に対し財務諸表に基づいた経営改善を提案している濱岡勇介氏(エムスリーキャリア 経営支援事業部)です。
※2015年に掲載後、2019年6月26日に更新
【提供:病院経営事例集

財務諸表は“病院の成績表

病院経営や会計に携わる方にとって、いかに収支を黒字にしていくかは大きな関心事でしょう。そのためには、病院の経営状態を理解することが欠かせません。

その経営状態を示したものが、“病院の成績表”とも言える財務諸表です。財務諸表にはPL(損益計算書)、BS(貸借対照表)、CS(キャッシュフロー計算書)の3種類があります=図1=。

図1 ※文中ではP/L、B/S、C/Sの表記を簡略にしています。

今回は、その中で多くの方に最もなじみのあるPLを取り上げます。PLは、1年間の売上・費用・利益を記載したものです。病院の収支、つまり、いくらのお金が病院に入り、出ているのかという構造が分かるようになっています。

「PLが黒字になっていればいい」という声をお聞きすることがあります。ここで気を付けたいのは、PLが、(1)入金がなくても取引の発生時点で数字を計上する(2)減価償却費*が含まれる―ことから、実際の現金の動きは追えないことです。PL上の利益が1億円だからといって、同額が手元にあるわけではないのです。この点を覚えておかないと、半年後や1年後に資金が足りない事態に陥ってしまいます。

最後に、重視したい通勤に関する手当について、「その他」で回答があった詳細をご紹介します。

【用語解説】減価償却費

長期間に渡って使用する固定資産(設備)を耐用年数で配分した費用。Depreciationの訳語で、価値が下落することを意味します。 たとえば耐用年数10年の医療機器を1億円で購入した場合、毎年1000万円ずつ減価償却費として計上します。購入年は1億円の価値がありますが、5年後には5000万円、10年後には0円となり、買い替えることになります。なお、耐用年数は法律で定められています。

PLの最小単位は「売上-費用=利益」

PLには多くの項目と数字が羅列されていて、どの項目に注目すべきかが分かりづらいかもしれませんが、次の計算式だけ覚えれば大部分は読み解けます=図2=。

図2

病院経営の財務は特殊であると言われることもありますが、上記計算式をいくつか組み合わせたものが医療機関のPLです。そして、何に関する売上・費用・利益かで名称が変わります=図3=。

補足すると、ここでいう「売上」は、厳密にはすべての収入を指す「収益」です。ただ、収益の大部分を売上が占めるため、ここでは2つを同義で使います。

図3

PLに準じた形で表すと次のようになります。

図4

このように、医業・医業外・臨時のどこでお金が多く入り、どこで多く出て行ったのか、収益構造を理解することができるようになっています。

PL分析に「時系列比較」と「ベンチマーク比較」

PLの記載内容が分かるようになったら、次は自院の収益構造が適正かどうかを分析します。そのための手法として、自院内での変化から課題を見つけ出す「時系列比較」と、他院との違いから課題を見つけ出す「ベンチマーク比較」を用います。

次回は、これら2つの手法を使って、人件費率や償還期間などを分析していきます。

濱岡勇介
はまおか・ゆうすけ

慶應義塾大学経済学部卒業後、都市銀行にて法人取引、与信管理に従事。300床規模の医療機関などに対して、経営改善の提案、中長期計画の立案、融資を実行。その後、製造業の事業再生プロジェクトに参画、2012年にエムスリーキャリア株式会社入社。現在は、経営支援部門にて、医療機関の戦略立案とその実行を支援。

【医師採用・無料オンラインセミナー】

医師採用をテーマにした、無料オンラインセミナーを定期開催しております。

「covid-19の影響で採用が進まない」「医師紹介会社を利用しているのに、なかなか面接に至らない」など、医師採用でのお悩みはございませんか。

医師採用を支援するエムスリーキャリアのコンサルタントが、最新の採用市場の動向や採用活動の進め方について実践的な内容をわかりやすくお伝えいたします。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、安全にご参加いただけるよう、Zoomアプリを利用してWebにて配信いたします。

この記事の関連キーワード

  1. 病院経営・開業
  2. 経営・採用

この記事の関連記事

  • 経営・採用

    【例文あり】採用効果を高めるためのオファー作法vol.3―「地方・慢性期病院」×「負担軽減・内視鏡をしたい消化器内科医」編

    医療機関から医師への入職の誘いが日々届けられている、「M3Careerプライム」のオファー機能。しかし、実際にどのようなオファーが効果的なのでしょうか。 今回は、 地方の慢性期病院からのオファーで、勤務負担・診療内容を重視している消化器内科医師への事例です。

  • 経営・採用

    【例文あり】採用効果を高めるためのオファー作法vol.2―「クリニック」×「開業志望の整形外科医」編

    医療機関から医師への入職の誘いが日々届けられている、「M3Careerプライム」のオファー機能。しかし、実際にどのようなオファーが効果的なのでしょうか。 今回は、クリニック×整形外科医師のオファー事例です。

  • 経営・採用

    【例文あり】採用効果を高めるオファー作法vol.1―「都市近郊の中小病院」×「ワークライフバランス重視の内科医」編

    医療機関から医師への入職の誘いが日々届けられている、「M3Careerプライム」のオファー機能。しかし、実際にどのようなオファーが効果的なのでしょうか。 今回は、都市近郊の小規模病院×ワークライフバランス重視の一般内科医師のオファー事例です。

  • 経営・採用

    医師採用にウェブ面談/面接を導入するメリット・デメリットと、5つの注意点

    新型コロナウイルス感染症の流行拡大により、医師の採用活動に影響が及んでいます。対面での面接が実施しにくい中、エムスリーキャリアのコンサルタントに、オンライン活用シーンやメリット・デメリット、活用時の注意点について聞きました。

  • 経営・採用

    保有資産を上手に活用するための「財務諸表の読み方」BS編

    大きな資本を必要とする病院にとって、負債の返済は頭を悩ませる問題の一つではないでしょうか。この問題を解消する一つの手が、保有資産を上手に活用することです。自院の活用具合を把握する方法について、医療機関に対し財務諸表に基づいた経営改善を提案している濱岡勇介氏(エムスリーキャリア 経営支援事業部)が解説します。

  • 経営・採用

    病院のSOSに気づくための「財務諸表の読み方」BS編

    潰れない病院を作り上げるためにどうBSを読んだらいいかを、医療機関に対し財務諸表に基づいた経営改善を提案している濱岡勇介氏(エムスリーキャリア 経営支援事業部)が解説します。

  • 経営・採用

    病院財務の「安全性」を判断するための基本

    病院数が2017年までの21年間で約1100施設(全体の約11.4%)も減少する中、病院には強い財務体質を築くことが求められています。そのため、病院の経営者や事務部門にとって、財務諸表を読めることは必須のスキルと言えます。今回は、エムスリーキャリアが開催したセミナー「今さら聞けない財務諸表の読み方BS編」を編集して紙上公開します。

  • 経営・採用

    改善のポイントが分かる「財務諸表の読み方」PL編

    自院の収益構造を理解し、有効な改善を図るために必須のPL分析。人件費率や医師1人あたりの外来患者数などの具体的な分析方法を、医療機関に対し財務諸表に基づいた経営改善を提案している濱岡勇介氏(エムスリーキャリア 経営支援事業部)が解説します。

  • 人気記事ランキング