1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. 転職Q&A
  4. 転職活動
  5. 転職活動を職場に知られたくない!医師専門転職コンサルタントはどう助言する?
転職活動

転職活動を職場に知られたくない!医師専門転職コンサルタントはどう助言する?

2020年4月4日

「転職活動を勤務先に知られたくない……」と考える求職者は多いでしょう。実際に知られるケースは多くないものの、1割が不本意な形で知られてしまっている実態が、エムスリーキャリアの実施した医師アンケートで分かりました。 転職活動を職場に知られないようにするには、どのように対策すればいいか、医師転職専門のコンサルタントによるアドバイスを紹介します。

医師の1割が「隠していた転職活動が職場に知られた」

エムスリーキャリアは2020年1月に、転職活動をテーマにしたアンケート調査を実施。転職活動経験の有無にかかわらず、医師290人が回答しました。 「勤務先に転職活動が知られたご経験はありますか」という問いに対して、12%が「ある(転職活動をしていることを伏せたかったが、知られてしまった)」と答えました。また、「ある(転職活動をしていることを自分で伝えた)」と回答した医師は22%でした。

職場にはさまざまなルートから転職活動が知られるようです。実際のエピソードをいくつかご紹介します。 (回答は自由記述。要約や表現の統一のために、回答を一部編集しているものがあります)

転職活動が職場に知られたときのエピソード
  1. 転職先のボスがうっかり喋ってしまい、すべてがおじゃんになった。(40代)
  2. 医局の関連病院を辞めようと活動していたが、看護学校から引き続き翌年度の講義依頼が来て、おそらく来年度は行けない旨の連絡をしたところ、看護学校から医局にばれてしまった。(40代)
  3. 直近の上司に相談したら話が広がり、院長や事務長等から呼び出された。(30代)

コンサルタントからのアドバイス

転職活動を職場に知られたくないときはどうすればいいか、医師の転職支援をしているエムスリーキャリアのコンサルタントに聞きました。

Q.「転職活動をしていることが職場に知られたくない」という先生にお伝えしている対策はありますか。

【コンサルタントAさん】 転職活動が職場に知られたくない場合、本当に信頼できる人以外は職場内での相談は控えた方が無難です。また、急に、普段とは異なる休暇の取り方をしたことで知られてしまったというケースもあります。心配であれば、面接は研究日や土曜、遠方の場合は夏休みなどの長期休暇に設定してもらう方がいいでしょう。

「万が一ばれてしまった場合どうすればいいか」というご質問を受けることもありますが、最終的には先生が「今その職場に残りたいか」という意思が重要になります。「もう出てもいい」と思えば、いっそそれを機会に職場に転職活動をしていることをオープンにして、後任の調整などを進めてもらった方がいいかもしれませんし、「まだ残りたい」と思う気持ちが少しでもあるならば、そのタイミングでの転職は諦めるのも一つの選択だと思います。

Q.紹介会社を使って転職活動をする場合、どのようなことに留意すればいいですか。

【コンサルタントBさん】 「転職活動を職場に知られないようにしたい」という先生が紹介会社を使って転職活動をされる場合は、1社に絞る必要はないものの、5~6社以上の会社には登録しない方がいいでしょう。

エムスリーキャリアをはじめ、ほとんどの医師紹介会社は、面接が確定するまでは、医師の個人情報を伏せた状態で医療機関などに相談します。しかし、複数の紹介会社に登録している場合、複数社が同じ医療機関に同じ医師を紹介することもあり得ますので、各社が出している情報の範囲が少しずつ異なれば、医療機関に届く情報量が増え、医師を推測しやすくなります。さらに、医師を推測できた医療機関が詳しい情報を集めようとすることで、転職活動が職場に知られてしまうきっかけになることも考えられます。

また、紹介会社によっては、先生の転職意欲の高さや想定されている転職時期などをしっかり確認しないまま、早急に医療機関に匿名情報を提供してしまう会社もあります。 そのようなことを防ぐためには、情報収集を目的に登録したときでも、登録後はコンサルタントとしっかりお話しすることをお勧めします。先生の転職活動についてのお考えや「今の転職活動においては、紹介会社にどこまで期待していて、どこまでは期待していないのか」という部分を明確に伝えるといいでしょう。

転職をお考えの先生へ

もしも先生が転職をお考えでしたら、エムスリーキャリアにお任せください。
先生が、最善の意思決定をできるようサポートしています。

転職活動はさまざまな事務作業が伴い、情報収集や、面接等のスケジュール調整、条件交渉などを個人で担うと負担が重くなります。これらはすべて、エムスリーキャリアのコンサルタントにお任せいただけます。

また、条件交渉では、先生から直接は言いにくいことをコンサルタントが代わりに伝えるため、精神的な負担も少なく済むかと思います。

転職をご検討中でしたら、ぜひご連絡ください。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. 転職Q&A
  2. 転職活動

この記事の関連記事

  • その他

    新型コロナウイルス流行下での医師の転職活動についてよくある質問

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行下での医師の転職活動について、エムスリーキャリアが先生方からよくお受けする質問に、医師専門コンサルタントがお答えします。

  • 転職活動

    医師人材紹介会社のよくある疑問Q&A

    医師が転職活動をするにあたり、求人探しの選択肢として「人材紹介会社(転職支援サービス)の利用」が挙げられます。しかしながら、利用したことのない医師にとっては情報も少なく、さまざまな疑問が浮かぶようです。今回は、人材紹介会社の転職サービス利用について多く寄せられる質問について、医師転職支援サービスを提供している、エムスリーキャリアのコンサルタントが回答・解説します。

  • 転職活動

    知人から転職の誘いを受けたら?知人紹介のギモン一問一答

    大学時代の教授や先輩、同期、元同僚などに誘われて転職する「知人紹介」は、医師のポピュラーな転職手段となっています。しかし、ルールなどがあるわけではなく、疑問が湧く場面も少なくありません。「誘われたけど、知人紹介って実際どうなの?」と考えている方向けに、一問一答形式でまとめました。

  • 転職活動

    知人紹介と人材紹介はどう違う?転職手段を比較する

    医師の転職手段のひとつでもある「知人紹介」。大学や職場の先輩・同期・同僚など、知り合い同士だからこそ話をスムーズに進められる反面、勤務条件の交渉などがしにくいなど、デメリットがあるのも事実。今回はさまざまな転職手段の中から、他者の仲介をはさむという共通項がある「知人紹介」と「人材紹介」を4つの観点で比較しました。

  • 常勤・非常勤

    常勤か非常勤か 持つべき判断軸は?

    常勤医か、常勤先を持たない非常勤医として働くか―。ライフイベントなどをきっかけに、これまでの働き方を見直す医師は少なくありません。常勤と非常勤勤務、それぞれのメリット・デメリットを交えながら、実際にワークスタイルを変えた事例をご紹介します。

  • 転職活動

    「専門医資格を持っていないこと」は転職でどう評価される?

    新専門医制度の本格開始などもあり、医師の専門医に対する認識も変わりつつあります。新制度下においても「専門医の取得は義務ではない」とされている一方、専門医の維持にもコストや労力がかかる以上、転職市場において専門医の有無がどの程度重要視されるのかは、気になるポイントではないでしょうか。今回は、転職時に専門医資格がどの程度合否や待遇に影響を及ぼすのかという視点から、現在の傾向を考察します。

  • その他

    社会医療法人とは?通常の医療法人との違い、医師の転職・勤務先としての魅力を解説

    社会医療法人とは、「公益性の高い医療」の担い手として2007年の第5次医療法で定められた医療法人の類型の一つ。2017年10月1日時点で、日本全国288法人が社会医療法人として正式認可されている。事業内容の公益性に加え、医療計画上での支援を受けられることから経営体制への信頼感も高く、社会医療法人での勤務を望む医師は多い。

  • 常勤・非常勤

    常勤医師と非常勤医師の違いとは?「32時間ルール」を読み解く

    32時間ルールとは、週の労働時間が32 時間未満の場合は非常勤医師としてカウントする方針のこと(厚生労働省医政局長通知「医療法第 25条第 1項の規定に基づく立入検査要綱」)。非常勤勤務となることで社会保険に加入しづらくなったり、自身で確定申告をしなければならなくなったりするため、それを敬遠して32時間以上働く(=常勤になる)ことを選ぶ医師もいる。

  • 地方で働く

    地方勤務希望の医師から人気が高いエリアは?

    医師人材紹介会社のコンサルタントに聞いた、医師から人気が高い地域とその理由について解説します。

  • 地方で働く

    医師が地方勤務を希望する理由とは?

    医師の中には、都市部を離れ、地方での勤務を選ぶ方もいます。彼らはどんな思いで地方へ渡り、どのようにキャリアを切り拓いていくのでしょうか。

  • 人気記事ランキング