1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. 転職ガイド
  4. 転職の事前準備
  5. 「こんなはずじゃ…」医師の残念な転職防ぐ、ここだけの裏話―医師の市場価値を高める転職/バイト探しVol. 3
転職の事前準備

「こんなはずじゃ…」医師の残念な転職防ぐ、ここだけの裏話―医師の市場価値を高める転職/バイト探しVol. 3

2021年5月21日

新型コロナウイルス感染症の流行をうけて、医師の皆さまの働き方にも大きな変化が生じているのではないでしょうか。今後のキャリアについて、考える医師の皆さまも少なくないことでしょう。こうした変化の中で、ご自身にとって望ましいキャリアを叶えながら、市場価値を高め、医療機関から求められる医師になるためにはどうしたらいいのでしょうか?第3回では、いま医療現場で求められている医師像と、普段なかなか表には出ない、キャリアコンサルタントの裏話をお伝えします。
※この記事は2021年3月に放送されたWEB講演会をテキスト化したものです。
※Vol. 2はこちら

【教えてくれた人】人見 敏広(ひとみ としひろ)氏
エムスリーキャリア株式会社医師キャリア事業部 常勤紹介グループ リーダー
キャリアコンサルタント※
※厚生労働大臣が認定する講習の受講と3年経験の実務経験を満たした上で、試験に合格することで登録される国家資格。キャリアコンサルティング(労働者の職業選択、職業生活設計又は職業能力開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導)を行う専門家。

いま医療機関から求められている医師像とは?

——Vol. 1では、新専門医制度スタートや、新型コロナウイルス感染症流行(以下コロナ)を受けての医療動向について、Vol. 2では医師転職成功の鍵となる“ビジョン”の掘り下げ方について「Will(やりたいこと) Can(できること) Must(やらなくてはならないこと)」の観点も交えて解説いただきました。今回は、最近の医療動向を踏まえてのMustの流れ、医療機関から求められている医師像について教えてください。

どの職場でも言えることですが、とくに大都市圏では今後ますます患者さんが病院や医師を選ぶ時代が来ると予想されます。技術的な面だけでなく、患者さんの気持ちに寄り添える共感力や、コミュニケーションスキルは重要視されるようになるでしょう。

さらに細かく見ていきますと、医療機関を取り巻く環境の大きな流れとして医療政策の一環「地域医療構想」による病床の機能分化・連携が進んでいきます。これに伴い、たとえば高度急性期・急性期領域では専門領域の経験が豊富な医師が好待遇となる可能性が高まります。

また回復期では、在宅復帰が念頭にあるため、ご家族やケアマネージャー、ソーシャルワーカーなどの他職種と、うまく連携を取れる調整力・コミュニケーションスキルの高い方は重宝されるかと思われます。

慢性期では、患者さんが複数の疾患を抱えていることも多いため、専門にこだわるよりも、専門外の疾患もトータルで管理できる医師、またそのようなマインドを持っている医師は歓迎されるケースが期待されます。

——やはり医療機関の特性によって求められることが変わってくるんですね。

はい。現在の職場では、自分のやりたいことと求められることが合致せずに苦しんでいる方も、職場を変えただけで生き生きと働ける、ということが十分にあり得ます。

また、志のある先生は、どの医療機関でも歓迎されています。医療機関に対し「こんな先生がいらっしゃるのですが…」と紹介すると、求人募集をしていないにも関わらず、採用が決まることがあります。医療機関にとっては「その先生に来てもらうことで、患者さんを呼べる」ことが期待できれば、ぜひ採用したいですからね。

キャリアコンサルタントのここだけの話…こんな医師は敬遠される!

——このほか、転職を考えている医師が注意すべきポイントなどはありますか?

これはここだけの話なのですが……過去に何度か転職されている方ですと、これまでの勤務先の病院を拝見しただけで、その方がどんな条件を重視してきたのか、どんなビジョンを持っている方なのかが大体分かってしまうんですよ。

——そうなんですか?

やはり業界的に「このグループは給与面での待遇が充実している」ですとか「福利厚生面が手厚い」というのはありますからね。だから、見る人が見れば、その方の趣向というのはすぐに分かります。そうすると、中には医療機関の採用担当者に「この方を雇って大丈夫かな?」と不安を持たれてしまうこともあるのです。

——どこの病院も人手不足で、医師免許さえあれば就職に困ることはない、と思われがちですが…

大手の系列病院や、急性期病院、都市部の病院では「誰でもいいから来て欲しい」というフェーズではありません。たとえば短期間での転職を繰り返していると、都心部での転職はどんどん厳しく、選択肢はせばまっていくでしょう。

求人情報には載っていない、転職先の「見極めポイント」とは

——このほか注意すべきポイントはありますか?

大きく2点あります。

1つめは、今お伝えしたこととも関連しますが「転職しない方がいいこともある」ということです。先生のご希望や環境など、いろいろお話を伺ってみると「転職をしないのがベスト」ということもよくあります。条件に踊らされての、焦った転職はおすすめしません。

2つめは、面接はもちろん、見学等で職場をしっかり見極めるということです。まず面接では、病院長や事務長だけでなく、可能であれば診療科のトップ、自身の直属の上司になる方とお話しするのが望ましいですね。病院長や事務長は、医師を採用したいので、比較的「いい話」をする傾向があります。けれど、診療科のトップからは、診療科の現状を率直にお話しただける傾向があります。一緒に働くのはその診療科の先生ですからね。

条件面だけでなく、労働環境や業務内容などのミスマッチ「聞いていなかった!」「こんなはずじゃなかった!」を防ぐためにも、現場の先生方との面談の機会を設けられるといいですね。

——そういった体験勤務の希望はコンサルタントに伝えればよいのでしょうか?

はい、ご相談ください。前回もお伝えしましたが「転職しようかどうか迷っている」という段階でも気軽にご相談いただければと思います。必ずしも「転職したほうがいい」という返答にはなりませんし、キャリアを考える上で、参考になる情報をお伝えできると思います。(Vol. 4に続く)

転職をお考えの先生へ

もしも先生が転職をお考えでしたら、エムスリーキャリアにお任せください。
先生が、最善の意思決定をできるようサポートしています。

転職活動はさまざまな事務作業が伴い、情報収集や、面接等のスケジュール調整、条件交渉などを個人で担うと負担が重くなります。これらはすべて、エムスリーキャリアのコンサルタントにお任せいただけます。

また、条件交渉では、先生から直接は言いにくいことをコンサルタントが代わりに伝えるため、精神的な負担も少なく済むかと思います。

転職をご検討中でしたら、ぜひご連絡ください。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. 転職ガイド
  2. 転職の事前準備

この記事の関連記事

  • 転職の事前準備

    医師人生の難所、「退局」の失敗を防ぐ3つのポイント

    よりよい労働条件や、働く環境を求めて医師が転職活動をすることは、もはや珍しいことではありません。しかし、医師の皆さまが常勤のお勤め先を辞める、とくに退局をされる際には、円満かつスムーズにキャリアチェンジを進めるために注意したいいくつかのポイントがあるようです。

  • 転職の事前準備

    まさか昇給無し!?医師転職「こんなはずじゃ…」防ぐには

    思いつくがまま、準備不足のままの転職では、思わぬ禍根を残したり、落とし穴にはまってしまうことも。ここでは多くの医師転職をサポートしてきたエムスリーキャリアのキャリアコンサルタントに医師が転職時に注意すべきチェックポイントについて伺います。

  • 転職の事前準備

    医師が好条件バイトを引き寄せる、たった3つのポイント

    ご自身にとって望ましいキャリアを叶えながら、市場価値を高め、医療機関から求められる医師になるための方法を有識者が解説する当連載。今回は「報酬」がテーマ。有識者だからこそ知っている、医師アルバイト報酬のリアルを語っていただきます。

  • 転職の事前準備

    知ると知らないとでは大違い!医師バイト、コロナ禍の明暗

    ご自身にとって望ましいキャリアを叶えながら、市場価値を高め、医療機関から求められる医師になるための方法を有識者が解説する当連載。今回からは少し趣向を変えて「医師のアルバイト探し」にフォーカス。知ると知らないとでは大違い!?医師のアルバイト探しのポイントをご紹介します。

  • 転職の事前準備

    何が違う?転職で成功する医師、失敗する医師

    ご自身にとって望ましいキャリアを叶えながら、市場価値を高め、医療機関から求められる医師になるためにはどうしたらいいのでしょうか?今回は、医師が転職を考える前に明確にすべき「ビジョン」を掘り下げます。

  • 転職の事前準備

    コロナ減給、閉院も…医師が職探しをする前に知るべき動向

    ご自身にとって望ましいキャリアを叶えながら、市場価値を高め、医療機関から求められる医師になるためにはどうしたらいいのでしょうか?今回は「自身の市場価値を高めるために医師が知るべきポイント」について、医療業界の動向と、医師キャリアのトレンドからお伝えします。

  • 転職の事前準備

    【2020年版】医師7,000人の転職理由ランキング

    仕事内容、家庭事情、人間関係など、医師の転職理由は多岐にわたります。今回は2019年から2020年にかけて、エムスリーキャリアに相談を寄せた医師の転職理由を分析しました。コロナ禍前後で、転職理由に変化はあるのでしょうか。

  • 転職の事前準備

    医師 6,000人の転職理由を調査! もっとも多い転職理由は?

    スキルアップ、職場環境や給与、育児との両立など、医師が転職するきっかけはさまざま。医師が転職を考える理由は、景気動向や社会情勢、医師の年代や性別によって変化しているのでしょうか? エムスリーキャリアが2018年度に転職支援をさせていただいた医師約6,000人の転職理由を分析しました。

  • 転職の事前準備

    「転職しない方がいい」アドバイスの理由は

    医師人材紹介会社に登録した医師が、必ずしも転職するわけではありません。コンサルタントは、時として「あえて転職しない」という選択を提案します。転職ありきではなく、あくまでも医師にとってプラスになるキャリアを応援したいからです。実際に、転職を取りやめた医師の事例をご紹介します。

  • 転職の事前準備

    医師の転職スケジュールと流れ

    医師が転職にかかる期間は?気を付けるべきステップは?転職する際の流れとスケジュールを解説します。

  • 人気記事ランキング