1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. 転職ガイド
  4. 転職の事前準備
  5. コロナ減給、閉院も…医師が職探しをする前に知るべき動向―医師の市場価値を高める転職/バイト探しVol. 1
転職の事前準備

コロナ減給、閉院も…医師が職探しをする前に知るべき動向―医師の市場価値を高める転職/バイト探しVol. 1

2021年5月17日

新型コロナウイルス感染症の流行をうけて、医師の皆さまの働き方にも大きな変化が生じているのではないでしょうか。今後のキャリアについて、考える方も少なくないことでしょう。こうした変化の中で、ご自身にとって望ましいキャリアを叶えながら、市場価値を高め、医療機関から求められる医師になるためにはどうしたらいいのでしょうか?第1回のテーマ「自身の市場価値を高めるために医師が知るべきポイント」について、医療業界の動向と、医師キャリアのトレンドからお伝えします。
※この記事は2021年3月に放送されたWEB講演会をテキスト化したものです。

【教えてくれた人】人見 敏広(ひとみ としひろ)氏
エムスリーキャリア株式会社医師キャリア事業部 常勤紹介グループ リーダー
キャリアコンサルタント※
※厚生労働大臣が認定する講習の受講と3年経験の実務経験を満たした上で、試験に合格することで登録される国家資格。キャリアコンサルティング(労働者の職業選択、職業生活設計又は職業能力開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導)を行う専門家。

「コロナで医師の転職は厳しい」は真実か?

——人見さん、まずは最近の医療業界の動向を教えてください。

じつは新型コロナウイルス感染症流行(以下コロナ)以前から、医療業界の動向や医師のキャリア形成の変化は徐々にはじまっていました。新専門医制度が開始されて医師のキャリア形成に影響を及ぼし始め、今後は、医師の働き方改革として「働きかたそのもの」が見直されていくことが予想されています。

さらにコロナ以降、エムスリーキャリアへの相談件数が増加しています。とくに多いのが「転職するかは決めかねているが、情報収集をしたい」という相談です。コロナによって業務負荷が増えた、経営状況への不安、報酬減、バイト先がなくなってしまった、開業していたが閉院することになった等などご状況はさまざまです。

——不安定な状況が続いていますが、転職の実際のところはいかがでしょう?

2020年の春、最初の緊急事態宣言が出された直後は、一時的に求人数が減りました。しかし、夏頃から回復し、現在では昨年と同水準の求人数がございます。科目によっては求人数が減っている科目もありますが、全体としては変わらず、条件も去年と大きな差はない印象です。地域によっては、提示年収がアップしているところもあります。

——増えている求人には、どのようなものがありますか。

訪問診療や自由診療は、コロナの影響を受けていない印象です。自由診療は先生方からも人気が出ており、応募数が増えています。しかしコロナに関係なく、人気の求人には応募が集中します。とくに、都市部を中心に、採用要件が厳しくなる傾向がございます。

新専門医制度で大学医局は力を取り戻すのか?

——次に、冒頭でも触れられていた「新専門医制度」について教えてください。新専門医制度は、医療業界のトレンドや、医師のキャリアチェンジの傾向にどんな影響を及ぼしましたか?

先生方はよくご存じの通り、2018年から新専門医制度がはじまり、これまでよりもさらに専門医資格を取得するためのハードルが上がりました。とくに、外科系では事実上、大学医局に所属していなければ取得が難しい、という状況が生まれています。では大学医局が強さを取り戻すのか、というと、必ずしもそうではありません。

——と、言いますと?

やはり大学病院における医師の仕事は、市中病院と比べてもハードであることが知られています。しかも給与にも差がある。将来へ向けて明確なビジョンがあり、絶対に専門医を取るんだ、という方は大学に残りますが、必ずしもそうではないことは皆様ご存知の通りです。

医学生の中には、「こういう医師になりたい」という明確なビジョンを持たず、成績が良かったから…というような理由で医学部を選択される方もいらっしゃいます。何となく医師になった、と言うだけでは、大学病院のハードな業務に耐えるのは難しいのではないでしょうか。

「こんなに要件が厳しく時間もかかるのなら、専門医資格はいらない。専門医資格にはこだわらない」と言う方も以前に比べて増加しているようです。専門医資格が必要なければ、大学以外の勤務先を自由に選ぶことができますよね。

——しかも、世の中は「働き方改革」に大きく舵を切り、長時間労働をやめて、プライベートを充実させよう、という流れができていますよね。医療の現場でも「働き方改革」は浸透しているのでしょうか?

はい、一般と比べて働き方改革がなかなか進まない医療現場ではありますが、先生方が長時間労働の是正やプライベートの充実を望まれるのも、当たり前のことだと思います

数年前までは、「医師の転職」というと、40~50代以上の、中堅以降の男性が多かったように思います。ある程度、医局で研鑽を積んで、専門医資格も取得して、お礼奉公をして。そこからいろんな事情があって転職に至るというのが一般的でした。それが、ここ数年で若い先生方の転職希望がぐっと増えたなという印象があります。

例えば、医局では積めない経験をしたい、といったようなスキルアップの転職もあれば、QOLを重視したいという方も。また、専門医を取得したタイミングで大学医局を出ることを検討しているという方もいらっしゃいます。最近では訪問診療や自由診療、産業医など、多様な働き方を考えている先生も多い、という印象を受けます。

かつてと比べて、フリーランスの医師や起業をされる医師など、若いうちから色々な働き方をする医師の存在が目に見えるようになって「医局に所属しない」と言うことについての心理的なハードルが下がっているのかもしれません。

——人見さんご自身は、専門医資格について、どのようにお考えになりますか?

転職における市場価値や、ご開業の際のブランディングなどの意味で考えるのであれば、取得しておいて損はないと個人的に思います。新専門医制度では、民間病院で取得できる専門医資格は限られますから、専門医を取得したい若手医師は大学医局に入り研鑽を積む、というケースが増えてくることは予想されます。

ただし、先ほども申し上げましたように、専門医を取得するためのハードルは上がっています。「なんとなく専門医が欲しいな」というお気持ちだけでは、難しいかもしれません。また、仕事だけではなく、プライベートな時間の確保、結婚や子育てなどのライフイベントを考えると、必ずしも一直線に専門医資格を取得することが正解だ、とは言い切れない部分があるでしょう。

自分がどんな医師になりたいのか、将来にわたってどんな医療をしていきたいのか、という核の部分、“ビジョン”をしっかり考えていただくことが先決かと思います。(Vol.2に続く)

【提供:m3.com Doctors LIFESTYLE】

転職をお考えの先生へ

もしも先生が転職をお考えでしたら、エムスリーキャリアにお任せください。
先生が、最善の意思決定をできるようサポートしています。

転職活動はさまざまな事務作業が伴い、情報収集や、面接等のスケジュール調整、条件交渉などを個人で担うと負担が重くなります。これらはすべて、エムスリーキャリアのコンサルタントにお任せいただけます。

また、条件交渉では、先生から直接は言いにくいことをコンサルタントが代わりに伝えるため、精神的な負担も少なく済むかと思います。

転職をご検討中でしたら、ぜひご連絡ください。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. 転職ガイド
  2. 転職の事前準備

この記事の関連記事

  • 転職の事前準備

    医師人生の難所、「退局」の失敗を防ぐ3つのポイント

    よりよい労働条件や、働く環境を求めて医師が転職活動をすることは、もはや珍しいことではありません。しかし、医師の皆さまが常勤のお勤め先を辞める、とくに退局をされる際には、円満かつスムーズにキャリアチェンジを進めるために注意したいいくつかのポイントがあるようです。

  • 転職の事前準備

    まさか昇給無し!?医師転職「こんなはずじゃ…」防ぐには

    思いつくがまま、準備不足のままの転職では、思わぬ禍根を残したり、落とし穴にはまってしまうことも。ここでは多くの医師転職をサポートしてきたエムスリーキャリアのキャリアコンサルタントに医師が転職時に注意すべきチェックポイントについて伺います。

  • 転職の事前準備

    医師が好条件バイトを引き寄せる、たった3つのポイント

    ご自身にとって望ましいキャリアを叶えながら、市場価値を高め、医療機関から求められる医師になるための方法を有識者が解説する当連載。今回は「報酬」がテーマ。有識者だからこそ知っている、医師アルバイト報酬のリアルを語っていただきます。

  • 転職の事前準備

    知ると知らないとでは大違い!医師バイト、コロナ禍の明暗

    ご自身にとって望ましいキャリアを叶えながら、市場価値を高め、医療機関から求められる医師になるための方法を有識者が解説する当連載。今回からは少し趣向を変えて「医師のアルバイト探し」にフォーカス。知ると知らないとでは大違い!?医師のアルバイト探しのポイントをご紹介します。

  • 転職の事前準備

    「こんなはずじゃ…」医師の残念な転職防ぐ、ここだけの裏話

    ご自身にとって望ましいキャリアを叶えながら、市場価値を高め、医療機関から求められる医師になるためにはどうしたらいいのでしょうか?今回は、いま医療現場で求められている医師像と、普段なかなか表には出ない、キャリアコンサルタントの裏話をお伝えします。

  • 転職の事前準備

    何が違う?転職で成功する医師、失敗する医師

    ご自身にとって望ましいキャリアを叶えながら、市場価値を高め、医療機関から求められる医師になるためにはどうしたらいいのでしょうか?今回は、医師が転職を考える前に明確にすべき「ビジョン」を掘り下げます。

  • 転職の事前準備

    【2020年版】医師7,000人の転職理由ランキング

    仕事内容、家庭事情、人間関係など、医師の転職理由は多岐にわたります。今回は2019年から2020年にかけて、エムスリーキャリアに相談を寄せた医師の転職理由を分析しました。コロナ禍前後で、転職理由に変化はあるのでしょうか。

  • 転職の事前準備

    医師 6,000人の転職理由を調査! もっとも多い転職理由は?

    スキルアップ、職場環境や給与、育児との両立など、医師が転職するきっかけはさまざま。医師が転職を考える理由は、景気動向や社会情勢、医師の年代や性別によって変化しているのでしょうか? エムスリーキャリアが2018年度に転職支援をさせていただいた医師約6,000人の転職理由を分析しました。

  • 転職の事前準備

    「転職しない方がいい」アドバイスの理由は

    医師人材紹介会社に登録した医師が、必ずしも転職するわけではありません。コンサルタントは、時として「あえて転職しない」という選択を提案します。転職ありきではなく、あくまでも医師にとってプラスになるキャリアを応援したいからです。実際に、転職を取りやめた医師の事例をご紹介します。

  • 転職の事前準備

    医師の転職スケジュールと流れ

    医師が転職にかかる期間は?気を付けるべきステップは?転職する際の流れとスケジュールを解説します。

  • 人気記事ランキング