1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. 転職ガイド
  4. 転職の事前準備
  5. 医師人生の難所、「退局」の失敗を防ぐ3つのポイント―医師の市場価値を高める転職/バイト探しVol. 7
転職の事前準備

医師人生の難所、「退局」の失敗を防ぐ3つのポイント―医師の市場価値を高める転職/バイト探しVol. 7

2021年8月2日

「忙しすぎてプライベートの時間が無い」「自分の求める医療と方向性が異なる」「給与と仕事内容が見合わない」――よりよい労働条件や、働く環境を求めて医師が転職活動をすることは、もはや珍しいことではありません。しかし、医師の皆さまが常勤のお勤め先を辞める、とくに退局をされる際には、円満かつスムーズにキャリアチェンジを進めるために注意したいいくつかのポイントがあるようです。ここでは多くの医師転職をサポートしてきたエムスリーキャリアのキャリアコンサルタント 人見敏広氏に医師が転職時に注意すべきチェックポイントについて伺います。
※Vol. 6はこちら

【教えてくれた人】人見 敏広(ひとみ としひろ)氏
エムスリーキャリア株式会社医師キャリア事業部 常勤紹介グループ リーダー
キャリアコンサルタント※
※厚生労働大臣が認定する講習の受講と3年経験の実務経験を満たした上で、試験に合格することで登録される国家資格。キャリアコンサルティング(労働者の職業選択、職業生活設計又は職業能力開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導)を行う専門家。

医師の転職、一番の難所は「辞めどき」

医師の皆さまの退職、とくに退局において、一番の難所は「辞めどき」であるとお感じになる方は多いかと思います。退局は先生方のキャリアにおいても大きな転換点になりますから、これまでのご関係をなるべく壊さず「円満に退局したい」とお感じになるのは当然です。

円満な退局に向けては、とくに以下の3点にご留意いただくことが大切ではないかとお伝えしています。

  • タイミング:いつ伝えるか
  • 相手:誰に伝えるか
  • 伝え方:どう伝えるか
  • 順番に解説して参りましょう。まずは、タイミング「いつ伝えるか」です。

    私どもエムスリーキャリアに退局のご相談をいただいた場合、辞意を表明するタイミングは「次の転職先が決まってから」をおすすめしております。しかし実際は「転職先が決まる前に辞意を表明したい」という先生は少なくありません。

    職場の規定上、半年前・1年前までに退職を申し出ねばならない。また、医局に対して筋を通したい。あるいは、転職先を探していることが漏れて教授の耳に入ることを恐れる、といった理由が多いようです。

    確かに、円満に退職をすることは大事なのですが、一度表明した辞意は簡単には撤回できません。退職日が決まっていると、次の常勤先を焦って決めざるを得なくなるリスクもあります。とくに、首都圏・大都市圏など人気の高いエリアでご転職を検討されている場合、先生方が思っていらっしゃるほど売り手市場ではない可能性もあり、転職活動が長引く、転職を断念するというケースも考えられます。辞意の表明は転職先の目途がついてからをご検討ください。

    次に、退局を伝える相手「誰に伝えるか」です。

    私どもが相談を受けた際には、退局を申し出るのはまず「実際の監督をされている上長」をおすすめしております。ところが、エムスリーが2020年に実施したアンケート調査によると、退局したい旨を最初に伝えた相手の1位は教授。次いで医局長、直属の上司の順となっており、実態とは少々乖離があるようです。

    人事に関すること、辞めたいと思っていることなどは、ご自身の思っている以上に組織内で噂などが広まることもあります。誰かに相談することは悪いことではありませんが、あまり広範に言わないことも大切です。

    最後に、伝え方「どう伝えるか」です。

    ご職場で活躍されている先生が辞めるということになれば、病院側は当然ですが何とか引き止められないか、とまず考えるものです。「患者さんの引継ぎは?」「先生がいなくなったらこの地域はどうなるんですか?」「うちでもやりたい診療ができるはず、不満があるなら改善します」などの声をかけられたり、「後任を探すから、1年でいいから伸ばしてくれ」と、引き延ばされてしまったり。あの手この手で慰留されることになるかと思います。

    こうした留意策はどのような転職でも見られがちなもので、この段階から2~3回の話し合いを経て、ようやく退局が決まることも珍しくありません。

    退局に対する本気度を確認されるプロセスだと考え「既に退局を決意している」「次のステップを考えている」ことを根気よく伝えることが重要です。

    熱心に引き止められるとつい心が動いてしまうこともあると思いますが、そもそも退局を決意されるには、今の職場では実現できないことがあり、それを叶えたいという先生のお考えがあったはずかと思います。ご自身の意志を大事にするなら、一度辞めますと言った後は真摯に、しかし引きさがらずに辞意をお伝えしていくのがよいでしょう。

    トラブルを防ぐ「退局」のポイントについて、キャリアコンサルタントの人見氏にお話を伺いました。退局を申し出る際には「タイミング・相手・伝え方」の3点に留意して、気持ちよく次のステップに進みたいものですね。

    転職をお考えの先生へ

    もしも先生が転職をお考えでしたら、エムスリーキャリアにお任せください。
    先生が、最善の意思決定をできるようサポートしています。

    転職活動はさまざまな事務作業が伴い、情報収集や、面接等のスケジュール調整、条件交渉などを個人で担うと負担が重くなります。これらはすべて、エムスリーキャリアのコンサルタントにお任せいただけます。

    また、条件交渉では、先生から直接は言いにくいことをコンサルタントが代わりに伝えるため、精神的な負担も少なく済むかと思います。

    転職をご検討中でしたら、ぜひご連絡ください。

    エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

    この記事の関連キーワード

    1. 転職ガイド
    2. 転職の事前準備

    この記事の関連記事

  • 転職の事前準備

    【動画】何が違う?転職で成功する医師、失敗する医師

    転職を成功させるための要件について、エムスリーキャリアの現役コンサルタントが動画で解説いたします。

  • 転職の事前準備

    【動画】コロナ減給も?医師が職探しをする前に知るべき動向

    望ましい転職を果たすうえで、求められる人材や求人、キャリアにはどんな変化があるのか? エムスリーキャリアの現役コンサルタントが動画で解説いたします。

  • 転職の事前準備

    【動画】あとで揉めないための「上手な退局」

    退局は転職・転身の中でも特にハードルの高いイベントの一つかと思います。上手な退局の方法について、エムスリーキャリアの現役コンサルタントが動画で解説します。

  • 転職の事前準備

    【動画】「こんなはずでは…」医師の残念な転職を防ぐ方法

    転職後に後悔しないために知っておきたい現状分析とコツについて、エムスリーキャリアの現役コンサルタントが動画で解説します。

  • 転職の事前準備

    まさか昇給無し!?医師転職「こんなはずじゃ…」防ぐには

    思いつくがまま、準備不足のままの転職では、思わぬ禍根を残したり、落とし穴にはまってしまうことも。ここでは多くの医師転職をサポートしてきたエムスリーキャリアのキャリアコンサルタントに医師が転職時に注意すべきチェックポイントについて伺います。

  • 転職の事前準備

    医師が好条件バイトを引き寄せる、たった3つのポイント

    ご自身にとって望ましいキャリアを叶えながら、市場価値を高め、医療機関から求められる医師になるための方法を有識者が解説する当連載。今回は「報酬」がテーマ。有識者だからこそ知っている、医師アルバイト報酬のリアルを語っていただきます。

  • 転職の事前準備

    知ると知らないとでは大違い!医師バイト、コロナ禍の明暗

    ご自身にとって望ましいキャリアを叶えながら、市場価値を高め、医療機関から求められる医師になるための方法を有識者が解説する当連載。今回からは少し趣向を変えて「医師のアルバイト探し」にフォーカス。知ると知らないとでは大違い!?医師のアルバイト探しのポイントをご紹介します。

  • 転職の事前準備

    「こんなはずじゃ…」医師の残念な転職防ぐ、ここだけの裏話

    ご自身にとって望ましいキャリアを叶えながら、市場価値を高め、医療機関から求められる医師になるためにはどうしたらいいのでしょうか?今回は、いま医療現場で求められている医師像と、普段なかなか表には出ない、キャリアコンサルタントの裏話をお伝えします。

  • 転職の事前準備

    何が違う?転職で成功する医師、失敗する医師

    ご自身にとって望ましいキャリアを叶えながら、市場価値を高め、医療機関から求められる医師になるためにはどうしたらいいのでしょうか?今回は、医師が転職を考える前に明確にすべき「ビジョン」を掘り下げます。

  • 転職の事前準備

    コロナ減給、閉院も…医師が職探しをする前に知るべき動向

    ご自身にとって望ましいキャリアを叶えながら、市場価値を高め、医療機関から求められる医師になるためにはどうしたらいいのでしょうか?今回は「自身の市場価値を高めるために医師が知るべきポイント」について、医療業界の動向と、医師キャリアのトレンドからお伝えします。

  • 人気記事ランキング

    この記事を見た方におすすめの求人

    常勤求人をもっと見る