1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. 転職Q&A
  4. 在宅医療
  5. 「訪問診療」と「往診」の違い
在宅医療

「訪問診療」と「往診」の違い

2014年2月24日

「訪問診療」と「往診」。在宅医療の基本となる業務ですが、時に両者が混同された使い方をされていることがあるようです。今回は、両者の違いを解説します。

「訪問診療」と「往診」の違い 写真1

「訪問診療」は、患者が平穏に療養生活を送れるよう、あらかじめ立てた診療計画をもとに、同意を得て定期的に居宅で診療を行うもので、在宅医療の基本的な業務と言えます。通常、患者のもとに月2回程度の割合で定期的に訪問し、診療、治療、薬の処方、療養上の相談、指導等を行います。

一方「往診」は、急変時などに患者や家族の要望を受けて不定期に行う在宅医療のことです。夜間・深夜・緊急時に患者から要望を受け往診を行った場合には、診療報酬上加算がつきますが、予め計画的に策定された訪問診療の場合はそうした加算がないなどの違いもあります。

「訪問診療」と「往診」の頻度は?

「訪問診療」と「往診」の違い 写真2定期的な「訪問診療」と、不定期な「往診」。実際に在宅医療に携わる場合、たとえば「常勤医として週5日勤務」といっても、その内訳が「4日を訪問診療、1日を往診」(往診は常勤医で持ち回り対応)と、「5日すべてが訪問診療」(往診は非常勤の医師が担当)とでは、医師の働き方は大きく異なることが分かります。訪問診療・往診の違いを理解し、両者の頻度などをチェックすれば、働き方を探る一つの判断軸となり得ます。

在宅医・訪問診療医としての勤務をご希望の先生へ

医師の転職支援サービスを展開するエムスリーキャリアには、在宅医療“専門”のコンサルタントが在籍しています。

直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん「数年後のキャリアチェンジを視野に情報収集をしたい」という先生からのご相談にも応じております。条件面だけでなく先生の叶えたいキャリアに合わせ、ベストな選択肢をご提案させていただきます。

詳しくは下記より、お気軽にご相談ください

この記事の関連キーワード

  1. 転職Q&A
  2. 在宅医療

この記事の関連記事

  • その他

    新型コロナウイルス流行下での医師の転職活動についてよくある質問

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行下での医師の転職活動について、エムスリーキャリアが先生方からよくお受けする質問に、医師専門コンサルタントがお答えします。

  • 転職活動

    転職活動を職場に知られたくない!医師専門転職コンサルタントはどう助言する?

    「転職活動を勤務先に知られたくない……」と考える求職者は多いでしょう。実際に知られるケースは多くないものの、1割が不本意な形で知られてしまっている実態が、エムスリーキャリアの実施した医師アンケートで分かりました。 転職活動を職場に知られないようにするには、どのように対策すればいいか、医師転職専門のコンサルタントによるアドバイスを紹介します。

  • 転職活動

    医師人材紹介会社のよくある疑問Q&A

    医師が転職活動をするにあたり、求人探しの選択肢として「人材紹介会社(転職支援サービス)の利用」が挙げられます。しかしながら、利用したことのない医師にとっては情報も少なく、さまざまな疑問が浮かぶようです。今回は、人材紹介会社の転職サービス利用について多く寄せられる質問について、医師転職支援サービスを提供している、エムスリーキャリアのコンサルタントが回答・解説します。

  • 転職活動

    知人から転職の誘いを受けたら?知人紹介のギモン一問一答

    大学時代の教授や先輩、同期、元同僚などに誘われて転職する「知人紹介」は、医師のポピュラーな転職手段となっています。しかし、ルールなどがあるわけではなく、疑問が湧く場面も少なくありません。「誘われたけど、知人紹介って実際どうなの?」と考えている方向けに、一問一答形式でまとめました。

  • 転職活動

    知人紹介と人材紹介はどう違う?転職手段を比較する

    医師の転職手段のひとつでもある「知人紹介」。大学や職場の先輩・同期・同僚など、知り合い同士だからこそ話をスムーズに進められる反面、勤務条件の交渉などがしにくいなど、デメリットがあるのも事実。今回はさまざまな転職手段の中から、他者の仲介をはさむという共通項がある「知人紹介」と「人材紹介」を4つの観点で比較しました。

  • 常勤・非常勤

    常勤か非常勤か 持つべき判断軸は?

    常勤医か、常勤先を持たない非常勤医として働くか―。ライフイベントなどをきっかけに、これまでの働き方を見直す医師は少なくありません。常勤と非常勤勤務、それぞれのメリット・デメリットを交えながら、実際にワークスタイルを変えた事例をご紹介します。

  • 転職活動

    「専門医資格を持っていないこと」は転職でどう評価される?

    新専門医制度の本格開始などもあり、医師の専門医に対する認識も変わりつつあります。新制度下においても「専門医の取得は義務ではない」とされている一方、専門医の維持にもコストや労力がかかる以上、転職市場において専門医の有無がどの程度重要視されるのかは、気になるポイントではないでしょうか。今回は、転職時に専門医資格がどの程度合否や待遇に影響を及ぼすのかという視点から、現在の傾向を考察します。

  • その他

    社会医療法人とは?通常の医療法人との違い、医師の転職・勤務先としての魅力を解説

    社会医療法人とは、「公益性の高い医療」の担い手として2007年の第5次医療法で定められた医療法人の類型の一つ。2017年10月1日時点で、日本全国288法人が社会医療法人として正式認可されている。事業内容の公益性に加え、医療計画上での支援を受けられることから経営体制への信頼感も高く、社会医療法人での勤務を望む医師は多い。

  • 常勤・非常勤

    常勤医師と非常勤医師の違いとは?「32時間ルール」を読み解く

    32時間ルールとは、週の労働時間が32 時間未満の場合は非常勤医師としてカウントする方針のこと(厚生労働省医政局長通知「医療法第 25条第 1項の規定に基づく立入検査要綱」)。非常勤勤務となることで社会保険に加入しづらくなったり、自身で確定申告をしなければならなくなったりするため、それを敬遠して32時間以上働く(=常勤になる)ことを選ぶ医師もいる。

  • 在宅医療

    オンコール、人員体制は?在宅医として働く前にチェックしたいポイント

    「24時間対応が大変そう」というイメージから、在宅医療に興味はあっても、実際に勤務するところにまで踏み出せない医師は多いようです。「ゆとりを持って在宅医療に携わりたい」という場合、法人のどんなところをチェックすべきか、ポイントをまとめました。

  • 人気記事ランキング