1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 地域住民の協力で、変わらなかったことも変えられる―太田龍一氏(雲南市立病院)
事例

地域住民の協力で、変わらなかったことも変えられる―太田龍一氏(雲南市立病院)

2016年5月11日

沖縄県の離島には、沖縄本島で3年間の研鑚を積んだ若手医師が2~3年間赴任します。2012年から2016年3月まで、南大東島に赴任していた太田龍一氏は、島の医療にさまざまな変化をもたらしました。

前例のないことを「当たり前」に

-どのようなことがきっかけで、離島医療に興味を持ったのですか。
母や伯母が看護師であったこと、幼い頃よく小児科にかかっていたことから医師を目指し、大阪市立大学医学部に進学。将来の専攻科を考え始めたとき、両親の出身地―沖縄か広島で働きたいという思いに気付きました。母の出身地である沖縄には毎年帰省していたこともあり、「一度は沖縄で働いてみたい」と思ったのが最初のきっかけです。

沖縄でどのように働くかを考えている時に、離島に見学に行く機会がありました。そこで見た医師の姿が非常に印象的で、「離島医療に関わりたい」と強く思い、沖縄県立中部病院の離島医養成プログラムに惹かれて、卒業後の研修先を決めました。

-南大東島での3年間、どのような取り組みをされましたか。
雲南市_雲南市立病院島民の方々の協力があり、島の医療システム改善に一緒に取り組む機会をいただきました。

1つ目は、予約制の導入。患者さんの多くが農業と土建業従事者で、休憩時間など決まった時間にしか来院できず、診療所が混んだり空いたりするような状態でした。当然、混雑時には待ち時間も長くなってしまう状況でしたが、「それもこの島の医療の特徴だから仕方ないこと」だと言われていました。しかしわたしは、予約制をとりいれて患者さんを分散させた方が待ち時間も短くなり、満足度も高まるのではないかと考え、導入に踏み切りました。

最初はかなりの反対意見がありましたが、多くの方が、予定通りに来れば待ち時間が短いことに気づき、反対する方は徐々に減っていきました。また、看護師や事務の方もあらかじめカルテや薬の準備を進められるので、作業がスムーズになりました。患者さんから次の予約はいつかと聞かれたり、わたしがうっかり予約を忘れていると事務方から指摘されたりと、導入から2年半経った今では、「当たり前のこと」になっています。

2つ目は、救急隊を兼務している役場職員との勉強会。南大東島では急患搬送を、村役場の職員20名が持ち回りで担当しています。急患の連絡があると、担当者が救急車で診療所まで患者を連れて来てくれ、電話口で「どんな患者か、どういった症状があるのか」を教えてくれるのですが、赴任当初は、その情報が不十分と感じることが多くありました。

しかし、ある時、役場職員とじっくり話をする機会がありました。そこで知ったのは、彼らには医療をもっと学びたいという意欲はあるものの、今まで勉強をする場がなかったとのこと。そこで、勉強会を提案したところ「ぜひお願いしたい」と言っていただき、隔週で30~45分程度の勉強会を始めました。講義と実技を繰り返すことで、2カ月後には、「意識レベル1ケタです。先生、何をすればいいでしょうか?」という電話がかかってくるようになりました。

新しいことに対する葛藤

-新しい取り組みをされる中で、大変だったことはありますか。
ryuichi_ohta03大変だったというより、思い悩むことが多くありました。沖縄県の離島は、一定の周期で必ず医師が変わります。新しいことをしても続かないのが定説で、赴任前の研修では「前の先生がやってきた介入方法、治療方法を半年間は変えないように」とも言われていました。そのため、「100年近く行われていたことを、赴任2年目のわたしが変えるのは、島民を刺激するだけであまり良いことではないのでは?」という思いがありました。一方で「本当に何もしないのが、島民にとって良いことなのか?」と違和感も抱いていました。実際に島民の話を聞いていると、不満はあれども先生が変わっていくから言っても仕方がないと半ば諦めている風潮があることに赴任半年くらいで気付きました。

そんなある日、他の地域の保健師さんに会う機会がありました。「半年間接してみて、本当に患者さんにとって良いと思うことなら、やったほうがいい。続かないのではと疑念を抱くのは、島民の方々を信用していないんじゃないですか」「本当に良いものは、島民の方々の中に成功体験が生まれるので続いていきます」と言葉をかけていただき、さまざまな取り組みを始めるようになりました。

地域を良くする架け橋を目指して

-さまざまな取り組みを成功させられたポイントはどのような点にあるのでしょうか。
自分の思いだけで進めると独りよがりになって失敗に終わるため、それを避けるよう注意しています。他の島の成功事例をしっかり勉強し、論理立てて自分の中に落とし込んでから取り組むようにしていました。

どこの離島や地域も同じだと思いますが、住民の方々は「地域を良くしたい」という強い思いは持っています。ただ、それをうまくまとめて具体的にうつすきっかけをつくれる人がなかなかいないだけ。たまたまその役割を担ったのが、医師である自分だったのだと思っています。あくまでもサポート役で、主役にならないことが重要。わたしが主導だと、わたしがいなくなった時に原動力を失い、続かなくなるからです。最初は少し関わりますが、やる気があって率先力がある人に徐々にお任せしていくと、自ずと進んでいきます。

 

-まもなく南大東島での勤務が終わります。今後の展望をお聞かせください。
ryuichi_ohta02医師という仕事をしながらいかに地域に出て行き、住民の健康を支えるかということに今後もこだわっていきたいと考えています。南大東島以外にも、自分たちの地域を良くしたいと思っているけれどもうまく動かせていない地域は多くあります。そのような地域の方々と一緒に地域をよくしていく仕事を、今後も続けていきたいと思っています。その第一歩として、2016年4月から島根県雲南市の病院へ赴任します。当市は、町おこしに関してはとてもうまく動き出しています。しかし、地域の医師不足、また、病院から地域へのアウトリーチがうまくいっていない部分があると感じています。微力ながらわたしも協力させていただき、町おこしに医療も巻き込めるか探りながらやっていきたいですね。

地域医療にご興味のある先生へ

各地で奮闘する先生お一人おひとりのご活躍によって、日本の医療は支えられています。
この記事をお読みになって、もしも「地方での勤務に興味はあるが、なかなか踏み出せない」とお考えでしたら、一度コンサルタントにご相談いただけないでしょうか。

先生のご懸念やご事情を伺った上で、地方の実情や待遇、サポート体制など正直にお伝えし、前向きな気持ちで次のキャリアに踏み出せるように最大限のご支援をしたいと考えております

先生の決断が、地域を、医療を変えるかもしれません。新天地でのご勤務・転職をお考えでしたら、ぜひお問い合わせください。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    視力を失った精神科医だからできること

    網膜色素変性症を抱えながら、精神科医となった福場将太先生。容赦なく病状が進行する中で、一度は医師を辞めようと考えた福場先生でしたが、様々な人々との出会いで医師を続けていこうと決意します。

  • 事例

    辞職か、継続か…視力を失った精神科医の葛藤

    医学部5年生の時に、網膜色素変性症を発症した福場将太先生。次第に視力が衰えていく現実に、迷い、葛藤を覚えながらも、医師の資格を取得されます。

  • 事例

    「見えなくなっていく」卒試、国試前に病を発症

    網膜の機能が低下し、人によっては視力を失うこともある網膜色素変性症。次第に視力が衰えていくこの病気は、福場将太先生に、医師として、一人の人間としてどう生きるかを、常に問いかける存在でした。

  • 事例

    オリンピック出場を目指す研修医の思い―医師と2足のわらじvol.19(後編)

    初期研修医と世界クラスの山岳ランナーという二つの顔を持つ髙村貴子先生。今シーズンからは山岳スキーも始め、年間を通じて山を駆ける髙村先生は、将来にどんなビジョンを描いているのでしょうか。医師として、山岳ランナーとして目指している場所を伺いました。

  • 事例

    研修病院決定の決め手は「そこに山があったから」―医師と2足のわらじvol.19(中編)

    長野県で初期研修医として働いている髙村貴子先生は、国内では敵なしの実力をもつ山岳ランナーでもあります。初出場したレースでいきなり3位に入賞したのが医学部2年生のとき。ときには海外にも転戦する山岳ランナーと医学生をどのように両立してきたのでしょうか。卒試・国試を控えた6年生のときの過酷なエピソードや研修医生活との両立についても伺いました。

  • 事例

    国試の前は地獄…山岳ランナーと医学生の両立―医師と2足のわらじvol.19(前編)

    長野県で初期研修医として働いている髙村貴子先生は、国内では敵なしの実力をもつ山岳ランナーでもあります。初出場したレースでいきなり3位に入賞したのが医学部2年生のとき。ときには海外にも転戦する山岳ランナーと医学生をどのように両立してきたのでしょうか。卒試・国試を控えた6年生のときの過酷なエピソードや研修医生活との両立についても伺いました。

  • 事例

    医師の夢“ちょっと医学に詳しい近所のおばさん”――吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・後編

    医師としてフルタイムで働きつつ、地域での社会活動にも尽力している吉住氏。「幅広い世代が集まる場所」をつくろうと、奮闘しています。なぜ、忙しい時間を縫って社会活動をするのか。どのような医師を目指しているのかを伺いました。

  • 事例

    元ヘルパー医師が考える、引き算の医療―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・中編

    臨床検査技師や介護ヘルパーを経て、呼吸器内科医となった吉住直子氏。研修先や診療科を選ぶ際は、常に「理想的な高齢者医療」を念頭においていました。実際に診療を始めると、前職の経験がプラスに作用することがあるとか。また、以前は見えなかった新しい課題も浮き彫りになってきたと語ります。

  • 事例

    2つの職を経た女医が、介護にこだわる理由―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・前編

    「ちょっと医学に詳しい近所のおばさんを目指している」と朗らかに話すのは、医師の吉住直子氏です。医学部に入るまでは、臨床検査技師や介護ヘルパーの仕事をしていて、介護現場に立つうちに医師になろうと決意しました。どのような思いで、医師というキャリアを選んだのでしょうか。インタビューを3回に分けてお届けします。

  • 事例

    不治の病を抱えながら、クリニックの院長へ ―病とキャリアvol.7(後編)

    40代でパーキンソン病を発症し、50歳で医師として働くことを辞めた橋爪鈴男先生。後編では、再び医療の世界に戻った時のエピソードと、病を抱えるようになって変化したことを語っていただきました。(取材日:2020年2月20日 ※インタビューは、資料や文書による回答も交えた形式で実施しました)

  • 人気記事ランキング