1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 医師の夢“ちょっと医学に詳しい近所のおばさん”――吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・後編
事例

医師の夢“ちょっと医学に詳しい近所のおばさん”――吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・後編

2020年3月30日

医師としてフルタイムで働きつつ、地域での社会活動にも尽力している吉住氏。「幅広い世代が集まる場所」をつくろうと、奮闘しています。なぜ、忙しい時間を縫って社会活動をするのか。どのような医師を目指しているのかを伺いました。(取材日:2020年1月31日)

診療と並行して「子ども食堂」を開始

──JCHOうつのみや病院に入職して1年が経ちます。日々、どのように過ごしていますか。

月曜から金曜までフルタイム勤務をしており、外来と病棟の両方を受け持っています。やはり、患者さんの容体が良くなればやりがいを感じますし、お看取りの時に家族が「よかった」と言ってくれると励みになります。

また、医師として働く傍ら、2019年夏にボランティア団体「おおるり会」を立ち上げました。居場所づくり活動として「子ども食堂」の運営と、小中高生への学習支援を行っています。 ※子ども食堂:子どもやその親、地域の人々に無料または低額で食事を提供する社会活動。企業やNPOが運営するほか、個人や任意団体による運営もある。

──なぜ、子ども食堂や学習支援を始めたのでしょうか。

実は、ヘルパー時代にも同様の取り組みはしていたのです。昼にデイサービスで使用している建物を、夜は学習塾として活用していました。そこで帰りの時間の遅い利用者さんと中高生に食事を提供して、みんなで一緒に食べていたのです。認知症の高齢者と中高生は、普段あまり接点がないと思いますが、一緒に食卓を囲むと自然と会話が生まれます。この光景を見て、高齢者は高齢者だけ、子どもは子どもだけで集まるより、多様性があったほうがお互いにいい刺激を得られると思いました。

医学部に編入したことで忙しくなり、中断していましたが、ずっと再開するタイミングを見計らっていました。研修が終わって一段落し、ありがたいことに勤務医としてある程度の収入が得られるようになったので、活動を再開したところです。

吉住先生が運営する、子ども食堂(吉住先生提供)

末期がん高齢者、「自分にも居場所ができた」

──地域貢献の活動を再開し、吉住先生ご自身はどのような影響を受けましたか?

医師としても、1人の人間としても“人間力磨き”の助けになっていると感じています。診療だけでは出会えない人たちに、おおるり会の活動を通して出会うことができ、確実に視野が広がりました。

子ども食堂に来ている子ども達は、必ずしも経済的に困窮しているわけではなく、家庭内の問題を抱えているケースもあります。たとえば、親は事情があって料理ができず、半額になったお惣菜ばかり食べていたという子どもがいました。時には「家出してきた」と訪ねてくる子もいます。そのような場合は私から親に連絡をとり、ケースバイケースにはなりますが、ここで過ごしてもらうこともしています。こういった家庭は、こちらから探しに行けないので、地域に開かれているこの場所をうまく利用してほしいと思います。

学習支援の活動は、近くにある獨協医科大学の学生にお願いして、小中高生の勉強を見てもらっています。異なる世代の交流になっているのが嬉しいですね。

──地域の皆さんも、活動に協力してくださるそうですね。

そうなんです。活動を始める前に、ご近所にご挨拶に伺うことで顔見知りになりました。食事をしに来てくれることもあれば、使わなくなった家電や家具を譲ってくださったり、農家の方が市場には出荷できないけど食べられる野菜を届けてくれたりもします。

お向かいのおじいちゃんは、“鍵番”を買って出てくれました。私や、協力者である夫の到着が遅れるときは、おじいちゃんが鍵を開けて、子ども達を迎え入れてくれるのです。その方は一人暮らしで、末期がんを抱えています。最初のうちは「あとは1人で死ぬだけだ」と言っていたのですが、最近では「自分にも役割と居場所ができた」ととても喜んでくださいます。これも、活動をしていてよかった、と思うことです。

おおるり会の運営費は、今は私の持ち出しですが、今のように地域の有形・無形の支援を受けながら長く続けたいですね。かつて自分が働いていた介護施設のように、多様な要望に応えられる場所に発展させたいと考えています。

caption>

在宅専門クリニックで経験を積み、いつかは自分も在宅医に

──医師としての、今後の展望についてお聞かせください。

JCHOうつのみや病院での仕事は、病院から在宅へ橋渡しをする役割です。非常に大切な業務で、たくさんのことを学ばせてもらっていますが、最終的に私が目指す医療とはどうしても医療機能が異なります。繰り返しになってしまいますが、私は高齢者が望む場所で、その人に相応しいお看取りをしたいと思っているので、2020年4月からは在宅専門のクリニックで勤務する予定です。いったん自治医科大学の医局を離れますが、当初より在宅医療を希望していたので、周りの理解はすぐに得られました。在宅専門クリニックでまずは経験を積んで、将来的には自分でも開業したいと考えています。

また、個人的な目標としては、いい意味で“医者らしくない医者”になりたいですね。子ども食堂でご飯を出しているおばさんだけれど、妙に医学に詳しくて実は医者だった、みたいなイメージです(笑)。そのくらい地域に馴染んで、気軽に相談してもらえる医師を理想としています。それを叶えるためにも、医療の現場や地域貢献の活動を通して、引き続き多様な経験を積んでいかなければなりません。

エムスリーキャリアは、より多くの選択肢を提供します

先生方が転職をする理由はさまざまです。

  • 現状のキャリアや働き方へのご不安・ご不満
  • ご家庭の事情や、ご自身の体力面などの事情
  • キャリアアップ、新しいことへの挑戦
  • 夢の実現に向けた準備

など、多様なニーズに応えるために、エムスリーキャリアでは全国から1万件以上の求人を預かり、コンサルタントは常に医療界のトレンド情報を収集。より多くの選択肢を提供し、医師が納得のいく転職を実現しています。

転職すべきかどうかも含め、ご相談を承っています。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    オリンピック出場を目指す研修医の思い―医師と2足のわらじvol.19(後編)

    初期研修医と世界クラスの山岳ランナーという二つの顔を持つ髙村貴子先生。今シーズンからは山岳スキーも始め、年間を通じて山を駆ける髙村先生は、将来にどんなビジョンを描いているのでしょうか。医師として、山岳ランナーとして目指している場所を伺いました。

  • 事例

    研修病院決定の決め手は「そこに山があったから」―医師と2足のわらじvol.19(中編)

    長野県で初期研修医として働いている髙村貴子先生は、国内では敵なしの実力をもつ山岳ランナーでもあります。初出場したレースでいきなり3位に入賞したのが医学部2年生のとき。ときには海外にも転戦する山岳ランナーと医学生をどのように両立してきたのでしょうか。卒試・国試を控えた6年生のときの過酷なエピソードや研修医生活との両立についても伺いました。

  • 事例

    国試の前は地獄…山岳ランナーと医学生の両立―医師と2足のわらじvol.19(前編)

    長野県で初期研修医として働いている髙村貴子先生は、国内では敵なしの実力をもつ山岳ランナーでもあります。初出場したレースでいきなり3位に入賞したのが医学部2年生のとき。ときには海外にも転戦する山岳ランナーと医学生をどのように両立してきたのでしょうか。卒試・国試を控えた6年生のときの過酷なエピソードや研修医生活との両立についても伺いました。

  • 事例

    元ヘルパー医師が考える、引き算の医療―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・中編

    臨床検査技師や介護ヘルパーを経て、呼吸器内科医となった吉住直子氏。研修先や診療科を選ぶ際は、常に「理想的な高齢者医療」を念頭においていました。実際に診療を始めると、前職の経験がプラスに作用することがあるとか。また、以前は見えなかった新しい課題も浮き彫りになってきたと語ります。

  • 事例

    2つの職を経た女医が、介護にこだわる理由―吉住直子氏(JCHOうつのみや病院)・前編

    「ちょっと医学に詳しい近所のおばさんを目指している」と朗らかに話すのは、医師の吉住直子氏です。医学部に入るまでは、臨床検査技師や介護ヘルパーの仕事をしていて、介護現場に立つうちに医師になろうと決意しました。どのような思いで、医師というキャリアを選んだのでしょうか。インタビューを3回に分けてお届けします。

  • 事例

    不治の病を抱えながら、クリニックの院長へ ―病とキャリアvol.7(後編)

    40代でパーキンソン病を発症し、50歳で医師として働くことを辞めた橋爪鈴男先生。後編では、再び医療の世界に戻った時のエピソードと、病を抱えるようになって変化したことを語っていただきました。(取材日:2020年2月20日 ※インタビューは、資料や文書による回答も交えた形式で実施しました)

  • 事例

    「もう死にたい」動けない医師が光を見出すまで ―病とキャリアvol.7(中編)

    皮膚科医として、順調なキャリアを築いてきた橋爪鈴男先生。しかし、40代でパーキンソン病を発症した後、大学病院を辞すことを決意します。中編では、絶望を救った一つの言葉と仲間の支え、そして新たな治療を経て見つけた生き甲斐についてお話をうかがいました。

  • 事例

    40代でパーキンソン病「医師を続けられない」 ―病とキャリアvol.7(前編)

    順風満帆な生活から一転、晴天の霹靂のごとく襲いかかった難病──。橋爪鈴男先生は、40代でパーキンソン病を発症し、大学病院の助教授(当時)の職を辞すことを決意します。身体機能が衰えていく自分の姿に苦悩し、自殺を考えたこともあったそうです。しかし、生きる意味を見出し、再び医師として復帰するに至りました。前編では、突然の発症から大学病院の辞職を決意するまでのエピソードをお聞きしました。

  • 事例

    エンジニア、研究者を経て“ゴール志向じゃない自分“を肯定―医師と2足のわらじvol.18(後編)

    医学部を卒業後、ゲノム研究者とエンジニアを両立する日々を送っていた鈴木晋氏。「臨床がわからないと研究も深まらない」と考え、スキップしていた初期臨床研修を受けようと決意しました。その後、大学院でのプログラミングを用いた医学研究を経て、「治療アプリ」を研究・開発する株式会社CureAppの創業メンバーに。現在は、臨床を続けながら、同社の最高開発責任者(CDO)として開発全般を指揮しています。実は少し前まで、“ゴール志向”でない自身のキャリア観を肯定できずにいたとか。CDOとして働く現在は、どのように捉えているのでしょうか。

  • 事例

    保険適用アプリ開発までに模索した、医師兼エンジニアの道―医師と2足のわらじvol.18(前編)

    病気を治療するアプリ”の保険適用に向け、日本で治験が進められていることをご存知ですか?「治療アプリ」の研究開発を行う株式会社CureAppで、最高開発責任者(CDO)としてアプリ開発を牽引するのは、現在も臨床を続ける医師であり、エンジニアでもある鈴木晋氏です。独学でプログラミングを始めたのは、医学部在学中。その後、エンジニアとしての腕を磨きつつ、ゲノム研究者としての道を歩み始めました。鈴木氏はそのユニークなキャリアをどのように模索し、治療アプリの開発にたどり着いたのでしょうか?

  • 人気記事ランキング