1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 5年生存率40%の医師が医療現場に戻るまで ―病とキャリアvol.2(中編)
事例

5年生存率40%の医師が医療現場に戻るまで ―病とキャリアvol.2(中編)

2019年4月25日

退職間際に、ステージIIIの進行性食道がんが発覚した行田泰明先生。5年生存率40%という厳しい現実に向き合い、数々の合併症や後遺症を乗り越え、現在は、わたクリニック(東京都葛飾区)の診療部長を務めています。中編では、治療当時の状況や再就職までの経緯を伺いました。(取材日:2019年3月29日)

“無職”の状態でがん治療に

——退職を1カ月後に控えたタイミングでのがん発覚。関係各所への調整も大変だったのではないでしょうか。

突然のことでしたので、勤務先では、退職日まで休職扱いにしてもらいました。実は、病気が発覚する前に、次の勤務先として公立病院から内定をいただいていましたが、保留になりました。ですので、正式に退職した後は、いわゆる“医師免許を持った無職”の状態になりました。
生活の不安はあるものの、目の前のことに対処することに精一杯で、その先のことまでは考えられなかったのが正直なところでしたね。

——治療はどのように行われましたか。

2014年2月、3月に術前化学療法として抗がん剤治療を受けた後、4月に12時間の手術を受けました。手術自体は胸腔鏡、腹腔鏡を用いたので思ったよりも辛くなく、麻酔薬の進歩もあって痛みも全く感じませんでした。しかしながら、術後10日目に縫合不全を起こし、加えて誤嚥性肺炎を4回併発。当初3週間の予定だった入院期間が、2カ月に延びました。

——治療で一番辛かったことは。

抗がん剤の有害事象です。口内炎で口の中が真っ赤になり、潰瘍も沢山でき、飲み込みに苦労しました。また、胃管を造設したため消化ができず、ダンピング様症候群で下痢になりやすい体になってしまって――。体重も大きく減少しました。外科治療と縫合不全が原因と思われる頸部絞やく感は、今でも常にありますね。

——退院後は、どのような生活を送りましたか。

2カ月の入院で筋肉が萎縮し、小さな段差にもつまずくようになっていたので、自宅療養をしながら、筋力回復を目指して毎日ウォーキングを行いました。食材選びや食事の内容も強く意識しましたね。手術から7カ月後には、「がんに負けてなるものか!」という思いで、フランスの名所を巡る8日間の一人旅も決行しました。

闘病意欲を奮い立たせた、母の言葉

——闘病生活を送る中で、精神的な支えとなったものはありますか。

病気の発覚時に母から言われた「おめさん、わしより先に逝っちゃダメだえ」という一言ですね。私の地元である、長野県諏訪地方の方言です。それを聞いた時、「苦労して大学へ行かせてくれた高齢の親よりも、先に死ぬわけにはいかない」と強く思いました。

また、入院中に観た映画『フライト(原題Flight)』に登場した、アメリカの神学者の言葉「ニーバーの祈り(※)」も、何度も心の中で繰り返し唱えました。何よりも、確実な治療をしてくれたという事実、そして家族や友人、知人の存在が、諦めない気持ちを支えてくれたように思います。

※Serenity Prayer(ニーバーの祈り)

God, Grant me
The serenity
to the accept the things I cannot change,
the Courage
to change the things I can
and
the Wisdom
to know the difference

神よ、
変えることのできるものについて、
それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。
変えることのできないものについては、
それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。
そして、
変えることのできるものと、変えることのできないものとを、
識別する知恵を与えたまえ。
(訳:大木英夫著『終末論的考察』, 中央公論社, 1970)

闘病経験を患者さんに還元したい

——退院から7カ月後の2015年1月、現職である、わたクリニックの診療部長として復帰された経緯を教えてください。

就職活動は、フランス旅行から戻った後に始めました。まず、がん発覚前に内定をいただき、保留となっていた公立病院に改めて声をかけました。院長はとても好意的に受け止めてくださいましたが、がんの経過観察中であることがネックとなり、採用には至らなくて――。そのような中で思い当たったのが、わたクリニック理事長の渡邉淳子先生です。渡邉先生とは以前から知り合いで、常に私のことを気にかけてくださいました。入院中に「うちにおいでよ」とオファーをくださったこともあり、ご連絡したところ、採用の運びとなりました。「あなたが経験したことを地域の皆様に還元しなさい」と。本当にありがたかったですね。

——現在は、どのような形態で勤務されていますか。

わたクリニックでは、特にワークライフバランスが重視されています。私の場合は原則、週3日勤務。他の日は裁量に任されています。渡邉先生からも無理をしてはいけないと言われていますが、性分でしょうか、休日もこっそり働いて、看取りや処置などを行ってしまいます。時々、電子カルテをチェックした渡邉先生から「裏でこそこそやっていたでしょ」と指摘されますね(笑)。現場に復帰できたこと、何よりも働けることがうれしくて、ついつい動いてしまうのですが、無理のないように心がけたいと思っています。

今後のキャリア形成に向けて情報収集したい先生へ

医師の転職支援サービスを提供しているエムスリーキャリアでは、直近すぐの転職をお考えの先生はもちろん、「数年後のキャリアチェンジを視野に入れて情報収集をしたい」という先生からのご相談も承っています。

以下のような疑問に対し、キャリア形成の一助となる情報をお伝えします。

「どのような医師が評価されやすいか知りたい」
「数年後の年齢で、どのような選択肢があるかを知りたい」
「数年後に転居する予定で、転居先にどのような求人があるか知りたい」

当然ながら、当社サービスは転職を強制するものではありません。どうぞお気軽にご相談いただけますと幸いです。

エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    「自分が理想とする糖尿病診療を追い求めて」開業へ

    小児糖尿病の宣告を受けるも、「糖尿病だってなんでもできる」という医師の言葉をお守りに自らも医師を志すことを決意した南昌江内科クリニック(福岡市)の院長、南昌江先生。現在の糖尿病専門科医院を経営するようになった軌跡を伺います。

  • 事例

    小児糖尿病にならなければ、医師の私はいない

    福岡市にある糖尿病専門科医院、南昌江内科クリニックの院長・南昌江先生は、ご自身が中学2年生の際に小児糖尿病を宣告された身の上です。病気を発症した前編に続き、今回は医療への水差し案内人となった医師との出逢いや転機となった出来事について伺います。

  • 事例

    14歳で1型糖尿病「前向きに考えて生きなさい」

    14歳の夏、”小児糖尿病”の宣告を受けた南昌江先生。その数年後、両親や主治医、同じ病気の仲間たちに支えられ医学部受験、医師になるという夢を果たしました。前編では、病の発症、闘病生活について伺います。

  • 事例

    視力を失った精神科医だからできること

    網膜色素変性症を抱えながら、精神科医となった福場将太先生。容赦なく病状が進行する中で、一度は医師を辞めようと考えた福場先生でしたが、様々な人々との出会いで医師を続けていこうと決意します。

  • 事例

    辞職か、継続か…視力を失った精神科医の葛藤

    医学部5年生の時に、網膜色素変性症を発症した福場将太先生。次第に視力が衰えていく現実に、迷い、葛藤を覚えながらも、医師の資格を取得されます。

  • 事例

    「見えなくなっていく」卒試、国試前に病を発症

    網膜の機能が低下し、人によっては視力を失うこともある網膜色素変性症。次第に視力が衰えていくこの病気は、福場将太先生に、医師として、一人の人間としてどう生きるかを、常に問いかける存在でした。

  • 事例

    不治の病を抱えながら、クリニックの院長へ ―病とキャリアvol.7(後編)

    40代でパーキンソン病を発症し、50歳で医師として働くことを辞めた橋爪鈴男先生。後編では、再び医療の世界に戻った時のエピソードと、病を抱えるようになって変化したことを語っていただきました。(取材日:2020年2月20日 ※インタビューは、資料や文書による回答も交えた形式で実施しました)

  • 事例

    「もう死にたい」動けない医師が光を見出すまで ―病とキャリアvol.7(中編)

    皮膚科医として、順調なキャリアを築いてきた橋爪鈴男先生。しかし、40代でパーキンソン病を発症した後、大学病院を辞すことを決意します。中編では、絶望を救った一つの言葉と仲間の支え、そして新たな治療を経て見つけた生き甲斐についてお話をうかがいました。

  • 事例

    40代でパーキンソン病「医師を続けられない」 ―病とキャリアvol.7(前編)

    順風満帆な生活から一転、晴天の霹靂のごとく襲いかかった難病──。橋爪鈴男先生は、40代でパーキンソン病を発症し、大学病院の助教授(当時)の職を辞すことを決意します。身体機能が衰えていく自分の姿に苦悩し、自殺を考えたこともあったそうです。しかし、生きる意味を見出し、再び医師として復帰するに至りました。前編では、突然の発症から大学病院の辞職を決意するまでのエピソードをお聞きしました。

  • 事例

    「患者さんを否定しない」傷ついた経験を糧に ―病とキャリアvol.6(後編)

    医師であり、線維筋痛症の患者でもある原田樹先生。自分や周囲にとって最善の働き方を模索しながら、3次救急病院の救急科で働き続けています。後編では、病に対する考え方の変化と、新たなキャリアについてお聞きしました。

  • 人気記事ランキング