1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 秋田県横手市を「子どもを育てたい」と言われる街へ―細谷拓真氏(細谷内科医院)
事例

秋田県横手市を「子どもを育てたい」と言われる街へ―細谷拓真氏(細谷内科医院)

2016年9月2日

2002年に東北大学医学部を卒業後、岩手県立中央病院やJCHO仙台病院(旧・仙台社会保険病院)、東北大学病院などで研さんを積んできた細谷拓真氏。2009年、実家のある秋田県横手市の活気のなさに衝撃を受け、その直後から横手市活性化のためにさまざまな取り組みをしてきました。

「このままでは、横手市は滅びる」

―地元・横手市の地域活性化に関わるようになった経緯を教えていただけますか。

地域活性化に取り組む契機となったのは2009年。帰省の際に、市内で最も人が集まるはずの横手駅前が閑散としていたのを目の当たりにして、「このままでは横手市は滅びるかもしれない」と危機感を覚えたんです。ちょうどその年に子どもが生まれたこともあり、自分を育ててくれた地元を何とかしたいという気持ちが大きくなり、行動を起こしました。

Twitterを活用した、横手市内外の人がつながる場所づくり

横手市_map―実際にどのような取り組みを始めたのですか。

まず始めたことは、ソーシャルメディアを使っての情報発信でした。2009年はTwitterがはやりだし、「ハッシュタグ(#)」で投稿がグルーピングできるようになった時期。横手市活性化のために何かやらなければと思っていたわたしは、横手市に関する情報を「#yokote」と付けて投稿してもらうよう促していきました。ただ地域活性化としてさまざまな情報を発信していくだけでは、方向性がなく長続きしないと思いました。人口減少の要因の一つに若年女性人口の減少が浮上していたこともあり、その層が住みやすい街にすべく、「この地域で子どもを育てたいと言われる街へ」というビジョンを掲げ、NPO法人Yokotterを立ち上げました。

当時は、横手市民はもちろんのこと、県外に住む秋田県民が毎日300~1000件横手に関する情報を発信してくれるまでになり、それらをYokotterのスタッフがブログにまとめて全国へ発信してきました。また、ローカル新聞の代わりになるような「横手経済新聞」というウェブメディアの運営、B級グルメ「よこまき。」を利用したイベントや、コミュニティスペース「石蔵MIRAI」の開設など、多くの取り組みを実行することができました。

“医師として”地域活性化に関わる意義

takuma_hosoya02―順風満帆に見えますが、課題などはなかったのでしょうか。

確かに、横手に関わる人たちのつながりができ、一見、地域活性化しているようにも見えたのですが、地域住民と話す中で、「今後を不安に思う人が多いこと」が課題となって浮上してきました。時間とお金がある人でもこの地で生活し続けることをネガティブに捉えている状況に、問題意識は高まりました。

ただその時、将来に対する不安のうち、少なくとも健康面に関する不安なら、わたしの力で和らげられることに気づいたんです。それまで、地域活性化は“医師として”やることではないと思い、ずっと医師の人格を切り離して関わってきました。でも、医師としての自分なら、「漠然とした不安」を取り除くために医療を使うことができるはず。たとえば、ちょっとした不調でも深刻な面持ちで病院に行くような方に院外で対話をすることで「心配ないよ、しっかり睡眠をとろう」と声をかけるなど、みんなが生きやすくなる助言ができると気づいたのです。

その一方で、病気を治したり、予防したりするための診療をする医師は多くても、「未来の不安を取り除く」医師は少ないのではとも思いました。「地域住民の不安を解消することに主眼を置いて、医療を提供したい。そのための方法を模索したい」というのが、現在の思いです。

takuma_hosoya03―今後は、どのようなことに取り組みたいと思っていますか。

医療では、人生の最期を意識して診療を行う 「エンディングデザイン」をさらに模索していきたいですね。腎臓内科で老若男女の診療に携わっていると、これから数十年付き合っていくことになる患者さんもいます。患者さんの中には、腎不全を患いながら他疾患で最期を迎える人がとても多いです。病気を診るだけでなく、この地域で幸せに暮らしていけるよう、最期まで寄り添いながら対話し、人や地域を診続けていきたいと思います。

まちづくりに関して言えば、子どもたちが自身の可能性の広さを知り、親が子育てをしながらでも自由に働けるように、放課後に子どもたちが集える場所を作りたいと考えています。子どもたちにはMIRAIに関わる若者から勉強やスポーツ、社会について教わって世界を広げてほしいですね。また、わたしが関わることで、子どもの体調が悪いときに病児保育のように預かることができるので、お母さんには子どもの緊急事態に対応できる仕事を選ばなくていいような選択肢を与えられたらと思います。

横手市は、移住して来たら楽しいと気楽に言える地域では決してありません。豪雪地帯のため、毎冬4カ月間は自然への驚異を感じながら生活せざるを得ないからです。しかしわたしは、生まれ故郷であるこの街で我が子を育てたい。誰もがそう思える環境が整っていけば、横手市は「ここで子どもを育てたい」と言われるようになっていくはずです。そうなれば地域の持続可能性も高まると確信しているので、そのためにできることを地道に行っていきたいと思います。

地域医療にご興味のある先生へ

各地で奮闘する先生お一人おひとりのご活躍によって、日本の医療は支えられています。
この記事をお読みになって、もしも「地方での勤務に興味はあるが、なかなか踏み出せない」とお考えでしたら、一度コンサルタントにご相談いただけないでしょうか。

先生のご懸念やご事情を伺った上で、地方の実情や待遇、サポート体制など正直にお伝えし、前向きな気持ちで次のキャリアに踏み出せるように最大限のご支援をしたいと考えております

先生の決断が、地域を、医療を変えるかもしれません。新天地でのご勤務・転職をお考えでしたら、ぜひお問い合わせください。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    南海トラフ巨大地震に備えて、医師にできること ――森本真之助氏(三重県 紀南病院)

    森本氏は専門医取得を目指すことに加え、「災害に強いまちづくり」の活動をさらに広げています。診療にとどまらず、地域の大きな課題に取り組む森本氏に、これまでのキャリアと活動を伺いました。

  • 事例

    運営休止した銚子市立病院で、60代医師が働きたいと思った理由―蓮尾公篤氏(銚子市立病院)

    大学病院、神奈川県の公的病院にて長年、外科医として勤務してきた蓮尾公篤先生。医師になったときから思い描いていたキャリアを実現させるべく、60歳を過ぎてから転職活動をスタートします。さまざまな選択肢の中から転職先に選んだのは、かつて運営休止に追い込まれてしまった銚子市立病院でした。蓮尾先生が銚子市立病院に入職を決めた経緯、今後の展望についてお話を伺いました。

  • 事例

    地元・山口に還元する家庭医が描く夢―玉野井徹彦氏(山口大学総合診療部)

    現在、山口大学総合診療部にて臨床・教育・診療体制の改善に取り組むのは、家庭医の玉野井徹彦(たまのい・てつひこ)氏。もともと同氏が医師を志した理由は、地元・山口県の環境保護に取り組むためというユニークなものでした。そんな玉野井氏が思う、山口県の抱える課題と将来実現したい夢とは――。

  • 事例

    町医者に憧れ、被災地で学び、家庭医として地元へ還元する―遠藤貴士氏(モミの木クリニック)

    現在、モミの木クリニック(福島県郡山市)で家庭医として勤務している遠藤貴士(えんどう・たかし)氏。初期研修時、「良い意味で“ごちゃまぜ”」な家庭医に魅力を感じ、家庭医療の道を志します。その後、被災した石巻市での活動を経て、東北地方に当時はなかったGIMカンファレンス(全国各地の有志が開く総合内科の勉強会)を立ち上げます。遠藤氏のこれまでの活動や今後の展望を取材しました。

  • 事例

    「ならば自分が」医師不足に心痛めて薬剤師から医師に ―佐藤英之氏(坂総合病院

    薬剤師から医師へ異色のキャリアチェンジを果たした佐藤英之氏。鹿児島県の調剤薬局で働いた経験などから、地方医療における医師不足や、これに伴う患者の選択肢の少なさについて危機感を抱いていました。これまでの経験を活かし、佐藤氏が歩もうとしている道とは──。

  • 事例

    救急医療改革で、より多くの患者さんを救える日本へ――安藤裕貴氏(一宮西病院)

    安藤裕貴氏は、日本の救急医療に課題を見出し、MBAを取得。2018年からは、ビジネススクールで学んだマネジメントの知識を生かし、一宮西病院(愛知県一宮市)で総合救急部救急科部長として救急改革に取り組んでいます。さらに、改革の輪を全国に広げようと、若手医師の育成にも尽力。安藤氏が思い描く理想の救急医療の姿と、理想の実現に向けた取り組みを聞きました。

  • 事例

    北海道の若手医師のために、道外へ飛び出した総合内科医のビジョン―小澤 労氏(国立病院機構栃木医療センター)

    北海道出身の総合内科医・家庭医、小澤労氏が初期研修を経て感じたのは、「北海道では、自分のなりたい医師にはなれない」ということでした。尊敬する医師の言葉に背中を押され、道外へと踏み出します。小澤氏が思う、北海道が抱える総合内科教育の課題と、若手医師を救うためのビジョンを取材しました。

  • 事例

    医師の働き方改革、若き離島医が抱える想い―砂川惇司氏(大原診療所)

    将来は故郷に貢献したいと考え、医師を志した宮古島出身の砂川惇司氏。離島研修が受けられる沖縄県立中部病院で研さんを積み、2017年より沖縄県西表島の診療所に赴任し、専攻医として日々診療にあたっています。「医師の働き方改革」の渦中にもいる砂川氏に、離島医としての想いや今後の展望についてお話を伺いました。

  • 事例

    診療への悶々とした思いが一転 国内留学で得た衝撃とは ―河南真吾氏(徳島県立海部病院)

    河南真吾氏は医学生のときに同行した訪問診療の衝撃から、徳島大学卒業後に母校の総合診療部に入局します。総合診療部で日々診療する中で、ある悶々とした思いを抱き始めます。そんな折、亀田ファミリークリニック館山への国内留学をきっかけに、30代半ばにして自らの役割を見出しました。それまでの気持ちの変化や現在の活動拠点である徳島県立海部病院での取り組みを伺いました。

  • 事例

    市中病院から大学病院に入局した理由―近藤猛氏(名古屋大学医学部附属病院)

    学生時代、ある勉強会に参加したことを機に、将来の展望が大きく変わった近藤猛氏。市中病院で研鑽を積んだ後、名古屋大学医学部附属病院の総合診療科に入局し、現在は院内外で「教育」に携わっています。教育を通してどのようなことを実現しようとしているかを伺いました。

  • 人気記事ランキング