1. m3.comトップ
  2. キャリアデザインラボ
  3. キャリア事例
  4. 事例
  5. 子どもを通して、母親の心も治療していく―牛田美幸氏(四国こどもとおとなの医療センター)
事例

子どもを通して、母親の心も治療していく―牛田美幸氏(四国こどもとおとなの医療センター)

2016年7月22日

香川県善通寺市にある、四国こどもとおとなの医療センター児童心療内科医長の牛田美幸氏のもとには、「泣きわめいたり暴れたりする子どもを何とかしてほしい」と、全国から多くの親が訪れます。そんな方々に向けて実践されているのが「コミュニケーション親プログラム」。ところがこのプログラム、対象者は子どもではなく母親である女性。なぜ児童心療内科で、母親であるおとなの女性に向き合うのでしょうか。

子どもの問題をきっかけに、母親となった女性たちを治療する

-現在、どのような活動をされているのですか。
香川県善通寺市にある、四国こどもとおとなの医療センターの児童心療内科医長を務めており、親子関係を修復する「コミュニケーション親プログラム」に注力しています。このプログラムを受ける方々は、子どもが泣きわめく、暴れるなど、さまざまな問題を抱えています。

現在プログラムを進行している方は約70名で、半数が遠方から来ています。東京や神奈川からは飛行機で、甲信越地方や東海地方、京阪神、九州地方からは新幹線で通われており、夏休みには海外在住の方も来られます。子育てに悩む母親が全国、そして海外から集まる―それだけ、この分野のニーズが高いと感じています。

-「コミュニケーション親プログラム」の具体的な内容について教えてください。
母親とその子どもを取り巻く環境をトータルで見ながら、親子関係を修復していくプログラムです。さまざまなことがきっかけで親子関係が悪循環に陥り、自力で抜け出せず苦しい状況に追い込まれている母親たちを、わたしたちは「子育て混乱症候群」と呼んでいます。

「子育て混乱症候群」のなかには、ご自身が愛着障害など根深い問題を抱えた母親たちもいます。そのような母親たちでも、当プログラムで子どもとの関係がよくなりますし、結果として、ご自身が抱えていた問題も改善へと向かいます。このように、子どもの問題を解決するために、母親たちへアプローチしていく点が特徴です。

似たような境遇の女性4人前後を1グループとして、全12回のプログラムを1年かけて受けてもらっています。海外在住の方に限っては夏休みを利用して、1週間泊まり込みで実践するダイジェスト版を受けてもらっています。

子どもの治療に関わる中で気付いたこと

善通寺市_四国こどもとおとなの医療センター-どのようなきっかけで、母親となった女性たちの治療に取り組むようになったのですか。
わたしは高知医科大学を卒業後、高知医科大学付属病院(現・高知大学医学部付属病院)の小児科を経て、香川小児病院(現・四国こどもとおとなの医療センター)の常勤医になり、子どもの心の問題に関わってきました。

一般的に、子どもが暴れると薬を飲ませたり、カウンセリングをしたりするだけで、親へのアプローチはほとんどされません。しかしわたしは、子どもの心を根本から治療するには、親が接し方を変えることが不可欠だと感じていました。そこで「子どもへの対応を変えるには、彼女たちの人生も含めてじっくり向きあうことが必要」と実感し、母親である女性たちに真剣に向き合うようにしました。そうすることで、親子関係が変わっていくことがはっきりと分かりました。

さらには、結果的に愛着障害など根深い問題を抱える女性たちの治療になっていることに気付きました。「大きな問題を抱えている女性たちがよくなるには、子どもとの関係に悩んでいる今がチャンス」「子どもとの関係がよくなれば女性はよくなる」と確信し、今の形でプログラムを進めています。

わたしが今、おとなの心の治療ができているのは、子どもの心を治療しているからです。子どもの治療をきっかけに母親にじっくり向き合ったため、愛着障害など大きな問題を抱える女性たちの治療をできています。おとなの心療内科が専門でしたら、今のような治療はできていなかったと思います。

―プログラムを始めてから今までで、苦労されたことはどのようなことでしょうか。
miyuki_ushida03わたしが約6年前に児童心療内科を立ち上げた際、心理士や看護師とチームで治療する形態にシフトしたことです。当時このような治療形態をとっているところは他になく、全くの手探りでスタートしました。異なるバックグラウンドを持った心理士や看護師に、わたしが目指す治療がどうしたら伝わるのだろうかと悩んでいました。

しかし彼らは、プログラムを受けた女性たちが次々と変わっていくのを目の当たりにし、すべてを察知してくれました。現在は、皆の心が一つになって強力な治療できています。チームであることがわたしたちの大きな武器であり、わたし自身、このチームに精神的に支えられ、救われています。

“子育て期間”こそ、治療のチャンス

-今後の目標は、どのように見据えていますか。
これまでは、わたしたちが取り組む治療法を外部にあまりアピールできていなかったので、今後はそこに注力していきたいです。また、後進の育成にも力を入れていきたいと考えています。

miyuki_ushida02そのためにも、子どもの問題を解決するためにはまず母親に向き合うこと、そして、愛着障害などを持ちながら母親になった女性でも、子育て期間に治療することで改善できることを伝えていかなければなりません。一般的に、「子どもの問題は子どもの問題」と考えられていたり、対処療法で解決したりする傾向があります。また、親へのアプローチが重視されてないなど、改善点が数多くあると思っています。わたしたちは当分野の先駆者として、この概念を全国に伝えていきたいです。

 

地域医療にご興味のある先生へ

各地で奮闘する先生お一人おひとりのご活躍によって、日本の医療は支えられています。
この記事をお読みになって、もしも「地方での勤務に興味はあるが、なかなか踏み出せない」とお考えでしたら、一度コンサルタントにご相談いただけないでしょうか。

先生のご懸念やご事情を伺った上で、地方の実情や待遇、サポート体制など正直にお伝えし、前向きな気持ちで次のキャリアに踏み出せるように最大限のご支援をしたいと考えております

先生の決断が、地域を、医療を変えるかもしれません。新天地でのご勤務・転職をお考えでしたら、ぜひお問い合わせください。

この記事の関連キーワード

  1. キャリア事例
  2. 事例

この記事の関連記事

  • 事例

    「深刻な問題だ」救急科新設した30代医師の挑戦―柴崎俊一氏

    医学生時代から、いずれ茨城県内の医療過疎地に貢献したいと考えていた柴崎俊一先生。医師8年目で1人、ひたちなか総合病院に飛び込み、救急・総合内科を新設します。診療科を新設し、病院内外に根付かせるにはさまざまな苦労がありますが、どのように取り組まれたのでしょうか。

  • 事例

    不公平?2児の女性医師が抱える家庭事情

    最近では当たり前になりつつある、夫婦共働き。千葉大学病院脳神経内科准教授の三澤園子先生は出産のタイミングに悩み、34歳、40歳で2児を出産。今も仕事と家庭の両立方法を探り続けています。後編では出産・育児にまつわるエピソードと、共働き夫婦でキャリアアップするための秘訣を聞きました。

  • 事例

    LGBTQs当事者の医師がカミングアウトした理由―吉田絵理子氏

    川崎協同病院(神奈川県川崎市)総合診療科科長の吉田絵理子先生は、臨床医の傍ら、LGBTQs当事者として精力的に活動しています。不安を抱えながらもカミングアウトをし、LGBTQs当事者の活動を続ける背景には、ある強い想いがありました。

  • 事例

    准教授のママ医が、常勤にこだわる理由

    最近では当たり前になりつつある、夫婦共働き。特に医師は、仕事の頑張り時と出産・育児の時期が重なりがちです。医師23年目の三澤園子先生は、仕事と家庭の両立に悩みながらもフルタイム勤務を続け、現在は千葉大学病院脳神経内科の准教授と2児の母、2つの顔を持ちます。前編では、三澤先生のキャリアについて伺いました。

  • 事例

    院長のラブコール「帰ってこい」Uターン医師の新たな挑戦―光田栄子氏

    お看取りのあり方に課題を感じ、介護士から医師に転身した光田栄子先生。諏訪中央病院を経て、現在、岡山市内のベッドタウンにある有床診療所「かとう内科並木通り診療所」に勤めています。地元にUターンした光田先生がこれから取り組んでいきたいことについて、お話を伺いました。

  • 事例

    「診療科の隙間を埋める」院長の挑戦とは―中山明子氏

    大津ファミリークリニック(滋賀県大津市)院長の中山明子先生。外来、訪問診療をしながら、家庭医として、相談先を見つけにくい思春期の子どもや女性のケアに力を入れています。

  • 事例

    最期まで自分らしく生きる「緩和ケア」を文化に―田上恵太氏

    最期までその人らしく生きるためには、病気や人生の最終段階に生じるつらさを軽減する緩和ケアの普及が必要だと感じた田上恵太(たがみ・けいた)先生。現在は東北大学病院緩和医療科で「緩和ケアを文化に」することを目標に、臨床・研究・社会活動の3点を軸に取り組みを進めています。

  • 事例

    1年限定のつもりが…在宅診療所で院長を続ける理由―細田亮氏

    千葉県鎌ケ谷市にある「くぬぎ山ファミリークリニック」の院長・細田亮(ほそだ・とおる)先生は、2015年、1年間限定のつもりで同クリニックの院長を引き受けました。ところが、院長のまま6年目を迎え、現在はクリニックの新築移転も計画中です。今もなお院長を続ける理由とは――?

  • 事例

    「自分が理想とする糖尿病診療を追い求めて」開業へ

    小児糖尿病の宣告を受けるも、「糖尿病だってなんでもできる」という医師の言葉をお守りに自らも医師を志すことを決意した南昌江内科クリニック(福岡市)の院長、南昌江先生。現在の糖尿病専門科医院を経営するようになった軌跡を伺います。

  • 事例

    小児糖尿病にならなければ、医師の私はいない

    福岡市にある糖尿病専門科医院、南昌江内科クリニックの院長・南昌江先生は、ご自身が中学2年生の際に小児糖尿病を宣告された身の上です。病気を発症した前編に続き、今回は医療への水差し案内人となった医師との出逢いや転機となった出来事について伺います。

  • 人気記事ランキング